チラチーノ

登録日 :2011/05/30(月) 10:36:04
更新日 : 2016/09/09 Fri 20:55:12
所要時間 :約 4 分で読めます






図鑑No.573
分類:スカーフポケモン
英語名:Cinccino
高さ:0.5m
重さ:7.5kg
タマゴグループ:陸上

タイプ:ノーマル
特性  :テクニシャン(威力が60以下の『わざ』の威力が1.5倍になる。)
    :メロメロボディ(直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を『メロメロ』状態にする。フィールドで先頭にすると異性のポケモンが出現しやすくなる)
隠れ特性:スキルリンク(連続技の回数が常に5回になる。)

HP 75
攻撃 95
防御 60
特攻 65
特防 60
素早 115

チラーミィに「ひかりのいし」を使うと進化する。


姿形はチラーミィから大きく変化はしていないが、美しい白い長い体毛をスカーフのように首の周り巻きつけている。
その純白の体毛は特殊な脂でコーティングされており、非常に肌触りがよく、静電気やほこりを寄せ付けない他に、敵の攻撃を受け流すことが可能。
対戦に出てる時のモーションはチラーミィ時代でもキュートだが、チラチーノは体を上下に揺らしつつ小さな御御足をリズミカルに差し出す姿が非常に愛らしい。

「チラ見」ポケモンから「モロ見」「ノゾキ見」ポケモン等になるのではないかとBW発売前は危惧されていたが、
全然そんなことは無く、可愛く美しい姿となり、嫁宣言する者も多い。


・対戦でのチラチーノ



一言で言えば、


可愛くて 強い

その強さは、高いすばやさとそこそこな攻撃力、そして何と言っても特性「テクニシャン」にある。

素早さ種族値は 115 と高めで、同じテクニシャン持ちのペルシアンエテボースと同じ。
他の二匹と違うのは、「ねこだまし」を覚えられない代わりに、2~5連続攻撃技を多数覚えるところである。
そのため、またの名を 連続技のスペシャリスト とも。

チラーミィ系準専用技「スイープビンタ」を始めとし、第5世代になって強化された「タネマシンガン」や「ロックブラスト」も覚える。
きあいのタスキ」や「がんじょう」なども貫通してダメージを与えられるのが彼(女)の強みである。

連続技以外にもゴースト対策になる効果も優秀な「はたきおとす」や「きあいのタスキ」とのコンボが可能な一致技「じたばた」も使用可能。

素早さを利用しての「とんぼがえり」や「うたう」で、相手を撹乱することもできる。
眠らせた場合は「テクニシャン」の恩恵を受けられる「めざましビンタ」での追撃もアリ。
特にナットレイ等に対して有効。

ただし、「てつのトゲ」に注意。
特に他の連続攻撃技を撃った時に「てつのトゲ」「さめはだ」+「ゴツゴツメット」で受けられて瞬殺されると目も当てられない。

その他の欠点としては、他の2匹と同様に打たれ弱いこと。そして連続技中心故にダメージにムラがあるということ。
運さえ良ければ相手に「大ダメージ」を与えられるが、倒せないと「返り討ち」というギャンブル性の高いポケモンである。

とは言うものの、上記の通り、運さえよければ下手すりゃ無傷で3タテなんて事も十分にあり得る。
安定した対戦に飽き飽きしたトレーナーにもってこいなポケモンとも言える。
連続技を出す際には、少しでも多く当たるように応援してあげよう。

ちなみに隠れ特性はパルシェンでお馴染みの「スキルリンク」。安定性を取るかロマンを取るか……
BW時点では未解禁だったが、隠れ特性の方はBW2のゲーム内でゲットできるようになった。

なお、「スカーフポケモン」だが、「こだわりスカーフ」を持たせる必要はあまりない。


・ゲームでのチラチーノ


夏のサザナミタウンの別荘でフトシという男性がチラチーノとゴンベを交換したがっている。

名前の通り豊満な体格で、チラチーノがいれば変われるなどと言うが、
交換した後に再び別荘に来ると、おじさんだったフトシがおぼっちゃまの姿になり、本当に立派に変わってしまう。
チラチーノ愛恐るべし。


・ポケモン立体図鑑BWでのチラチーノ


チラチーノファンなら絶対に見ておきたいのがこれ。
立体で細かいところまで再現されているので、ややこしい白い体毛の形も非常にわかりやすくなっており、イラストを描く際の参考にもなる。
そして何より、個別モーションが可愛すぎる。まだ見てない人は是非。

余談だが、進化前のチラーミィも相当に可愛いのでそちらも是非。




テクニシャンな方は追記・修正お願いします……ぐふぐふぐふ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/