メタルギアオンライン

登録日 :2011/02/24(木) 15:21:21
更新日 : 2015/10/16 Fri 13:13:08
所要時間 :約 6 分で読めます




メタルギアオンラインはコナミデジタルエンタテインメントの小島プロダクションが開発した、メタルギアシリーズを元にしたオンラインゲームである。

本来のメタルギアシリーズを、インターネットに介し多人数同時プレイ用のオンライン対戦ゲームとして再構築したアクションシューティングゲームが『メタルギアオンライン』(MGO)である。

メタルギアソリッド3 サブシスタンス(MGS3)にもメタルギアオンラインはあったが、この項目ではメタルギアソリッド4(MGS4)の方を説明する。

MGS3のメタルギアオンライン(旧MGO)の後継となる作品で、『メタルギアソリッド4』に本作の「スターターパック」が収録された。
もちろん単体でも発売されているので、メタルギアシリーズには興味がないけどMGOだけが興味がある方はそちらをどうぞ。



旧MGOでは最大八人対戦であったが、今作では最大十六人対戦が可能。
また、仲間との連携を深める「SOP」やキャラクタの能力を上昇・拡張させる「スキル」などの新要素が追加された。

○ルール

  • デスマッチ (DM)
自分以外のプレイヤーは全て敵。

  • ステルスデスマッチ (SDM)
全員がステルス状態でのデスマッチ。
時間とともに行動範囲が狭くなるほか、アラーム機能があり、近くに敵がいる場合動く度ににアラーム音が鳴る仕様。一度でも死亡すると復活することはできない。

  • シングルキャプチャーミッション(SCAP)
一つのケロタン(ターゲット)を全員が奪い合う。所持するとカウントが減っていき、最初に0にしたプレイヤーが勝利。
このルールでは倒した相手のカウントが減ってしまうという特徴があり、無闇に敵を倒していると不利な状況に陥る。

  • チームデスマッチ (TDM)
レッドチームとブルーチームに分かれてのチーム戦。相手プレイヤーを1人倒せば相手側のチケットが1つずつ減っていく。
先に敵チームのチケットを0にした方が勝利、制限時間内に決着がつかなかった場合はチケットが多いほうが勝利となる。

  • キャプチャーミッション (CAP)
レッドチームとブルーチームに分かれて、ステージ内にあるケロタンとガーコを巡っての奪い合い。
ケロタンかガーコを入手し、自陣にとどまり続けるとカウントが減っていき、先に0にしたチームの勝利。
両陣にターゲットを設置するとカウントがリセットされる。延長ルールが有効の場合はリセットされず、カウントが止まるのみ。
二つのターゲットを自陣に置くとカウントが減る速度が速くなる。制限時間内に決着がつかなかった場合はカウントが少ない方が勝利となる。


  • 拠点制圧ミッション (BASE)
レッドチームとブルーチームに分かれて、マップに点在する拠点を制圧していく。
全拠点を制圧するか、制限時間が終了した時点で制圧した拠点の数が多いチームの勝利となる。

  • 拠点爆破ミッション (BOMB)
爆弾設置チームと爆弾解除チームに分かれ、設置チームは爆弾によってマップに点在する二つの内一つの拠点を爆破することで勝利となる。
解除チームは冷却スプレーにより設置された爆弾を凍結(解除)でき、爆弾の残数3を0にすることで勝利できる。

  • レースミッション (RACE)
レッドチームとブルーチームに分かれ、レッドチームはガーコを、ブルーチームはケロタンを、それぞれのチェックポイントに規定回数通過させたチームの勝利となる。
チェックポイントは、一度通過する毎にランダムで位置が変更される。

  • レスキューミッション (RES)
攻撃チームと防御チームに分かれ、ガーコをめぐり争う。
攻撃チームは守備側陣地内にあるガーコを入手しゴールに持ち帰るか防御チームを全滅させることで勝利となり、制限時間終了時にガーコを所持していても勝利できる。
防御チームは制限時間までガーコを守りきるか、攻撃チームを全滅させれば勝利できる。一度でも死亡すると復活することはできない。

  • チームスニーキングミッション (TSNE)
潜入チームと防御チームに別れ、潜入チームはステルス迷彩が装備でき、ガーコとケロタンのどちらかをゴールに運ぶか、防御チームを全滅させれば勝利。
防御チームは、ガーコとケロタンを制限時間いっぱい守りきるか、潜入チームを全滅させれば勝利となる。
装備選択時、潜入チームはスタンナイフ以外の殺傷武器、防御チームはスタングレネードなどの非殺傷武器を選択できない。ただし、相手から奪い取ることは可能。

  • スニーキングミッション (SNE)
レッドチームとブルーチームに、スネーク&メタルギアMk.IIが加わっての三つ巴戦。
スネーク側はレッド・ブルーチームのプレイヤーを気絶させるかホールドアップさせてドッグタグを奪い、3枚入手すれば勝利。
レッドチームとブルーチームはスネークを規定回数殺害するか、制限時間が切れた時点で敵チーム殺害回数の多いチームが勝利。

  • インターバル (INT)
休憩時間

大体のルールが二ラウンド制である。


○ドレビンポイント(DP)
チームスニーキングミッション・スニーキングミッション以外のルールで設定することが出来る。
リスポン時の武器選択画面でカスタムパーツや武器の購入に使われる。
獲得した合計DPは画面右上に表示され、使用したらその分DPが差し引かれる。基本的には試合中に活躍することで手に入る。
獲得したDPは次ラウンドに持ち越すことが可能である。次ゲームに持ち越すことはできない。

○SOPシステム
SOPとは"Sons Of the Patriot"の略であり、MGS4本編にも登場する同名のシステムを元にしている。
一定の範囲内に味方PCがいる時にコネクトし、味方PCがチームカラーで点滅したら成功。
これによりコネクトした味方PCの輪郭がチームカラーで光って見え、壁越しでも表示される。他にも味方、自分が仕掛けたトラップが見えるようになる。

○クラン
プレイ時間が20時間以上、かつレベルが3以上のプレイヤーは、自らリーダーとなってクランと呼ばれるチームを創設できる。
他のプレイヤーを参加させて規模を拡大でき、独自のエンブレムを作って名前の横に表示させることも可能。

○スキル
PCにさまざまな能力を付加するシステム。
スキルをつけることによって、移動速度が上昇したり、特定の武器の反動が抑えられるなどの効果がある。
スキルにはそれぞれコストとレベルが設定されており、4コストまでのスキルを装備できる。
また、戦闘中に各スキルに応じた行動を行うことで、スキルの経験値(EXP)が上昇していき、新しくスキルを習得したり、レベルを上げられる。


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/