アカギ(ポケモン)

登録日 :2011/08/20(土) 01:16:08
更新日 : 2017/01/22 Sun 15:26:24
所要時間 :約 8 分で読めます




この世界を形造るのは時間と空間の二重螺旋
そしてシンオウに奉られるのは時間と空間のポケモン
シンオウの神話、その真実を調べるべきか
失礼
どいてもらおう




ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナの登場人物。
ギンガ団の総帥。
名前の由来はトウダイグサ科の常緑高木「アカギ」から。


■概要


彼の目標は、時間を操るディアルガ・空間を司るパルキアを利用して全ての心を失くすこと。
そしてその為に、一旦既存の世界を無に帰し、新世界を創生しようとした。

なおナギサシティ出身らしく、ナギサシティには一切の攻撃を加えていない。
これには諸説あるが、「心を失くしたはずのアカギの良心が残っていた皮肉」と解釈されるのが一般的。
またファイトエリアでは、彼が「心」を憎むようになった経緯が断片的に語られる。


性格は極めて冷静。
主人公に敗れた際は「おもしろい そして きょうみぶかい」と称賛し、その強さを認めてマスターボールをくれたりと、なかなか男前な性格。
またプラチナでは、主人公にDNAについて優しくレクチャーしてくれる大人。

ギンガ団の科学技術の結晶・赤い鎖の生成にも成功した頭脳派でもある。
さらにさらにカリスマ性にも溢れており、演説では大勢のしたっぱを魅せていた。



このように、圧倒的な余裕を見せつけると同時に悪の王道を行く、まさに悪人の鑑である。


が、


ポケモン歴代悪の組織リーダーの中でも、彼はトップクラスに いじられている

何故か。

それは某福本を連想させる名前の為。
某動画サイトでは彼が登場する度に「ざわ……ざわ……」となり、2chでもアカギと鷲津がポケモン勝負を始めたりと大人気。

また「新世界の神」を自称することからよく 夜神月 とも言われたり。

プラチナではハンサムに「 あれで27歳 」とか言われたりする為、老け顔説が浮上。
極めつけにギラティナ登場時には「 この アカギに さからららららららら……!! 」とか言っちゃう為ネタ化は激化。

まあ何だかんだで愛されているんだろう、たぶん。


■使用ポケモン



プラチナではヘルガーが追加される。

悪タイプに加え凶悪ポケモンギャラドスと、ビジュアル重視の面子だが、なんだかんだで 普通に強い ので注意。
特にプラチナでのやぶれたせかいでの最終決戦は、目先のギラティナに目を奪われて適当に戦うと苦戦しがちである。
最悪全滅すると、再び山登り→やぶれたせかい探索となり鬱陶しいことこの上ない。
心してかかるように。

プラチナでのアカギは技構成がガチ仕様となっており、遺伝技や教え技、技マシンの技がふんだんに盛り込まれている。
恐らく、アカギも本当は自分のポケモンに対して深い愛情を注いでいたのではないかと思われるであろう。
ゴルバットがクロバットに進化しているあたり、それがわかるのではないか。


■その後


やぶれたせかいクリア後はストーリーに登場しなくなる。どこへ行ってしまったのだろう…


アカギの過去を知る鍵としてナギサシティの民家の老人から

「そういえば昔アカギという子供がいたような
誰とも付き合わず機械と戯れてばかり…
でもとても勉強ができたからどんなふうに育ったのかねえ」

という話を聞ける。
またロトムフォルムチェンジ配信イベントのみで見ることが出来る日記帳を書いた“少年”の正体が子供時代のアカギではないかという説がある。



出会いは突然だったよ
僕がなくしたおもちゃのロボットを見つけたとき
芝刈り機のモーターからポケモンが飛び出してきたんだ

不思議そうに僕に近寄ってきた

ポケモンは笑ったように見えた
そのとき分かったんだ、僕たちは友達になれるって
不思議なポケモンをロトムって呼ぶことにした…



(一部略/続きにはロトムとの思い出…そして別れが綴られている)


ポケスペでのアカギ】


第7章のラスボス。
概ねゲームと同じ。
ただし、 現状最強クラスチャンピオンとも誉れの高いあのシロナを追い詰めるほどの実力者
アジトにて時間稼ぎとしてシロナと対決。
彼女を挑発する事でガブリアスを(未完成の「りゅうせいぐん」による体力切れで)実質戦闘不能にまで追い詰めた。
時間稼ぎが成功した事や、自身の手持ちも疲弊していた事でこれ以上の戦いは双方無益と判断し、アカギの方から撤退。勝負自体は引き分け(実際の試合形式ではアカギの棄権負け)に終わった。
(感情表現の乏しいアカギはこの時終始余裕の表情を崩さなかったが、実際はヒヤヒヤの状態であった)
最後はディアルガ・パルキアの暴走で発生したやぶれたせかいにギラティナの力で引きずり込まれ、行方不明になった。

実はやぶれたせかいに閉じ込められており、第8章にてダイヤモンドと再会。
ダイヤモンドと共闘しつつ、その会話の中で得たものがあったようで、やぶれたせかいから帰還後はひとり責任を取ろうとしていたが、
ジュピターに自分及びマーズとサターンの責任を取るようにいわれ、彼らとともにどこかへ旅立っていった。

実は現状ではポケスペにて唯一の「改心し、まともな状態で退場した」ボスである。


【アニメでのアカギ】


CV:三宅健太
表の顔はシンオウ経済界名士であるスーツでキメた紳士だが笑みの下にギンガ団ボスという対局の顔を隠している。
ゲーム版以上に狂気的で新世界創造の野望の為ならば、どんなものでも利用し、仲間を切り捨てることもいとわない非道な支配者として描かれている。
シンオウ地方消滅を目論むもサトシ達が阻止したことにより失敗に終わる。
しかし、新しい世界の夢は潰えず最後はディアルガとパルキアが造り出した、次元の狭間へと消えていった。
アニメキャラの中でもかなり珍しい末路の迎え方であった。

声優が二代目・サカキも担当しており三宅氏は悪の組織のボスを二役やったことになる。
さらにドームスーパースター・ ヒース も彼の持ち役であることは忘れてはいけない。
ちなみに、アオギリとゲーチスも同じ声優であるが、マツブサとフラダリの声優は異なる。


この 項目を 追記修せせせせせせせせ……!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/