調教

登録日 :2011/05/06(金) 17:56:03
更新日 : 2017/03/25 Sat 13:46:22
所要時間 :約 4 分で読めます




【ちょうきょう】

主に生物に対して、利用者の都合の良くなるように訓練や教育等を施す事。

(1)動物に対して
一般的には人間以外の動物に使う言葉で、サーカスの象やライオン、
競馬の馬等を衆人環境でも暴れないように人間に慣れさせてたり、芸を仕込んだり、身体を鍛えさせたりする等の行為が有名。
またこのように動物の調教を専門とする人間を調教師と呼ぶ。
猛獣を扱う場合が多いため基本的に調教師は免許制である事が多い。


しかし近年ではこのような調教を動物虐待だとする動きも一部で見られており、動物愛護団体等から非難を浴びる事がある。



(2)人間に対して
上記では『人間以外の動物』に使う言葉と書いたが人間に対して使われる事もある。

『調教』と同じような意味の言葉に『訓練』や『トレーニング』『躾』等があるが、
調教はもともと動物に対する言葉である事から、これらの言葉よりも『侮蔑的・暴力的』なニュアンスを持っている事が多い。

具体的には、相手の人格や人権等を否定し、家畜や道具のように扱いながら、調教する側の望み通りの人間に改良する事を指す。



(3)性的な意味での調教
上記の(2)から更に転じて、性的な意味でのジャンルや単語として使われる事もある。
具体的には、可愛い女の子に様々な変態的な性的虐待を加え、最終的にそれら無しでは生きられない肉便器性奴隷にしてしまう事である。
アニヲタ的に『調教』と言えば上記の動物に対する物よりもこちらの『性的な意味』のほうが正解か。

何も知らない純粋無垢な女の子が、突如変態達の手により拘束・レイプ撃ち・浣腸ぶっかけ等々の様々な異常行為を強要され、
この上ない苦痛(や快楽)に必死に抗いながらも次第に精神が崩壊。
最終的にアヘ顔等を晒しながら『もっとオチンポ・精液欲しいにょぉぉ!?』とか、
諦めの表情を浮かべながら『もう気持ち良くなってもいいよね……』と言い快楽に溺れる姿や、
『お願いぃぃぃぃ! あなたの物になるからイカせてぇぇぇぇぇぇぇぇ!』等と言いながら涎を滴ながら腰を振る淫乱肉便器となっていく……。
……うっ……なんて卑劣なんだ! ゆ゛ る゙ ざ ん゛!

このようなシチュエーションは一部の変態達にとって勃起物だろう。
作品によっては調教完了した女の子はそのまま別の所に売られちゃう事や他の人の物になる事も。鬼畜め!
他に媚薬等の薬を用いて堕落させたりも。この外道が!

この場合、基本的に上記の(1)(2)と違って性的な描写が求められる事から調教の『結果』よりも『過程』が重視される事が多い。
つまり女の子が段階的に堕落していく様が重要なのである。
特に苦痛(快楽)に必死に抗っている女の子を更に大きな苦痛(快楽)で引きずり落とす、等の描写があれば評価は高い。

正義のヒロイン物では必ずと言っていいほどある。ここから悪堕ちに繋がる場合も。悪めぇ、なんてうらやまs、いやらし……賤しいやつめ!

また上記では調教される側が女の子の場合の事を説明したが、
逆に女王様に調教される男というシチュエーションもドM男やドSなお姉様的に十分にありだろう。

ちなみに刃物による切断や流血描写等を用いる度の過ぎた猟奇的な調教は拷問と呼ばれる事もある。
ただし拷問と調教の境界線はやや曖昧である。一般的には血が出なければ調教という意見。






追記・修正はアインちゃんかツヴァイちゃんを『あなたの物になるからイかせてぇぇぇぇぇ』と言う様に、または雌豚肉便器に調教してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/