地球連邦平和維持軍

登録日 :2011/01/16(日) 17:09:42
更新日 : 2017/04/04 Tue 21:44:10
所要時間 :約 11 分で読めます




国際連合が地球連邦に改名して1年。

我々は、連邦参加国全328ヶ国の賛同を得て、各国の軍隊を解体、一元化し、

地球連邦平和維持軍として発足する事をここに宣言します。

全ての国の軍が無くなり、我が平和維持軍が世界唯一の軍隊となった時、世界は……真の統一を果たす事になるでしょう。

その道標となるべく、我々は邁進していく所存です。





Earth Sphere Federation Army



機動戦士ガンダム00』に登場する組織。


旧三大国家群のユニオン、AEU、人類革新連盟が統合されて誕生した地球連邦政府の所有する軍隊。

アレハンドロ・コーナーの策略で結成された国連軍の発展的解散という形で西暦2312年に正式に発足された。

GN-Xによって得られた擬似太陽炉の技術を独占しており、4年間で技術の解析は進み、様々な実験機、試作機を開発している。
なお、旧式の擬似太陽炉の問題点として指摘されていた圧縮粒子の毒性は解消され、2312時点で旧式は全て破棄されている。


統一世界による恒久和平の実現という名目で独立治安維持部隊「アロウズ」を組織し、嘗てのテロ組織等が寄り集まって形成された反政府勢力「カタロン」の掃討にかかる。
嘗て先進国や軌道エレベータ所有地等で数十件程抱えていた武力紛争の件数は圧倒的に減少し、平和と呼べる環境が整った。
が、その実態は、中東を中心の超巨大スラムを構築して武力弾圧と情報統制を敢行する事で、スラムの外側限定の安定を維持させている、仮初の平和とでも言うべき状態だった。


2312年時点でも、テロ鎮圧という名目で、
中東限定でGN粒子を大量に散布し続ける巨大装置を設置し、意図的に通信妨害を起こす事で経済麻痺状態に陥れる手法で、
反政府勢力の隠れ蓑にもなり易い治安が不安定な掃き溜め状態を維持する

等、やる事がぶっ飛んでいる。

中でも、報道官がニュースで
「紛争が根絶されない中東地域の住民を中心に 強制的にコロニーに移住させて不穏分子を一掃
というとんでもないダストシュート政策を発表してもいたが、特に興味が無い先進国の一般市民が完全にスルーしている情勢も暴挙同然の弾圧に拍車を掛けていた。


流石に反感を覚える連邦政府関係者もいたが、大抵は圧殺される等して事実上の黙認を決め込み、
実質的にアロウズ主導でコトが進み、それに追従する様相を呈する。しかし……




アロウズ艦隊に勧告する。

我々は決起する。悪政を行う連邦の傀儡となったアロウズは最早…軍隊ではない!

世界の行く末は、市民の総意によってのみ決められるものだ。

我々は貴様らの蛮行を断罪し、市民にその是非を問う!




内外に疑念の残ったブレイク・ピラー事件とそれに伴ったセルゲイ・スミルノフの死を契機に少なからず離反者が出る。
そして、一部の反アロウズ派とソレスタルビーイングことチームプトレマイオスの共闘という事態まで招いてしまう。
結果として裏で糸を引いていたイノベイターを名乗るイノベイド勢力が敗北し、大量虐殺等全ての悪事が明るみに出る。そして……




虐殺行為を繰り返し、その事実を情報操作で隠蔽していた独立治安維持部隊は解体。地球連邦軍の再編に着手致します。

また、非連邦参加国への援助、及び連邦への参加を推進し、

真の地球連邦樹立に向けて…努力していく事をここに宣言します!




ソレスタルビーイングやカタロンに協力を打診し、独断で暴走を始めたアロウズの粛清を主導した(という名目になっている)地球連邦の穏健・反弾圧派勢力に世論は傾き、アロウズは解体されることとなった。

2年後に軍が再編され、新政府の融和政策の下で軍縮が進んでいた。
新たに純粋種のイノベイターが出現し、イオリア計画が彼の理想に近い形で進行する中、地球外生命体ELSの来襲という未曾有の危機が訪れる。

市民の命を守る為、彼らは自身の命を懸けて戦うこととなる。



【平和維持軍 / 正規軍】


旧人革連領出身で、 “ロシアの荒熊” の異名を持つ歴戦の軍人。
先の大戦で武功を挙げ英雄視されていた上でアロウズの反対派だった事もあり、その存在を危険視されていた。
一介の軍人でありながら軍の在り方と人類の未来を考え続け、その生き様は少なからず残された人々に影響を与えた。
詳細は当該項目参照。



