ミュゼ(テイルズ)

登録日 :2011/10/25(火) 16:53:08
更新日 : 2017/02/02 Thu 01:56:53
所要時間 :約 4 分で読めます







はい。これからも私を「直接使役」してくださいね。


年齢:20歳
身長:168cm
CV:真田アサミ


ミラ=マクスウェルの姉であり、時空を司る大精霊である。
マクスウェルの手足となって黒匣(ジン)を使うアルクノアを殲滅することが役目。
ミラと同じく天然で世間知らずなところもある。

初登場はファイザバード開戦の時。
アルクノアの進攻の際にトウライ冷原に流されたジュード・マティスの前に、「ミラからの遣い」を名乗り、現れた。
マナが不足してたため、ジュードに直接使役させてもらいジュードたちと同行する。

このとき武身技「ミュゼ」が使うことが出来るが使用できる期間が非常に短い。
トウライ冷原〜カン・バルクのみである。ミラ編に至っては実質カン・バルクのみ

ジルニトラ突入時では
「もうごちゃごちゃとうるさい!」
といって1人でアルクノアの飛空挺をグラビティのような術で殲滅させた。
もう全部こいつ1人にまかせていいんじゃないかな?


以下、ネタバレ









本作のラスボスの一人。
マクスウェルに20年前に断界殻(シェル)を守るために作られ、断界殻を知ってしまったものを殺す使命を言い渡された精霊。

ミラと同じく使命を第一に行動するが、自分一人でも使命を完遂しようとするミラと違い他者への依存が強く、 命令を与えてもらわないと行動できない という性格であり、自分から行動することをしない。

ミラ死亡後からマクスウェルから応答がなくなった時から徐々に精神が崩壊し始め、暴走したミュゼは、ニ・アケリアの村長たちやアルクノアなど惨殺し、ジュード一行と対立する。

その後、ニ・アケリア霊山に彷徨っていた所、ガイアスに使役され、マクスウェルを裏切ってガイアスへとついた。
そして、ガイアスは彼女の力の源である『時空を切り裂く剣』(厳密には『マクスウェルの次元刀』と呼ばれる)でジュードエレンピオスへ向かった。

ちなみに、ミラ編第4部でのミラVSミュゼは ストーリーボス最難関 といわれている。
これは回復手段がグミだけなのにダメージは通常ボスと変わらないレベルな上、リンクができないためにOVLにもなれない(秘奥義も使えない)ため。

  • エザリィウイップ
ミュゼ版のアサルトダンスといったところ。まともに喰らうとHPの7割は持っていかれる。

  • フォースマイン
吸引力の変わらないただ四つの地雷を置く。
沈黙効果つき。

  • レイジングサン
詠唱時間が2秒ほどで炎上効果つき。

  • ブラッグガイド
即死効果つき。

  • エレメンタルムジーク
奥義。4属性の追尾性のある球を放つ。OVL状態ではこればっか

  • イベントホライズン
秘奥義:エレメンタルムジークから発動。
HPが1残るのはスタッフの慈悲だと思う。


すべてを飲み込み、渇きの地へ誘え!
虚数の牢獄! 『イベントホライズン』!

といったタイマンでは辛い技ばかりなので、どうしても勝てないなら難易度を下げるがオールディバイドを使ってみよう。


以下余談

人間が精霊を直接使役するということは、精霊にとってはあのミラでさえ赤面し説明できないほどのことらしい。

ミラ「…知らなかったよ。君がそんな男だったとは」
ジュード「ミュゼ、ミラはなんで怒ったの?」
ミュゼ「まぁ、そんなことを私に説明させるなんて…見かけによらず、マニアックなんですね」
ジュード「誰か精霊の感覚を教えてよ…」

サブイベントで盲目のおばあさんを助けて死んだ娘の代わりに本を読んであげる優しい一面もある。
続編であるテイルズオブエクシリア2にてガイアスと共にプレイアブルキャラとして参加する事に。

紹介動画を見る限り、最初の頃のミラのように天然度が高い。

一見、まるでボディペイントのように身体のラインが浮き出た非常にぴっちりした服を着ているが、
実はミュゼは服を着ておらず、服に見える部分は精霊の力でそれっぽく肌(?)を変化させているだけ。つまり 常に全裸
ボディペイントだと思ったら全裸だった…な、なにを言っているか(ry




ミュゼ「どうして追記・修正してくださらないのですか? マクスウェル様!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/