パンドラMAXシリーズ

登録日 :2012/02/19(日) 19:01:09
更新日 : 2017/05/01 Mon 15:04:36
所要時間 :約 3 分で読めます




株式会社パンドラボックスが世に出したゲームソフトの自社ブランド作品。全作とも同社社長である飯島健男(現・飯島多紀哉)がプロデューサーを務めた。
「完全新作でやり応え十分のゲームソフトを1980円でリリースする」 というコンセプトのシリーズであり、シリーズ共通のキャッチコピーは「1980円の超大作」。


◆主な共通要素

  • コンバートシステム
そのソフト以前に発売された、同シリーズソフトのセーブデータを読み込ませることによって、レアアイテム入手できたり、グリッゲン(ドラグロ)がブッチ(ごちゃちる)に試験問題出したりチルちゃん(ごちゃちる)が司狼丸(ONI零)を吸血するシーンが見られたりする。
その特性上、第1作のみ何もない。

  • おまけコーナー
ファンレターを掲載する「お便りコーナー」、同シリーズのソフトの紹介映像を見ることができる「予告」、ミニシナリオ「ごちゃちる」(後にシリーズのひとつとしてソフト化)といった項目が用意されていた。
しかし六作目の「ONI零 〜復活〜」では「予告」が「ラインナップ」に変わり、過去作品の紹介のみになっている。


◆全体的な欠点

  • 初期はスキップや早送り機能がない(三作目から早送り可能)

  • 基本的にシステムデータが無く一作品につきセーブデータは一つしか作れない。ただし エンディングは複数用意されている。

  • 他はすんなりいくのに一部のロードが異常に長いことがある。中には 一周のプレイタイムの大半がロード時間で埋まる ものも。


◆シリーズ一覧
()内はジャンル

◇Vol.1 ドラゴンナイツグロリアス(RPG)

◇Vol.2 死者の呼ぶ館(ホラーアドベンチャー)

◇Vol.3 ラビッシュブレイズン(RPG)

◇Vol.4 Catch! 〜気持ちセンセーション〜(恋愛シミュレーション)

◇Vol.5 ごちゃちる(アドベンチャー)

◇Vol.6 ONI零 〜復活〜(RPG)


攻略本のインタビューで飯島は「ソフトを5本ずつ収納できるボックス付き仕様のソフトを5本ごとに世に出したい」と語っており、そのため第5作「ごちゃちる」は1980円の通常版の他、ソフト収納ボックスと攻略本「連動の書」が付属する2980円の限定版が発売された。

シリーズは上記の六作で終わってしまったが、未発売のタイトルとして

◇リストラの朝
◇闇の蛹
◇ラビッシュブレイズン2
◇ONI零 〜流転〜

が存在する。
この内「リストラの朝」と「闇の蛹」は「四八(仮)」にこれらを意識したシナリオを入れる予定だったが、諸事情により削ったらしい。
また、「ONI零 〜流転〜」はONIシリーズでもあるため、未だに待ち続けているファンもいる。

現在はゲームアーカイブスで全ての作品がダウンロード可能なので、興味のある方には遊んでもらいたい。ただし中古品のほうが安上がりの場合もある。





追記・修正はセーブデータをコンバートしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/