カイ・キタムラ

登録日 :2011/03/20 (日) 16:41:50
更新日 : 2017/08/08 Tue 15:29:21
所要時間 :約 4 分で読めます





「拳一つで戦えるとは言わん…!」
「だが、拳一つを甘く見るなよ!!」

CV:西前忠久
専用BGM:RUSHING DANDY(OGs以降)

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONシリーズに登場するパイロット。初登場はスーパーロボットスピリッツの開始前を描く小説。

口髭が渋い、典型的な叩き上げタイプで階級は少佐。名前からも分かるとおり日本人で、漢字で書くと北村 開。問題児だらけのハガネ・ヒリュウ改における数少ない真面目かつまっとうな軍人であり、またパイロットの中ではもっとも階級が高いため、何かやらかした者には彼の説教が待っている。

少々老けて見られるが、まだ36歳。……って昔の同僚だった親分や食通(共に29)と比べても少々年嵩、子供も混じるハガネ・ヒリュウ改のメンバーの中ではおっさんか。というか、作中数少ない妻子(美人)持ちなのだからおっさんでいいよね?ゲシュペンスト爆発しろ

高い操縦技術を持っており、かつて人型兵器のモーションを構築するための特殊部隊、特殊戦技教導隊に所属していたこともある。
レナンジェス・スターロードを差し置いて
究極! ゲシュペンストキック のモーションを作ったり、ゲシュペンストで背負い投げかましたりできると言えば、その技量が分かるだろうか。

そのため、当時から現在まで乗機としているゲシュペンストシリーズへの思い入れはギリアム同様人一倍強い。

OG1では極東基地所属部隊の指揮官として登場。何度かのスポット参戦を経て、ハガネ・ヒリュウ改に合流する。(キョウスケ編のみ。GBA版なら、バグでリュウセイ編でも使用可能)

OG2では新たに設立された新教導隊の隊長として登場。新型機を奪われたこともあり、部下となったラトゥーニ達と共に新生DCとの戦いに駆り出されることとなる。リオンシリーズや量産型ヒュッケバインMkⅡが軍の主力になりつつある中、量産型ゲシュペンストMkⅡを使用する数少ないパイロットとなっている。

OG外伝でも引き続き教導隊隊長を務める。アラドやゼオラが部下に加わったこともあってか、軍人というより父親じみてきている。ギリアムと共に主導したハロウィン・プロジェクトによりねんがんの量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ改を完成させ、DC残党や修羅達との戦いに臨む。

ちなみに、新旧教導隊に所属する唯一の人物にして、新旧教導隊で“敵になることのない”数少ないキャラクター。旧教導隊はゼンガーエルザム、テンペストがDCに所属、カーウァイも敵として登場。新教導隊もラミア、アラド、ゼオラは元々敵な上、外伝ではラトゥーニを加えた4人が敵として登場するステージがある。
一時期所属していたライはOG1キョウスケ編で(訓練とはいえ)敵として登場し、旧教導隊最後の一人ギリアムに至っては元「ヒーロー戦記」のラスボスである。

ゲーム内での性能は、量産型ゲシュペンストMkⅡに乗っている割に完全にスーパー系。まあキックの件を考えるとそちらが本領ということだろう。

精神コマンドも直撃(OGsから)、熱血、必中、不屈、集中、気迫、魂(ツイン)と攻撃的。OG1でこそ活躍の機会が少ないが、OG2や外伝では序盤からの熱血、魂持ちとして活躍できる。ヒリュウ改に置けるカチーナと同じようなポジション。

また、2以降は艦長以外で唯一指揮官技能を自前で所持。付近のユニットの命中回避を確実にサポートしてくれる。自身には効果がないが、信頼補正の相手が旧教導隊メンバーのゼンガー、エルザム、ギリアムに加えて謎の食通と、主力としやすい顔ぶれなのも好材料。特に、地味に命中率の悪いゼンガーに二重の補正はありがたい。ツインにすれば魂もつくし。

Lv3(最大Lvは4)までしか伸びないので、育成で+1するとなお安定する。

機体は男ならデフォルト機体のゲシュペンスト系一択 ……と言いたいが、1や外伝はともかく、2だと隠し機体であるゲシュペンストMkⅡ・タイプSの取得のためには量産型ゲシュペンストMkⅡだとちょっと辛いか。


追記・修正は拳一つでよろしく。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/