第2次スーパーロボット大戦Z

登録日 :2011/01/05(水) 23:15:01
更新日 : 2017/06/17 Sat 09:17:39
所要時間 :約 6 分で読めます




スーパーロボット大戦Z』の続編にして、Zシリーズ2作目。PSP専用ソフトとして発売。
今作は『F/F完結編』以来となる2部作で構成している。

前編『破界篇』は2011/4/14発売
後編『再世篇』は2012/4/05発売


【破界編の参戦作品(★は初参戦)】

機動戦士Ζガンダム A New Translation
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
新機動戦記ガンダムW
機動新世紀ガンダムX
∀ガンダム
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダム00(1st season)
無敵超人ザンボット3
無敵鋼人ダイターン3
無敵ロボ トライダーG7
戦闘メカ ザブングル
☆宇宙大帝ゴッドシグマ
☆宇宙戦士バルディオス
六神合体ゴッドマーズ
☆超獣機神ダンクーガ
獣装機攻ダンクーガノヴァ
☆超重神グラヴィオンZwei
☆超時空世紀オーガス
コードギアス 反逆のルルーシュ
☆THEビッグオー
☆OVERMAN キングゲイナー
☆創聖のアクエリオン
真マジンガー 衝撃!Z編
真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
マクロスF
★劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~(再世篇には参戦しない)
装甲騎兵ボトムズ
★装甲騎兵ボトムズ ザ・ラスト・レッドショルダー
★装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
★装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ
地球防衛企業 ダイ・ガード
★劇場版 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
天元突破グレンラガン
★劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇

【再世篇の追加参戦作品(★は初参戦)】

☆超重神グラヴィオン
太陽の使者 鉄人28号
★機動戦士ガンダム00(2nd Season)
マクロス7
マクロス ダイナマイト7
コードギアス 反逆のルルーシュR2
★劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~
★劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇

この中で、逆襲のシャアと劇場版マクロスFはユニット参戦のみ。




【寺田Pインタビュー】

  • 開発が始まったのはスパロボZスペシャルディスクを発売してしばらく経った頃
  • ギアスや00は原作が2部構成なので、破界篇では第1部を、再世篇では第2部を描いている
  • グレンラガンも話が大きく2部構成なので、その前半部分を破界篇、後半部分の一部を再世篇で取り入れる。完結まではZ3まで待たねばならなかった。
  • ダイ・ガードやトライダーは企業つながりで絡ませると面白いと思った
  • TV版Wと00を絡ませてみたかった
  • 2部構成ではあるが、破界篇には破界篇、再世篇では再世篇でオリジナルの大きな敵が存在する
  • ハードは悩んだが、多くのユーザーがいて完全新作を出したことのないPSPにした
  • 戦闘は滑らかで音声あり。遊びやすさは前作を受け継いでいる
  • 小隊システムは無い
  • 前作からの引継参戦はメインキャラのみ
  • これまで大人の事情で不可能だったガンダム系のリアル等身カットインを導入



【ストーリー(破界篇)】

破界せよ、この混沌たる時代を。

互いに交わることのないはずだった数多の並行世界。

しかし、大時空震動によって、それらを隔てる壁は破壊された。
そして、多くの世界は分裂・融合し、複数の“多元世界”が誕生した。
舞台は、その中のひとつに存在する地球。


大時空震動発生から20年が経ち、秩序の下に社会を形成していたが、未だ平穏は遠い彼方にあった。

覇権を巡って睨み合う大国、それに巻き込まれる小国、政府軍とレジスタンスの衝突、地球国家とスペースコロニーの対立、テロの横行。

それらに加え、人類には共通の敵が存在していた。
別の次元から散発的に現れる謎の生命体・次元獣である。
災害として扱われる次元獣の被害は、年を経るごとに増加する傾向にあった。

不安と怒りの火種を多くの人間が抱えたまま、今日も世界は廻る。

その先には、変革という名の戦いの嵐が待ち受けていた。



【ストーリー(再世篇)】

再世せよ、この混沌たる世界を。

破界事変から一年、地球連邦軍が樹立してから一ヶ月…。

黒の騎士団とソレスタルビーイングの壊滅、次元震による暗黒大陸の再封鎖を経て、世界に再び平穏な時が訪れる。

しかしその陰でアロウズとOZが台頭し、人々は未だに次元獣の存在に脅かされていた。



【システム】

  • エースボーナス
撃墜数が70以上を越えると、能力や命中率が上昇したり、特定のスキルパーツを得るなど様々な特典が付加される。

  • サブオーダー
シナリオで出撃しなかったメンバーを5人1組のチームで編成し、経験値稼ぎや資金調達など特定のミッションで成果を上げてくる。

  • エンブレムシステム
『再世篇』から実装。特定の条件で手に入るスキルパーツ「エムブレム」を装備することで様々なボーナスが得られる。

Z1同様、一定の条件を満たすことで行ける最終分岐シナリオ。
『再世篇』ではギアスのifが描かれる。



【旧ユニットの扱い】

続投組のグラフィックや戦闘アニメは、基本的に前作からの流用。
ただし、ガンダム系は前作でプロポーションの評価が悪かったためか全体的に修正されている。
前作を持っている方は比較してみるといいかも。

