スッパイマン

登録日 :2012/10/10 (水) 22:36:54
更新日 : 2017/07/12 Wed 18:04:19
所要時間 :約 2 分で読めます




種はおいしくてもお出しください。



スッパイマンとは、上間菓子店から発売されているお菓子。スッパマンではない。
基本的には沖縄ローカルな品。
梅干しを乾燥させて、味付けをした食品で、黄色いパッケージが目印。


原形に近いのは「甘梅一番」と呼ばれる商品。種は入っている商品と種なしの商品に分かれている。
種ありはそこそこ硬質だが、種なしは柔らかい。

独特のすっぱさがあり、苦手な人は苦手だろうが、平気な人はバクバク食べる。


ベースはこれだが様々な派生商品があり、

  • 甘い飴の中にスッパイマンが入っているの
  • ミンティア的なノリでタブレット化したもの
  • ふりかけ
  • 黒糖とミックス
  • サーターアンダギーに梅ペーストをミックス
  • ちんすこうとミックス
  • 米チップスとミックス

etc...単体で独特の味がある事を活かし、様々な食品とミックスしている。

また、オキハムのミミガージャーキー(豚の耳の珍味)とコラボしたスッパイマンミミガージャーキーなる品も存在する。

CMも凝っており、普段はしがないサラリーマンの州破 井蔵(30歳)がピンチを察して、スッパイマンを食べて、
スッパイマンの一部商品に描かれているヒーローに変身するというもの。
だからスッパマンじゃないってば。

CMも今まで様々な種類が作られており、沖縄県民の頭の中にはそれなりにインプットされている存在。

もっとも、印象や中毒度がこれより高いローカルCMは他にもこれとか色々あるが。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/