夜勤病棟 七瀬恋/風間愛/八神優(むらかみてるあき版)

登録日 :2012/01/02(月) 19:13:56
更新日 : 2016/09/30 Fri 10:20:46
所要時間 :約 4 分で読めます




~注意~
この項目は 18禁・変態・鬼畜 要素を多量に含んでいます。
18歳未満の閲覧はご遠慮下さい。

















ミンク制作のナース系アダルトゲームシリーズ『夜勤病棟』を原作に作られたアダルトアニメシリーズの一つ。
2005~6年の間に発売された。

ブランドはシュガーボーイ(ソフト・オン・デマンド)、
監督は新体操(仮)制服処女黒愛対魔忍アサギ等で有名なエロアニメ界の革命児むらかみてるあき

タイトルの通りシリーズのなかでも人気が高いヒロイン三人をそれぞれスポットを当てた作品となっている。


※ストーリー

  • 七瀬恋
看護学生「七瀬恋」はある日レイプ魔と噂される「戸薩好市」(看護学校教諭)の元を訪れ、その事実をつきとめようとする。
しかし、それは「恋」の陵辱の日々の始まりだった…。

  • 風間愛 
研修先のサナトリウムで余命僅かな患者「三途川渉」を担当する愛。しかし、彼は「この世に天使なんかいない」と伝える。
反発する愛に渉は凌辱のゲームを仕掛けてゆく…。
テーマは『天使破壊』

  • 八神優
小説家の四谷はある山の中で足を骨折し、その場を通りかかった八神優という看護士の病院へ連れ込まれる。
少女の微笑を持つ八神に心を惹かれる四谷。しかし、八神の夜の顔は四谷の想像をはるかに超えたものだった…。
テーマは『ロリ痴女』


※内容
むらかみてるあきが監督を努めるだけあって作画は良好、そしてその内容はかなり濃厚かつマニアック。

むらかみ監督お得意のアヘ顔や高速ピストンに始まり、
『ひょっとこフェラ』、『精飲』、『輪姦』、『ぶっかけ』、『食糞』、『スカトロ』、『バイブ調教』、『拘束プレイ』等々、
怒涛の性交・凌辱描写がガンガン繰り広げられ、むっちりとしたエロい作画と合わせて最強に見える。

その出来映えから他のむらかみてるあき監督作品の例に漏れず、エロアニメ全体の中でもかなりの高評価を博した作品。


しかし賛否両論な部分もありむらかみてるあきファンの間ではかなり評価が別れる作品となっている…

具体的な理由としては、この作品から画面に靄がかかって映像が見辛くなるピンボケ描写を多様し始めた事が筆頭として挙げられる。
(ちなみにこの作品以降、妹ぱらだいすまでこのピンボケ描写は多様された)

またこの作品から以前とは違うクドさやねちっこさが加わったのも主な理由の一つ。

良くも悪くもむらかみてるあきのファン層を二分させた作品と言える。



また尺の関係でストーリーが大幅に削られているため原作を知らない人にはストーリーがよくわからず不気味。(特に八神優は見る人によってはホラー)

原作と声優が違うキャラも多く、その点を原作ファンに指摘される事も多い。(特に七瀬恋の棒読みっぷり)


まあなんだかんだでそこいらのエロアニメでは太刀打ち出来ないクオリティがある良作なので興味のある人は見てみよう。

ただむらかみてるあき作品だけあってやたら内容が濃いのでハードなのが苦手な人にはオススメ出来ない。
特にスカトロ系の描写がかなり多いので注意。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/