旧AEU領出身の戦術予報士で、 “戦術予報の天才” とも称される程。
対ガンダム戦での実力を見込まれてアロウズへの転属を指示され、当人もその実態を見極めるべく指令を受け入れる。
完全に反アロウズとしての思想を固めた後は、密かに戦力を確保し、アロウズ打倒に打って出た。
政府の指示で アロウズの悪行を正した代表的人物という扱いになり、大佐から昇進して准将に。
詳細は当該項目参照。



旧ユニオン領出身のトップガン。 ミスター・ブシドー?誰だそいつは?
“フラッグファイター” である事に強い誇りを持ち、ユニオンフラッグに拘り続けた彼の信念は後にブレイヴという機体で実を結ぶ事になる。
詳細は当該項目参照。



旧ユニオン領出身の技術士官。
グラハムの頼れる友で、常に彼の望む機体を造り上げる。
詳細は当該項目参照。



旧AEU領出身のスペシャルで2000回で模擬戦な 自称 “AEUのエース”
先の対ガンダム戦で “不死身のコーラサワー” として良くも悪くも有名になった生ける伝説。
彼の頭にあるのは唯一つ、愛しの大佐を守る事のみ。
卓越した腕を持っていながら准尉にまで降格した、ある意味奇跡の男。
詳細は当該項目参照。



旧人革連領出身で、セルゲイの実の息子。
当初はアロウズに所属していたが、父との確執を乗り越えた後は、アロウズ解体に伴い連邦正規軍に転属。
父と母の目指した “市民を守る軍人” として生きる為、命を懸けて戦う。
詳細は当該項目参照。



嘗てアロウズに所属していたが、後に連邦正規軍に転属。
ヴェーダによって初めて確認された純粋種のイノベイター
イノベイターとしての自身の能力に強い自信を持ち、旧人類を「劣等種」と見下している。
詳細は当該項目参照。


◆パング・ハーキュリー

政治も軍隊も、良識ある市民が存在してこそ機能するのだ。

彼等を目覚めさせる為なら、私は喜んで捨て石になろう。

CV:屋良有作
性別:男
誕生日:5月25日
年齢:48歳
身長:180㎝
体重:68㎏
血液型:AB型
所属:人類革新連盟→地球連邦平和維持軍
階級:大佐

搭乗機
  • GNX-609T GN-XⅢ(連邦正規軍カラー)

旧人革連領出身。連邦正規軍情報作戦室所属で、セルゲイとは士官学校時代から続く長年の友人である。
優れた政治も抑止力となる軍隊も良識ある市民が存在してこそ正常に機能する 」という考えを持っており、
堕落した連邦政府及びアロウズの暴挙を全市民に知らしめ、彼らの目を覚まさせるべく、
正規軍の同志達と共にアフリカタワーを占拠するというクーデターを引き起こした。
しかし、それが「ブレイク・ピラー事件」を引き起こし、自身の行いで多数の市民の命を奪うという最悪の事態に繋がってしまう。
最期は自身の行いが生んだ結果に呆然としていた所を激昂したアンドレイに反乱分子として乗機を撃墜され、死亡。


◆キム

出世欲に憑りつかれた私の人生だが…

人類の危機となれば、一度くらい彼の様に生きてみたいと思ったのだよ……。

CV:浜田賢二
性別:男
誕生日:?
年齢:?
身長:?
体重:?
血液型:?
所属:人類革新連盟→地球連邦平和維持軍
階級:中将(2nd以降)

旧人革連領出身。セルゲイの上官で彼の能力を高く評価しており、ガンダム鹵獲作戦が失敗した際も彼を咎めたりはしなかった。
人革連軍では司令を務めており、連邦軍誕生後も引き続いて務めていたが、反乱軍によるアフリカタワー占拠事件ではセルゲイを特使として送り込む一方で、
その見返りとして自らを佐官待遇でアロウズに転属させるよう、ホーマーと裏で取引を行っていた。
その後は「 出世欲に憑りつかれた 」自らの行いを悔いたらしく、劇場版に於いて「 一度くらいはセルゲイの様に生きてみたい 」という思いから、
ELSの出現に伴い結成された火星圏の先遣調査艦隊の司令に志願。ELSを「人類への敵性勢力」と見做して攻撃を指示するも、
圧倒的多数で襲来してくるELSには敵わず、現実を認められないまま母艦ごとELSに取り込まれる形で戦死。