特に非難の多かったνガンダムに限っては何と戦闘アニメも含めて完全新調されており、リアルカットインの採用と相まって評価は一転した。
特に『フィン・ファンネル』のトドメ演出は評価が高い。
まさかトドメにアレとは……

破界篇では登場が後半なためか、相対的に高性能な機体が多い。
時空転移で発生した不調を理由に最強武装を使用不可になっていたが、再世篇で復活。



【主人公】
本作の主人公は一択。



【主人公機】
スコート・ラボが開発した対次元獣用機動兵器“DMバスター”の試作1号機。



【名言・ネタ発言あれこれ】

〈破界篇〉

クロウ「実力に裏打ちされた、うちのグラサン大尉達とてめえを同じだと思うんじゃねえよ」(某国連大使の趣味に対して)

クロウ「もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

ルルーシュ「やっほぉぉっ!!」

刹那「お前もガンダムだ」

刹那「あの歌も…ガンダムか…!」

刹那「お願いします。僕…このままじゃ単位が危ないんです」

ロックオン「感じるぜ。こいつはオレと同じ、貧乏くじ役の匂いがする…」

カミナ「何が紅蓮だ!俺のグレンとかぶってるじゃねえか!」

斗牙「キラさん、二股って何ですか?」
キラ「二人の異性のどっちにもいい顔をして、どっちとも付き合う事だよ」
斗牙「へえ、アルトって随分とひどい事をするんだね」

オズマ「レントンなら無害だろう」
アスラン「俺は有害なのか…」
キラ「気にしすぎだよアスラン」

ガロード「来た…!俺のハートにマイクロウェーブが!」

斗牙「あれ…?カレンって男だったっけ?」

螺旋王「ア~イモア~イモ…♪」

アルト「シミュレータより簡単だぜ!」←相手がイサm…

エイジ「顔がいいバカって犯罪スレスレだな…」

トライア「あなたならできるって、私、信じてる」

フェイ「ライトニング!」
アレックス「ボンバアアアアア!」
フェイ「ボンバーって…何?」

アポロ「へへ…俺も歌いたくなるぜ。キラッてな!」
ジュン「やめてよ、アポロ君ランカさんが汚される!」

ジュリィ「『無理を通して道理を蹴飛ばす』のパクリだな」
キラケン「パクリついでにワシも飯にするかの。パクパクといくぞ!」

隼人「目だ!耳だ!鼻だっ!」
ロゼ「お、恐るべし地球人!恐るべしZEXIS!」
カミナ「気付くのが遅ぇんだよ!」
オズマ「マシンを使わなくとも俺達は戦えるのさ!」

ジロン「辛い!?いや、苦い!?いや、酸っぱい!!そうじゃない!これは痛いんだ!」
厚井「まーずーいーぞぉぉぉぉぉっ!!」
木下「すごい!常務が口から光線を吐いて、巨大化していく…ような雰囲気!」

シモン「じゃあ、遠慮なくいただくよ」
ニア「はい!どんどん食べて下さいね!」
タケル「俺は…愛の金字塔を見ているのか…」


〈再世篇〉

クロウ(借金返済……)

エスター「あ、あたしだってな!ジュニアハイの頃まで自分のことをネコの妖精だって言ってたんだぞ!」

カレン「取ったよ、キリコ!」

キリコ「……お前は人でなしか?」

正太郎「な、何だろう…さっきから視線を感じる」←元祖ショタk…

ルナマリア「(額に)タッチしてくれないの?」
シン「バ、バカ!そんなこと…!」
ルナマリア「してくれないんだ?」
シン「…そんなことしなくても、俺達…もう恋人同士だろ…」

キラ「司令は常にエレガントです」

トレーズ「…聞きたいかね。昨日までの時点で99万9822人だ」

ヒイロ「コードX1409・EA・RAY…!」




追記・修正の向こうに良項目が見えた!
この項目が面白かったなら……\ポチッと/