ジョニー・ライデン

登録日 :2012/02/23(木) 04:06:34
更新日 : 2017/08/18 Fri 14:09:26
所要時間 :約 4 分で読めます




機動戦士ガンダムシリーズに登場する、ジオン公国突撃機動軍のパイロット。
CV:井上和彦


ガンダム本編に登場した機体の試作機や派生機、専用機を扱ったプラモデルのシリーズ、『モビルスーツバリエーション(MSV)』出身のキャラクターながら非常に高い知名度を持ち、一年戦争をはじめとした宇宙世紀が舞台のゲーム、漫画に登場する事が多い。中には主役を張っている作品もある。

ちなみに、ゲームなどで見かける細面の青年という(要はジェリド声の)グラフィックはゲームギレンの野望登場時に設定された物なので、それ以前の資料では半ば中年に近い風貌のリアル調(?)ライデンに遭遇する事もあったりする。

主な搭乗機は
など。


公式記録によるとMS185機、艦船6隻と一年戦争を通じて公国軍第3位の撃墜数を誇るエース。
真紅と黒という非常に目立つパーソナルカラーの乗機と機動力を活かした戦いから、“ 真紅の稲妻 ”の異名を取った。

一年戦争開戦時には曹長であったが、その戦果によって昇進を重ね、終戦時には少佐としてキシリア・ザビ麾下のエースパイロット部隊、キマイラ隊の隊長も勤めていた。

軍人然とした、良くも悪くも堅物の多いジオン軍においては珍しい気さくな人柄で人気を集めたが、ア・バオア・クーでの最終決戦において行方不明となり、終身中佐の階級を送られたという。



各種作品に登場する際は同じ赤系統のパーソナルカラーを使用するシャア・アズナブルを意識した描写が多く、

  • (冗談混じりだが)シャアと一方的に張り合う
  • 一方的にシャアと相性が悪い
  • 味方にまでシャアと勘違いされたうえ、お前誰?扱い
  • 奴には たらこ色 ザクの名がふさわしいぜ!→パーン

など、シャアに関わるやり取りや設定がかなり多い。元々MSVの説明書でも「連邦軍にシャアと誤認されていた」という記述があった事からこういったキャラが付いたのだろう。

……まあ、上記でなんとなく分かるだろうが、基本的にシャアの方はなんとも思っていないのだが。


シャア以外ではライデン同様MSVキャラながら有名な“白狼”ことシン・マツナガとの共演も多い。
出典の他、機種は微妙に異なるものの、ザクⅡ→高機動型ザク→ゲルググと両者同じような機体に搭乗し、またキシリア麾下のライデンに対しドズル麾下のマツナガという立ち位置が対比しやすいからか。
まあ細かい理由はともかく、並び立った際に紅白というパーソナルカラーの組み合わせが非常に映えるのは間違いない。
ギレンの野望での初対面時にはシャアと勘違いされた上「貴公など知らん」とか言われてたけど。


前述のようにMSVパイロットとして非常に有名でありながら、そのキャラクター描写はいまいち一定せず、様々なジョニー・ライデン像が存在する。
それを逆用して、長谷川裕一は「MSV戦記」でバリエーションの一極としてのライデン像を描いたと語っている。
またMSV-Rとの連動企画である「ジョニー・ライデンの帰還」では、真のジョニー・ライデンとはいかなる人物だったのかがストーリーの核になっている。


本編には一切登場しない人物ながらも人気も非常に高く、機動戦士Ζガンダムの制作発表された当初は「主役はジョニー・ライデンではないのか!?」という噂が立ったことすらあったという。


ちなみにGジェネレーションDSでは何故かシーマ様とフラグを建てていた。



ちなみに『魔法先生ネギま!』にも同名のキャラクターが登場する。元ネタは上の彼だろう。
一般人のモブ同然のキャラかと思ったら決戦の地までの運搬役になった。襲われそうになった女の子達を身を呈して守る漢気を見せた。




追記・修正は真紅の稲妻と赤い彗星を誤認せずお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/