メブキジカ

登録日 :2011/07/13(水) 01:36:37
更新日 : 2017/02/20 Mon 10:47:14
所要時間 :約 5 分で読めます






図鑑No.586
分類:きせつポケモン
英語名:Sawsbuck
高さ:1.9m
重さ:92.5kg
タマゴグループ:陸上
タイプ:ノーマルくさ

図鑑説明
季節によって 角に生える草花が変わる。立派な角の持ち主が 群れを率いている。

種族値
HP:80
攻撃:100
防御:70
特攻:60
特防:70
素早:95

特性:ようりょくそ(晴れの時に素早さが2倍になる)
  :そうしょく(受けた草タイプの技を無効にし、攻撃が1段階上がる)
隠れ特性:てんのめぐみ(技の追加効果の発生率が2倍になる)

シキジカがLv34でメブキジカに進化する。


ツノが樹木状になった鹿型のポケモン。
季節によって姿を変えるため、人々はメブキジカを見て季節の移り変わりを感じる。
その性質から、メブキジカが春を運んでいるのではないかとも言われている。


・ゲームでのメブキジカ


シキジカの進化形。

シキジカは6番道路や7番道路等で捕まえることが可能である。
メブキジカ自体もリュウラセンのとうにて捕まえられる。

シキジカ、メブキジカ最大の特徴として 季節によってその見た目がガラリと変わる事 である。

ゲーム内でも6番道路にある季節研究所にて、季節によるシキジカの変化の研究を行っており、
季節毎の姿をしたシキジカを研究員に見せるとリーフのいしを貰うことができる。

姿によって能力が変化するわけではなく、ボックスに入れたままであればフォルムは変化しないので、
好きなフォルムのまま預けておけばいつでもお気に入りの姿のメブキジカで戦うことが出来る。

余談であるが上記の方法で2種以上揃えて、研究所で見せたあと再度研究所に入ると、秋なのに春や夏のシキジカを捕まえてきたと言う研究員を見ることができる。
いやいや季節おかしいですよ。


・対戦でのメブキジカ


高めの攻撃や素早さと恵まれた種族値を持つ速攻物理アタッカー。
草タイプだけあり耐性面では難があるが不一致程度であれは一撃程度は耐えきる事は可能。
攻撃面ではノーマル/草は意外と範囲が広くはがねタイプや草半減のゴーストタイプ以外には等倍で攻撃することが出来る。

特性も個性的で、それぞれ大きく異る運用が可能。
同じ草タイプに圧倒的優位に立てる「そうしょく」、晴れパ随一の攻撃範囲から苦手を刈り取る「ようりょくそ」、追加効果重視の「てんのめぐみ」もある。
ただし素の状態では現状それほど高くない攻撃や素早さ、半減の多い草技メインなので闇雲に突っ込むだけでは反動ダメージ含めて短命になりがちなので注意。

メインウェポンの「すてみタックル」やBWから登場した「 ワイルドボルト 」等、反動ダメージがあるとは言え優秀な技を持つ。
また、「 ドレインパンチ 」の草版とも言うべき攻撃後に与ダメージの1/2のHPを回復する「 ウッドホーン 」をタイプ一致で扱える。
おかげで上記の技の反動や「いのちのたま」のデメリットもそれほど気にならない。
また、「てんのめぐみ」型では「ひみつのちから」が威力105で6割の確率で麻痺させるという「おんがえし」よりも遥かに強力な技となる。

サブウェポンとしては鋼対策の「 とびげり 」、同じ草タイプに対して優位に立てる「 メガホーン 」を使用できる。
とびはねる 」はやどみがコンボのターン稼ぎに使えるほか、「てんのめぐみ」型なら「ひみつのちから」と同様6割麻痺も狙える。
いわくだき 」の防御ダウンも「てんのめぐみ」型では100%発動し、交代されない限り「 グロウパンチ 」と同じ恩恵を得られる。
その他、きのみ種類によって自由にタイプが決まる「しぜんのめぐみ」も覚えられる。
オススメのきのみについては草タイプの項目を参照。

なお、地形によって出す技が変化する「しぜんのちから」も習得できる。
第五世代まで対戦時に「じしん」として扱われたが、第六世代では「トライアタック」になるため使いにくくなった。

補助技に関しても
やどりぎのタネ 」「 こうごうせい 」「 くさぶえ 」等草タイプ特有の嫌らしいものから「 でんじは 」も使うことができる。
自身の強化の「つるぎのまい」や「こうそくいどう」も覚え、更には「バトンタッチ」も使える。 なんだお前。
とは言え、単なるバトン役としては特性「かそく」を持つポケモンの方が使いやすいか。


・ポケモン立体図鑑BWでのメブキジカ


曰く、 『本作最大の壁』

本作は自分一人で図鑑を完全に埋めることが不可能な仕様になっており、手に入らないポケモンは他の人から通信でデータを貰うしかない。
具体的に言うと、♂と♀で姿が大きく違うケンホロウ、プルリル、ブルンゲルは♂♀どちらかしか手に入らない。
(ただし、プルリルとブルンゲルの性別は共通になる)
ムカつく顔に定評のある三猿はいずれか一系統しか手に入らない。

レシゼク道場主の場合は、
イベントで限定配布されたARマーカーを読み込んでゲットするしかないという酷い仕様。
(ただし今現在ではARマーカーはネット上でホイホイ見つかるため、酷いどころか一番緩い仕様)

そして問題のメブキジカに関しては進化前のシキジカ共々、
のいずれかしか手に入らない という鬼畜仕様。
(ただしこちらもシキジカとメブキジカの季節は共通になる)
当然ながら、どの季節のシカが送られてくるかはソフトごとに完全ランダムで決まる為、図鑑のコンプリートが異常に面倒臭くなっている。

周りでこのソフトをやっている友人五人全員のシカの季節が秋だという笑うしかない事態が発生する可能性もあるので、
図鑑コンプを目指す人はまず何よりも交換相手のシカの季節を天に祈るべし。
もしくはポケモンイベントの会場等、データ交換をしてくれそうな人が多そうな場所に行ってみることをお勧めする。





メブキジカ「追記・修正を邪魔するやつは!馬に蹴られて地獄に落ちろ!」
トビゲリ!

「お前鹿じゃねぇか!」

先代馬「いやお前もどっちかってと驢馬じゃん」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/