毒チワワ(GOD HAND)

登録日 :2011/05/31(火) 20:04:40
更新日 : 2016/02/16 Tue 20:12:40
所要時間 :約 2 分で読めます




毒チワワ

PS2用ソフト『GOD HAND』に登場する小型犬。

現実に存在するチワワ(ロングコートじゃない方)の体色が紫や赤をベースに水玉模様の様な斑点が入ったカラフルかつ、毒々しい姿で、数々の品種改良(改悪)で誕生した犬種。

どう品種改良したらこんな犬が生まれるのか?
疑問である。

また、悪魔四天王の一人シャノンの魔法によって人間が変身するという方法もある。
主人公のジーンも戦闘中にシャノンの魔法で毒チワワ化してしまうが、残念ながら毒なし、つまりただのチワワなので毒による攻撃は出来ない
その名前の通り猛毒を持っていて、噛まれたら最期、血清が無ければ数分と持たない。ゲーム中にこの犬に噛まれる被害者が出てくるが、その苦しみ方を見る限りヘビの出血毒に似たものと思われる。

『GOD HAND』の世界では、一般人にも広く知られているらしく、毒チワワを前にした際の怯え方は尋常ではない。
某消費者金融のCMのみたく尻尾を振りながら、そのつぶらな瞳でこちらを見つめてくるが、次の瞬間、豹変。
目を爛々と光らせなが襲い掛かってくる。
トラウマものである。
また、上記のシャノンはこの犬がお気に入りらしくペットにしていて、自身が団長を勤めるサーカス団「シルク・ド・S」の一画に大量に放し飼いにしている。
危険極まりないない。

好物は骨、この辺りは普通の犬らしい。
これを利用して進む道を作る仕掛けもある。

因みに、ミニゲームで毒チワワを使ったドックレースが存在するが、客よりも管理者の方が命懸けである。


さらに作中に毒チワワカレーと言うカレーがあるが肉は鶏肉である。


追記・修正は血清を手に入れてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/