【独立治安維持部隊アロウズ】




独立治安維持部隊アロウズは、全戦力を以ってソレスタルビーイング殲滅作戦を敢行する。

反政府勢力の最後の砦である彼等を打ち倒し、統一世界を…真の平和を勝ち取るのだ。

諸君らの奮起に期待する。





A-LAWS



治安維持を目的とした連邦政府直轄の特殊部隊で、西暦2309年にフォン・スパークが引き起こした大規模テロ事件を切っ掛けに創設された。
アーサー・グッドマン曰く「 連邦の盾であり矛となる存在 」だが、カティからは「 連邦の忠実なる番犬 」とも評されている。

その実態はリボンズ・アルマーク率いるイノベイター勢力が「人類の意思統一」を達成する為の駒として生み出した組織であり、
実質的にはイノベイターの傀儡と言っても差し支えない存在である。


連邦正規軍よりあらゆる面で優遇されている他、「統一世界による恒久和平実現」の名の下に超法規的措置が許されており、
「怪しいと思えば証拠抜きで民間人でも逮捕し、反政府勢力は裁判抜きで問答無用に虐殺する」といった非人道的な行為が日常的に行われていた。
なお、これらの行為は全て量子型演算処理システム「ヴェーダ」による情報操作で隠蔽されており、一般市民には知らされていなかった他、
組織内でも徹底した情報統制が敷かれており、虐殺行為とは無縁の一般兵も少なからず存在していた。


参加した軍人の多くは嘗て勃発した紛争やテロの被害者や遺族であり、
「二度と以前のような戦争を起こさない」と確固たる意思を持ち、統一世界による恒久和平実現の為には暴虐的な行いが必要であると考えていた。
だが、所詮は単なる言い逃れに過ぎず、行き過ぎたやり方が重なった後、反乱軍により敗北すると悪事が全て露見し、解体されたのだった。


◆ホーマー・カタギリ

メメントモリ…人類は死を想い、平和の尊さを考えねばならんのだ……。

CV:大友龍三郎
性別:男
誕生日:7月22日
年齢:58歳
身長:205㎝
体重:84㎏
血液型:B型
階級:不明(アロウズ最高司令官)

アロウズ最高司令官で、ビリーの叔父にあたる。
旧ユニオン領出身であり、当時から司令を務めていた。
統一世界による恒久和平実現の為にアロウズを組織し、全ての罪を背負う覚悟を持つ。
イノベイター勢力が敗北し、全ての悪事が露見すると切腹した。
また、ミスター・ブシドーが思想面で幾らか師事した相手でもあり、彼に武士道を教えた。



アロウズ准将。組織内に於ける実戦部隊の指揮官であり、実質的には対ソレスタルビーイングに於けるNo.2。
思想的にはホーマーと同じだが、彼より更に容赦無い。名前こそ良男だが、実質的には悪男。
戦術面でもある程度能はあるが、自信過剰なきらいがある。
あの世で良いパン屋に転職した。
詳細は当該項目参照。


◆リー・ジェジャン

3番機のハレヴィ准尉は初陣だ。戦場の空気を感じさせるだけでいい。

CV:四宮豪
性別:男
誕生日:10月2日
年齢:38歳
身長:181㎝
体重:63㎏
血液型:A型
階級:中佐

グッドマンの副官。
指揮官としてまずまず健闘したが、スメラギ・李・ノリエガとの戦術比べに敗れる形で死亡。
小説版では病床の妹想いの善人だった事実が判明した。



アロウズの少佐で、汚いジュドーこと当て馬
掃討作戦を得意とする悪名高い男で、能力はまずまず高いが、致命的な豆腐メンタル。
詳細は当該項目参照。


◆バラック・ジニン

多くの仲間が貴様等に倒された!―――その仇……取らせてもらう!!

