フレン・シーフォ

登録日 :2009/10/30(金) 03:46:46
更新日 : 2017/05/12 Fri 14:34:30
所要時間 :約 4 分で読めます





テイルズ オブ ヴェスペリア』の登場人物。


プロフィール

年齢:21歳
身長:180cm
武器:剣、バラの花束
サブ:盾

概要

帝国騎士として、法の下による秩序と平和の実現を志とするフレン
下町に生まれ育ち、貧しい者たちが圧政により苦しみ、権力や金を持つ者が、法を傘にしてのさばっている現実を、騎士になる事で、内部から変革しようとしているのだ


「手柄を立て、信頼をかちとり、帝国を内部から是正する」――フレンは、着実に騎士として任務をこなすが、夢の実現にはほど遠かった……。


ユーリとの関係は下町の親友であり、ライバルでもある。
(剣の腕ではいつもフレンが勝っている)

完全な孤児であったユーリと違い、フレンには両親がいた。しかし騎士だった父親は魔物の襲撃から下町を守ろうとして亡くなっている。

以下ネタバレ










「騎士の巡礼」と称して、行方不明(誘拐)になった次期皇帝候補のヨーデルを捜索しているところ、追ってきたユーリ達(主にエステル)にノール港で会う。

フレンがカプワ・ノールにいたのは、非道を繰り返す執政官のラゴウを監視するためだが、彼の絶大な権力によって潜入はなかなか出来ずにいた。
そこで、ユーリ達がラゴウの屋敷で大暴れする事を予測して待機しており、結果として潜入に成功した。
後にラゴウ達の乗り捨てた船に行方不明になっていたヨーデルを発見し、目的を達成する。

このゲームを通して、フレンは小隊長→隊長→騎士団長代理と大出世。

…が、ほとんどの功績はユーリ達がやったものであるため、この出世に関してやや謙遜気味である。
隊長になってからはユーリとの間で亀裂が入り、刃を向けた時は誰もが殺し合うかと思ったが、別にそんなことはなかったぜ!

箱版ではシナリオ終盤での戦闘で加入(1度のみ)。ムーンセレクタを持っていれば操作できるが、スキル、装備変更不可。技の数も少なく、性能自体かなり半端な状態になっている。仕舞いには秘奥義どころかFSすらできない。
一応内部的にはパーティインの処理がされているのか、イベント後「フレンと別れました」というメッセージが出る。
PS3版では同行する場面が増えた。ガスファロスト、バクティオン→ヘラクレス、ザウデ不落宮で一時的に加入し、箱版と同じイベントとボス戦を経て、オルニオン完成後に正式の仲間となる。 *1
それに伴ってキャラの基本性能が整備され、各種技が増加、調整された。


料理

ちなみに料理を作るのは上手だが、絶望的なまでの味音痴。
ジュディス曰く、常人だったらあんな味付けはしないらしい。ユーリが料理上手になったのは、フレンの料理を食べさせられるよりかは自分で作った方がマシだったから。
成功作と失敗作の味の落差が激しいため、フレンが料理当番だとパーティメンバーは冷や冷やしながら待つ羽目になる


その味音痴っぷりはRM3でも発揮されており、アーチェリフィルナタリアの××料理人3人衆が作った料理を絶賛したり、ファラの『自信作』のタバスコたっぷりオムレツを、「これくらいが丁度いい」と言ったりしている。

ちなみに、前者ではアスベルが、
後者ではアッシュアニスが犠牲者に。
フレンが先に食べさえしなければ……

性能

長所
  • バランスのとれたステータス
  • ナイスガイ
  • スキルで天使並みに固い
  • 回復も多彩
  • ほとんどの武器が使い回せる
  • 次元斬が強い
  • 近距離、遠距離で使い分けられる

短所
  • 防御系以外のステータスがユーリに劣る
  • 操作感が悪い
  • 攻撃速度がマターリ
  • 技は増えたが、殆んどの技にダウン効果があるため、まともな技があまりない
  • 秘奥義が弱い
  • フレンビームの扱いどころの難しさ
  • 劣化歴代主人公技

専用スキルによっては、味方のダメージやTP消費を肩代わりしたり、ボスの秘奥義クラスを平然と耐えたりする。


秘奥義(スペシャルが必須)

☆光竜滅牙槍
  • 光属性の秘奥義
  • 最初の衝撃波を与えないとダメージとヒット数が下がる
  • 言い方とカットインはギルティギアのカイ・キスクにかなり似ている
  • 弱い

☆炎覇鳳翼翔
条件:紅蓮剣と剛・紅蓮剣の使用回数100回かつOVL4で紅蓮剣か剛・紅蓮剣を出したまま○、×を押し続ける
  • 炎属性の秘奥義
  • 他と比べて演出は派手だが威力は微妙
  • 実は突撃している訳ではない

☆武神双天波
条件:ユーリの蒼破刃とフレンの魔神剣、両者の守護方陣の使用回数100回かつ、絶風刃と武器クラウ・ソラスのイベントをクリア
ユーリとフレンが戦闘メンバーにいて、双方がスペシャルを付けてOVL4になってる状態で奥義以上を出したまま□、○、×を同時押し
  • 光と闇属性の秘奥義
  • 正直、ユーリが出した方が強い
  • ACSではどっちで出しても威力同じだよ!やったね!

フレンの名言(迷言)


「そろそろエステリーゼ様を帰してくれないか?」

「想いは全て、この剣に乗せる」

「あ!コケた。」

「確かに圧倒的……じゃなくて!」

「エステリーゼ様が80点、ジュディスが2兆点で、リタが2点で、パティがマニアックなんだ」

「あれじゃ爪竜連牙蹴になってしまうよ」

「君こそボクの誇りだよ。親友」

「そろそろイカせてもらうよ!!ハッ!ハッ!ハッ!」
→女魔術師「もう…ダメ…」

「この事態…俺が何としても止めてみせる」
「皆、俺の話を聴いてくれ!」
クレスのコスプレをしつつガ○ダムマイスターになるとは器用な…

PROJECT X ZONEシリーズでの活躍

◇『PROJECT X ZONE
ソロユニットとして初参戦。
ユーリたちとはぐれて転移しデビロット姫の護衛にされそうになっていた。
戦闘前後掛け合いでは実直な騎士ゆえ好意的にみられることが多い一方、常識人ポジのため相手に振り回されることも多い。
一時期公式サイトの項目が毒島のものに誤植されてしまっていたために、一部プレイヤーからネタにされることも。

◇『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD
ユーリとのペアユニットに昇格。
プロローグでは星喰みの残党を追って神竜の大地に転移し、ワルキューレやクロム達と共闘。
その後は何とか帰還し、ハルルの町で行方不明になったエステルを捜索していたらせがた三四郎と遭遇し、ユーリの発言がもとで戦闘になるも、
フレンが「命がけで世界の異変を調査している」と説得したことから和解。共にベガに洗脳されたエステルの救出にあたる。
今回の戦闘前後掛け合いでは料理ネタが多めで、ユーリから不安がられたり引かれたりしている。


名前の由来はユーリにとってのfriend(フレンド)=友達だから。



「想いは全て、この追記・修正に乗せる」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/