アーケオス

登録日 :2010/11/19(金) 23:45:13
更新日 : 2017/04/19 Wed 08:47:07
所要時間 :約 4 分で読めます






図鑑No.567
分類:さいこどりポケモン
英語名:Archeops
高さ:1.4m
重さ:32.0kg
タマゴグループ:飛行/水中3
タイプ:いわ/ひこう

特性:よわき(HPが半分以下になると 攻撃と特攻が半減 する)

種族値
HP 75
攻撃 140
防御 65
特攻 112
特防 65
素早 110


アーケンがレベル37で進化


●ゲームでのアーケオス


プロトーガ、アバゴーラと共に新たに追加された化石ポケモンの一匹。元となる「はねのかせき」は古代の城にて手に入る。
主要人物では最終戦でNが使用する。

さいこどり(最古鳥)の別名の通り「始祖鳥」がモチーフのポケモンで、ベージュのような体に青い羽がついている。頭だけ若干カラフル。

実は「飛ぶ事」より「走る事」が得意で自動車にも負けない速さで走る。孵化作業の速さにも負けない速さ。
種族値だけならマッハで飛ぶ地底鮫以上。すなわち・・・

自動車≧アーケオス>マッハ鮫

となりそうなものだが、BW2の図鑑では走る速度は 時速40キロ と言われている。
…図鑑の中の人は自動車載るときだいぶゆっくり運転しているようである。

まぁ一般ポケモンで一番早いのがセミだし(伝説ありなら宇宙人)気にしてはいけない。

飛ぶ際、助走をつけて飛ぶ。
どっかの羽のない3つ首ではない。

BW時代の待機モーションはゆっくりと飛ぶものだったが、6世代以降は全身を使ってバタバタと飛ぶようになった。何があったんだアーケオス。



●対戦でのアーケオス


あの物理ごり押しのヒヒダルマと並び攻撃値が140。
また素早さも110と100族を抜けるため申し分無い。
しかし、防御面は低く、まさに「パワー系速攻アタッカー」。
種族値だけを見るとあのゴウカザルの上位互換にもみえるが……

いかにBW期がパワーインフレしていると言われても、そこは特性で調整されている。
こいつの特性『よわき』は HPが半分以下の時に攻撃と特攻が半分 になるのだ。
この耐久なら等倍技でも食らえば、間違いなくHPは半分無くなる。
この手のポケモンの必需品とも言えるを持たせてもほぼ無意味である。

余談だが種族値合計は図鑑No.と同じ 567 である。
偶然か狙ったのかは不明


技は
  • タイプ一致なら
アクロバット 」「 ついばむ 」「 ストーンエッジ 」「 いわなだれ 」「 もろはのずつき
  • サブウェポンには「 かみくだく 」「じしん」「 ドラゴンクロー 」「 シャドークロー
  • よわき発動後には「 とんぼがえり
その他「 ファストガード 」「がむしゃら」「 りゅうのいぶき 」など。

防御関係の積み技はほぼ無い。


また、「アクロバット」を最大威力で使えるポケモンである。

例)
アーケオス+飛行のジュエル
55(本来の威力)
×1.5(タイプ補正)
×1.5(ジュエル)
×2(アクロバット効果)
247

種族値140からの威力247。まさに攻撃インフレである。
(一発限りなのだが、仕方無い)
なので持ち物はジュエルか「オボンのみ」(よわき克服)辺りが有力。

また、タイプが「いわタイプ」「ひこうタイプ」と、先制技に非常に不利なタイプを持ち合わせている。
「アクアジェット」「バレットパンチ」のほか、「こおりのつぶて」「ふいうち」も危険か。
「よわき」が発動しやすくなるので気を付けたいが……

ただ、第六世代以降ノーマル以外のジュエルが全て未解禁なので現在は上記のジュエルバットコンボは不可能である。
データ上は残っているらしく、相互互換と言えるZクリスタルも出たことだし機会があれば復活してほしいものだが……

アーケオス「僕が一番アクロバットを上手く使えるんだ!」

●余談


2016年に行われたポケモン人気投票720では当時の全ポケモン720体の内、中間発表の時点で15位・最終結果32位となかなかの好成績だった。

何気にすごい人気なんだなアーケオス…と思うかもしれないが、
これはテレビからの投票の場合 『ア』行から順になっており、最初に来るのがこいつなので一体だけ好きなの選んで適当に埋めた人や間違って決定した人の票が多数入っている と思われる。
(同じような理由で進化前の『ア』ーケンも88位である)



追記・修正は自動車にも負けない速さで走りながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/