不思議のダンジョン2 風来のシレン

登録日 :2010/03/18(木) 21:31:32
更新日 : 2016/11/09 Wed 09:26:53
所要時間 :約 4 分で読めます




1995年12月1日にチュンソフトから発売されたダンジョンRPG。
トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」に続くダンジョン探索型RPGのシリーズ第二弾であり、「風来のシレン」シリーズ一作目。
後にDSにてリメイクされたり、WiiのVCで配信された。



■あらすじ

風来人シレンが黄金のコンドルが棲むと言われる、幻の黄金郷の伝説を求めてテーブルマウンテンを登頂する。

洞窟ダンジョンのほか林や峠など屋外フィールド、さらには集落や町が登場し、旅の途中での体力回復・アイテムの購入ができるようになった。



■ダンジョン

  • テーブルマウンテン(30階)
こばみ谷とも呼ばれる。
屋外フィールドとテーブルマウンテンという山の中がメイン。
村や集落ではイベントが発生し、仲間が増えたり新たな店が出現したりする。
30階にいるボス、魔触虫を倒せばクリア。
これをクリアしないと他のダンジョンはプレイできない。
DS版では途中まで往復が可能。

  • 掛軸裏の洞窟(99階)
ダンジョン内の罠と武道(ワナ道)を駆使し、上手くモンスターを罠に掛けながら進めるダンジョン。
16F以降にいるガイバラに話しかければクリアだが、無視して潜り続けることも出来る。
突入時にワナ師の腕輪を装備している。

  • 食神のほこら(99階)
モンスターに変身できる肉をメインに使って進めるダンジョン。
一定の確率で倒したモンスターを肉にする「ブフーの包丁」を最初から装備した状態から始まる。
25F以降にいるナオキに話しかければクリア。無視して潜り続けることも出来る。

  • フェイの最終問題(99階)
掛軸裏の洞窟、食神のほこら、フェイの問題全問をクリアすると現れる最終ダンジョン(DS版では掛軸裏と食神は一回ずつプレイするだけで可)。
杖・壷・腕輪のほか、草・巻物までもが未識別状態で登場する。
要は「もっと不思議のダンジョン」。
序盤こそ運の要素が強いものの、あらかた識別ができた中盤以降は豊富な種類の道具をどれだけ活用できるか、真の実力が問われる。


◇DS版で追加されたダンジョン

(全てアイテム持ち込み可)

  • 魔蝕虫への道(99階)
魔蝕虫が封印されていた洞窟をさらに奥深く潜っていくダンジョン。
31Fから始まる。
40Fから10階ごとに魔触ソルジャーが待ち構えていて、99階にいる魔触クイーンを倒せばクリアとなる。

  • 儀式の洞窟(30階)
キグニ族のダンジョン。
ほとんどの階にキグニ族系・火炎入道系のモンスターが出現する。
30Fにいるキグニ王を倒すのが最初の目的である。
一度クリアするとレアな武具が出現するようになる。

  • 死者の谷底(50階)
DS追加ダンジョンの中で最難関。
アイテムがほとんど出現しない上にそのほとんどがギタン。
モンスターハウスの出現率が高い上に偽階段(ワナ)がある。
26階以降にいるペケジに話しかけるか、転送の方印に触れたらクリア。



■登場人物

  • シレン
主人公。
友の形見である三度笠と縞合羽を身に纏い、語りイタチのコッパと共にこばみ谷へとやってきた風来人。
今回は亡き友との約束を果たすため、テーブルマウンテンの頂上にあるという「太陽の大地」を目指す。

  • ペケジ
「シレンの弟」を自称するゾウリ頭の男。
シレンを兄貴として慕う。
最初はドジが多いが、何回か仲間にするたびに成長する

  • お竜
目潰しのお竜とも呼ばれる。
目潰しで恨みを買った相手に襲われそうになった所をシレンに助けられ、以後改心して旅仲間となる。
サバサバとした姉御肌。

  • 座頭ケチ
指圧師としてこばみ谷を行脚する盲目の男。
居合いの名手でもあり、実は盲目ではないスケベオヤジ。
指圧される時は気をつけて。

  • ボーグマムル
DSで追加されたNPC。
フェイの最終問題をクリア後に仲間になる人造マムル。
要求する様々なアイテムを渡す事で、より強くなっていく。

  • ガイバラ
山頂の町にいる陶芸家のオッサン。
合成の壺を作ってくれる。
元ネタは名前でわかる。
料理評論家でもあるが、女将を呼べなどと言ったりはしない。
ちなみにトルネコの大冒険2にも似た名前の人が登場する。

  • ナオキ
さすらいの料理人。
ある料理屋を立て直す。
冒険中にたまにおり、ブフーの杖[0]をくれる。
その後マムルの肉を渡すと料理を作ってくれる。


DS版では冒険中に倒れても(泥棒除く)、Wi-fi通信やパスワードで一回の冒険につき三回まで救助可能。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/