小早川ゆたか

登録日 :2009/08/11(火) 00:51:34
更新日 : 2017/06/13 Tue 20:47:50
所要時間 :約 3 分で読めます




らき☆すたの登場人物。
アニメ版では第11話に声とシルエットのみで初登場、2クール目からレギュラー。

CV:長谷川静香
12月20日生まれ。
血液型はA型。
身長は138cm。
左利き。胸ランクは極小。
埼玉県在住。

好きな果物はりんご。
趣味はインターネット。
好きな物はうどんなどの温かいもの、動物。
嫌いな物は牛乳、攻撃的な人、病気がちな自分の体。
好きな色は桜色。
動物に例えるとリス(小動物チックだから)。
得意科目は国語。
苦手科目は体育。
桃色のセミロングヘア。瞳は碧色。
髪は短いツインテールで時々大きなリボンをつけたりする。
原作では話を追うごとに髪がやや短くなってる。

泉こなたの従妹で、ゆいの実妹。
周囲からは「小早川さん」「ゆたかちゃん」と呼ばれているが、従姉のこなたと伯父のそうじろうからは「ゆーちゃん」、姉のゆいからは「ゆたか」と呼ばれる。
2年進級後は一部のクラスメイトから「こばちー」というあだ名を付けられた。

親友の岩崎みなみとは当初は苗字で呼び合っていたが、みなみから「ゆたか」と呼ばれたのをきっかけに、ファーストネームで呼び合う様になる。

こなたの3年への進級時、陵桜学園高校に新1年生として入学。
自宅から遠い高校へ通うために親戚の泉家に居候中。
性格は明るく前向きだが、ちょっとうっかりしている。
真面目で礼儀正しく、かがみと知り合ったばかりの頃「勉強もするつかさみたい」と評された。
対等~目上の人には敬語を使うが同級生には親しくなると普通に話す。


病弱で身長・体格は高校生としては小柄。
その病弱さをみなみやいずみから心配されている。
小学校時代からほとんど成長していないこなたよりさらに小さく、本人はこれらの点にコンプレックスを感じている。
だが、こなたから見れば「病弱・妹属性・純粋・可愛い」の萌えパーツ(こなた命名)が揃っており、“歩く萌え要素”だそうだ。
こなた曰く「みゆきさんと組んだらえらい事になる」
中学くらいまで欠席しがちだったが成績ははたから見て優等生レベルらしい(少なくともみなみと並んで違和感ない程度)。

同級生のひより、そして同居中のこなたとパティの影響で日々オタク知識が増えつつある。
そうじろうは「ゆたかをオタクにして帰したら、ゆき(ゆたかの母)の奴怒るだろうな」と心配している。
ひよりの同人誌(18禁)読んじゃったから手遅れかも。
最近、「コミケに行ってみたい」と言い出していたが、こなたの説得でなんとか今回は見送りになった。

みなみ同様、ひよりの百合妄想の対象になっている。

OVAのゆたかの可愛さは異常。




追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/