Dokuro(ドクロ)

登録日 :2012/06/29(金) 03:23:28
更新日 : 2017/03/29 Wed 12:46:08
所要時間 :約 5 分で読めます




骨身を削って姫に尽くす、

骨太ギミックアクション


『Dokuro(ドクロ)』とは2012年7月5日発売のPS Vita専用ソフト。
ジャンルは骨太ギミックアクション。
簡単に言えば横スクロールアクション+パズル的なゲームである。
開発元はGungHo(ガンホー)。
チョークタッチで描かれた絵本の様な世界観が特徴的で、レトロな音楽も相まってどこか懐かしさが感じられる。


『ストーリー』
平和に暮らしていたお姫様がある日、結婚したいという魔王にさらわれる。
姫は婚礼の支度ができるまで城の塔の中に閉じ込められてしまう。
彼女の見張りを命じられたのは魔界の下っ端ドクロ。
ドクロは泣きじゃくる姫を見て彼女を逃して元の暮らしに帰してあげたいと思うようになる。
ドクロはついに魔王を裏切る決心をし、姫を逃がす事に。
かくしてドクロと姫の、罠だらけの魔王城からの脱出劇が始まったのだった……


『キャラクター』

Dokuro(ドクロ)
主人公であり、魔界の下っ端。
魔王に拐われた挙句、無理矢理結婚させられる姫を見て彼女を脱出させる事に。
姫からは姿が見えない(要はポルターガイスト)悲しい存在。
魔法の薬を飲むと数秒間だけ後述のイケメンに変身できる。
可愛くて勇気ある二頭身。

Hero(イケメン)
名前の通りイケメンなヒーロー。
ドクロが魔法の薬を飲む事でこの姿になる。
この時の姿は姫にも見えている。
イケメンを操作してる時は背景がカラーになる(ドクロは全体的に灰色)。

Princess(姫)
魔王によってどこかの王国からさらわれてきた、世間知らずのお姫様。
どこぞの探検家並に段差も降りられないか弱い存在。
行き止まったり、彼女の見える範囲に危険が及ばないと基本的にズカズカ進んでしまうので、ドクロとイケメンを駆使して守らなければいけない。
微力なればと姿の見えるイケメン(=ドクロ)にお守りの鐘を渡した。

Dark Lord(魔王)
姫をさらい、結婚したいと願う魔族の王。デカい。
怒らせるととても怖いらしい。
腰巾着である司祭の作った魔法の薬を飲んだ時は、シュールなマッチョに変身した。


『アクション』
目的は姫の脱出を手伝うこと。
基本的に姫は何の躊躇いもなしにステージを進むので、不意を尽くトラップには普通に引っ掛かってしまう。

姫は攻撃もジャンプもできず、敵に遭遇しても逃げる事しかできない。
その為、邪魔となる障害やギミックを排除、攻略していかなければいけない。

主人公ができるアクションは□ボタンによる攻撃、×ボタンによるジャンプ、要所で使える○ボタンのアクション、そして画面タッチによるギミックである。

魔法の薬を手に入れると右上のゲージが0になるまでイケメンに変身できる。
イケメンに変身する時はスクリーンをダブルタップ。
逆に、ドクロに変身する時は背面タッチパッドをダブルタップすればいい。

体力はドクロ、イケメンの胸にある鐘の色で分かる。ダメージを受けるにつれて色が に変化し、無色の状態でダメージを受けると 頭が欠け 、この状態でさらにダメージを受けると 昇天 して最後のエリアからやり直し。
エリア最後の華を見る事で全快する。


ドクロのメリット
■攻撃する事で敵や攻撃の一部を押し戻す事ができる。ただしダメージは与えられない。
■二段ジャンプができるのでイケメンより高い所へ移動できる。
■イケメンに比べると約一頭身分背が低いので、狭い場所への潜入や回避に向いている。

イケメンのメリット
■剣による攻撃でダメージを与えられるのでボス戦には不可欠。また、ロープの切断が可能。ただし、ドクロの様に敵を吹き飛ばす事はできず、ダメージを与えられない敵がいる。
■姫に近寄って○ボタンを押すと「お姫様抱っこ」ができる。姫が降りられない段差を降りたり、姫を連れて早く移動したい時に重宝する。同時にジャンプや攻撃ができない無防備な状態になるので注意。
■ドクロに比べて背が高いので溺れづらい。


『ギミック』
魔王の住む城には数多くのトラップが存在する。
姫は攻略してる時も移動しているので、素早く的確にギミックを解いていこう。


チョーク
画面をなぞる事でチョークを描く事ができる。
白はロープを描き、切れているロープを伸ばす事ができる。
赤は導火線になり、火種があれば先にある物に火をつけられる。
青は凹んでいる箇所に引くことでその場所を水面にし、水を発生させられる。
複数のチョークがある場合、切り替えはLボタンで行う。

重力反転装置
起動させると文字通り重力が逆になり、天井が地面に、地面が天井になる。
この時、人や箱等固定されてるもの以外は天井に落下するので、押し潰されない様に気を付けよう。

魔術師
画面を白く塗りつぶすいやらしい攻撃をしてくる。
スクリーンを擦って黒板消しの要領で振り払うか、直接倒そう。

公爵夫人
夫人の攻撃に当たると所定の位置に戻される。箱などを盾にすれば防げる。叫び声が高いので音量注意。

コイン
ボス戦も含め、必ず1エリアに1枚ある。
コインを入手した状態でエリアを攻略しないとカウントされず、何度も配置される。








スタッフロールの最後にはこんな文章がある。



私達がプロジェクトを始める所だった時、東日本大震災が2011年3月11日に襲いました。
それは私達全ての忘れがたい日になりました。
このゲームは、東日本大震災、及び津波(特に絵本を読むのが大好きだった幼い子ども)の全ての犠牲者に捧げます。
私達の考えと祈願はそれらを持っています。



ただのパズルゲームではなく、東日本大震災への復興を込めた作品だと言うことをここに書き加えておく。



追記、修正は「お姫様抱っこ」しながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/