おにいさまへ…

登録日 :2011/05/08(日) 01:39:28
更新日 : 2017/03/18 Sat 15:16:16
所要時間 :約 4 分で読めます




「ベルサイユのばら」の作者として有名な池田理代子による少女漫画。1991年にアニメ化し、NHKの衛星テレビ劇場で放送された。監督は故出崎統。


あらすじ

名門女子校・青蘭学園高等部に入学できた奈々子は、
クラスメイトの信夫マリ子から、選ばれた生徒のみが入会を許される社交クラブ・ソロリティの存在を聞かされる。

自分とは無縁の世界と思っていた奈々子だったが、なぜかソロリティ会長・一の宮蕗子の推薦でソロリティの一員に-


登場人物

  • 御宛生奈々子(みそのお ななこ)
「おにいさま…涙が…止まりません…」

CV:笠原弘子
ごく普通の女の子。しかし蕗子により何故かソロリティのメンバーに選ばれ、愛憎入り混じる流れの中に…。
高校受験前に塾の講師だった辺見武彦に、突然「おにいさまになってください」と頼み、受け入れた彼と文通を続けている。
サン・ジュストに惹かれており、アニメ版では若干ストーカー。
あれ?普通の女の子?

  • 信夫マリ子(しのぶ まりこ)
「あなただけが友達じゃないのよ!本当に…本当に…友達なんか…いっぱいいるんだから!」

CV:玉川砂記子
黒髪に赤い唇の美少女で、奈々子のクラスメイト。作中屈指の萌キャラ。
中等部上がりで金持ちだが、父親がポルノ作家なため馬鹿にされ、友達がいない。
奈々子に対してはヤンデレ。一の宮貴に対してはツンデレ。

  • 朝霞れい(あさか れい)
「マ・シェリーラ・プペ…私をぶった…愛しいプペ…」

CV:島本須美
「サン・ジュスト様」の異名を持つ。
ハスキーボイスで、男性的な衣装を好んで着る。
薬漬けで時々ラリってナイフを振り回す・何やら因縁があるらしく外さない腕輪・鏡ばかりの部屋で一人暮らしと、ミステリアス。
終盤では…

  • 折原薫(おりはら かおる)
「伝統ある人身売買制度ですか!」

CV:戸田恵子
愛称は「薫の君」。
中性的な容姿の女性。
女生徒からの人気はサンジュストに勝るとも劣らない。
奈々子達より一つ年上だが、病気で留年したため同級生。
アニメ版と漫画版で結末が違う。

  • 一の宮蕗子(いちのみや ふきこ)
「ごめんなさいね。あなたがあまりにも可愛かったから…つい…」

CV:小山茉美
ソロリティの長にして生徒会長。
「宮様」と呼ばれる、金髪縦ロールの美女。
上流階級としてのプライドが高く、容姿もあってとても18歳には見えない。

サンジュストに対し冷たい態度をとっており、奈々子に対しても寵愛だけではない模様。
  • 事故を装いわざと剣山をサンジュストの手に落とす
  • 雨の中サンジュストを待ちぼうけさせる
  • 湖に着衣で潜って奈々子の足を掴み、引きずり落とし、溺れさせる
  • 特技は、食事用のナイフでバイオリンの弦を切ること
等々、色々と突っ込み所の尽きないお方。

兄の貴曰く、「宇宙人」(何を考えているのか分からない、の意)。

  • 辺見武彦
CV:玄田哲章
おにいさま。
奈々子が名乗った際、「御宛生」の姓に反応するが…

  • 一の宮貴
CV:堀内賢雄
辺見の親友で蕗子のお兄様。
スポーツカーを乗り回す大学院生で、過剰な程の男嫌いなマリ子を逆に気に入る。
ちなみに辺見・貴ともに 24歳
漫画版が短い事もあって、アニメはオリジナルの部分が多く、内容もかなり異なる。

アニメは百合要素、昼ドラ以上のドロドロした愛憎劇が含まれており、
NHKのBS枠だからよかったようなものの、もし地上波で放送していたら大問題になっていたと予想される。
脚本もさることながら、時々入る止め絵や光と陰の描写等も相まって、独特の雰囲気を醸し出している。

そのあまりに濃い内容からか、放送時は次回予告の後に「現実に引き戻してくれるお姉さん」が出てきたらしい。

「先の運命がわからない」ことが魅力の話なので、未見の方は是非チェックされたし。


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/