CV:稲田徹
性別:男
誕生日:2月15日
年齢:31歳
身長:192㎝
体重:85㎏
血液型:A型
階級:大尉→中佐(二階級特進)

搭乗機

アンドレイとルイスの上官で、もの凄いケツ顎が特徴。
カタロンのテロに巻き込まれ妻を失い、恒久和平実現の礎となるべく自らアロウズに志願した。
虐殺行為は行うものの、グッドマンやリントとは違い、恒久和平の為という彼なりの信念で臨んでいた。
当初は本当に戦闘員か怪しい フリスク中毒者の如き ルイスを厄介者として疎んじていたが、
部下として迎えて以降は心身の状態を気に掛ける等、常識人としての一面も見られた。
後にダブルオーライザーとの戦闘で戦死。二階級特進で中佐に昇進した。



旧AEU領出身で、階級は准尉。
ガンダムへの強い憎しみをリボンズに利用され、家族の仇討ちの為に参加した。
詳細は当該項目参照。



旧人革連領の超兵機関出身で、階級は中尉。
アリオスガンダムとの戦闘の末、(表向きには)保護者のセルゲイに看取られ、名誉の戦死を遂げる。
詳細は当該項目参照。



鬼の如き仮面で素顔を隠し、陣羽織風の改造制服を身に纏った謎の男(笑)。
司令部より独自の判断で行動する事を許可する免許を与えられたライセンサー。
その地位を利用してガンダムとの戦いにのみ参加し、「二個付き」と呼ばれる機体を執拗に狙う。
詳細は当該項目参照。



【MS / MA / 艦船】

擬似GNドライヴ搭載機のみならず、局地に於いては依然として旧世代機も運用されている。

GN-X

後に続く多くの機体の元になった機体。



旧人革連の技術者チームがGN-Xを発展させて完成させた高性能機。
完成を急いだ為、急造感は否めないが、ガンダムと互角に渡りあえる程の性能を有している。
アロウズの悪事が露見してからは後継機も含めて製造中止に。


◆トリロバイト
全長:62.2m
全幅:20.5m
全高:6.1m
動力機関:GNドライヴ[T]×3

武装
  • クローアーム / リニアスピア
  • チェーンマインワーム
  • 対艦対地ミサイル
  • GN魚雷
  • ケミカルジェリーボム

旧ユニオンの技術者チームが開発した水中用モビルアーマー。開発費用はハレヴィ家から提供された。
MSの向かない環境である水中ではまだ発展の土壌が残されていた為、新たなMAの形を模索し、開発された。
水中適性の高くない機体だらけな上に複数の疑似太陽炉搭載によるセラヴィーガンダム以上のパワーで圧倒的戦闘力を発揮し得るが、
然したる機動力も無いので実体武器には対応し切れない弱点も抱えている。



ビリーを始めとした旧ユニオンの技術者チームが自国の威信を懸けて開発した次期主力量産機のテスト機。
アヘッドの製造中止に伴い量産機として再設計、ブレイヴとして完成される。



旧人革連の主力MS、ティエレンの改良型。
次期主力機として完成したが、GN-Xが配備された為、少数が生産されたのみであった。
アヘッドのベースとしてその設計が参考にされた。


ガガ

イノベイドが開発した特攻兵器。
ソレスタルビーイング号船内に残されていたものを再利用し、軍に所属するイノベイド兵が搭乗した。



旧ユニオンの技術者チームが主導でAEUの技術者も加わり完成した、新生地球連邦軍の次期主力候補機。
2314年時点では性能評価中でグラハム率いる試験飛行隊「ソルブレイヴス」でのみ運用されている。



旧人革連の技術者チームがイノベイドの技術を転用し、完成させた初のイノベイター専用機。
2314年時点ではブレイヴと同様に性能評価中。




◆外宇宙航行艦「スメラギ」



ELSとの地球圏最終防衛戦に於いて彼らはトランザムを限界出力まで引き上げ、次々とELSを道連れに自爆していく。
彼らの命を堵した行動により地球圏にELSが飛来する最悪の事態にはならず、無事市民の命は守られた。

西暦2364年には最新鋭の外宇宙航行艦「スメラギ」を建造する。


因みに、設定資料等によれば、当初の地球連邦の戦力は、疑似太陽炉搭載機が大体100機程。その多くがアロウズに配備された。
それから猛烈に増産を続け、アロウズ全盛期には地球連邦全体では1000基以上の疑似太陽炉とそれに見合うだけの数の機体が生産されたという。

ELSとの最終決戦の際の連邦側の戦力はこちらを参照。




冥殿に勧告する。

我々は決起する。迷惑行為を行う項目荒らしに翻弄され続けた冥殿は最早…管理人ではない!

項目の行く末は、Wiki篭りの追記・修正によってのみ決められるものだ。

我々は貴様の蛮行を断罪し、アニヲタ民にその是非を問う!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/