竿酒/コンブ酒/キノコ酒

登録日 :2011/12/17(土) 05:02:44
更新日 : 2017/03/10 Fri 09:30:53
所要時間 :約 8 分で読めます




竿酒とは、正座させた男性の太股と股間の溝にできたトライアングル地帯に酒を注ぎ、酒器に見立てて酒を飲む行為。
いわゆるワカメ酒の男性バージョンである。

女性と違い、陰茎が邪魔になるので横から啜るようにして飲む。
愛好家はその煩わしさ・奥床しさも含めて好きなんだとか。

竿が見えるから竿酒。
それがキノコのように見えるからキノコ酒とも呼ばれる。
またワカメ酒に対してなのか、コンブ酒と言う呼称もある。

まあ 良い出汁が取れる だろうから中々に正鵠を射た表現かもしれない。

出汁が流れ出るくらい洗わずに熟成させたキノコを使うか、ピカピカに洗い上げたキノコを使うかは好みに依る。
その時の気分でお好みの味わい方をチョイスしよう。

また 竿を股に挟んで隠せば 擬似・ワカメ酒を楽しむことができる。
まさに一石二鳥、一挙両得、一兎を追って二兎を得るかの如き素敵なお遊びであろう。


またその魅力は何といってもコストパフォーマンスにある。

スーパーで買った安物のワンカップが忽ち純米大吟醸クラスの味わいに変貌し、イチキュッパの特売ワインがロマネ・コンティに優るとも劣らぬ逸品に変化するのだ。

また恥ずかしがりながらも貴方のためにその肉体を提供してくれる男性の気持ちを考えると……ふう

お酒をこぼさないようにちょこんと脚を閉じて正座をする姿はとてもいじらしくキュートである。

どうしてもやってみたくて堪らないという場合はまず自分の体を使って試してみるのも一興だろう。
ただし無理に飲もうとすると脊椎を損傷したり背骨を傷めたりするので注意が必要。


■嗜好の種類

愛好家にも様々な嗜好が存在する。

◆イケメン酒
ジャニーズ系の男性にやらせる。
男体盛りと並び、人気アイドルが枕営業とかでやらされていそうなプレイのツートップ。
細くも逞しいその足に注がれた酒は……圧倒的ウホッ……!

◆ガチムチ酒
筋肉質な男性にやらせる。
体育会系の若さあふれる青臭さムンムンの若毛深から、三十路を過ぎて最近少し弛んできた熟練兄貴まで幅広くOK。
脚が太いから酒がこぼれにくいと言う利点もある。
兄貴の逞しくぶっとい脚と、大きなキノコを味わおう。
……幸せや

◆オヤジ酒
四十を過ぎたオヤジにやらせる。
突き出た腹や陰毛に混じる白髪、淫水焼けしたキノコは熟成されたコクのある味わい。
ワカメ酒を味わったことがあるようなノンケのスケベオヤジなら、恥じらいつつも以外とノリノリでやってくれるかもしれない。
お互いのデルタ地帯にお酒を注ぎ合って楽しもう。

◆ジジイ酒
還暦を過ぎた爺さんにやらせる。
萎びた干ししいたけと侮ることなかれ。
完熟した極上の松茸からは極上のお出汁が出る上に、ふとしたきっかけで全盛期の勢いを取り戻すことも少なくない。

◆スポーツ酒
たっぷりと運動した後のスポーツマンにやらせる。
香ばしい汗と豊潤な塩味がプラスされお酒の味も急上昇間違いなし!
「汗臭いッスよ」と照れる姿を見て楽しい、運動後の荒い呼吸を聞いて楽しい、滲み出る体液を味わって楽しいとまさにいいこと尽くめである。

◆ショタ酒
幼く純粋無垢な少年にやらせる。
未成年の代表である少年と、成年の象徴であるお酒のコラボは実に背徳的かつ魅力的。
まさに甘露という奴だ。
メインディッシュのキノコも皮被りの可愛いのが拝める。

男の娘
女装した男にやらせる。
実は愛好家が最も多く、ニューハーフの方々にやらせたりするのが一般的である。
まあ中には キノコを切り落としてある 方もいるが。


■嗜好の派生

愛好家が編み出した伝説の妙技。

◆山菜蕎麦
お酒の代わりに蕎麦ツユや葱、薬味なんかを溶いてお蕎麦を食べる高度なプレイ。
間違えてお蕎麦以外のものを摘んじゃうかもしれないがわざとではない。断じてない
ソーメンやうどんでも可能だがここは蕎麦が粋だろう。
ツユに浸けてズルッといきたい。

◆円環の理
市販の酒を使わず 自前の濁酒 を注いであげるエコロジーなプレイ。
自分で出したものを自分で飲むという 無限ループ はお金( )も使わず 境にも優しい、まさに 想のプレイスタイルである。

◆キノコセーキ/コンブジュース
お酒を飲めないちみっ子でも楽しめるよう、お酒の代わりにミルクやジュースを使ったプレイ。
大の大人が正座させられ股間のジュースをちみっ子達にストローでチューチューされている姿はあらゆる意味で犯罪的である。
ましてやそれが給食の時間だったりしたら……ふう

◆タマゴ酒
キノコと一緒に二つのタマゴも浮かべるキュートなプレイ。
まあ大抵の場合、キノコの根元にくっついているだろうから特筆すべきことはあるまい。
優しくお箸で摘んであげよう。
風邪気味の時に是非。


追記・修正は、自分で自分のキノコ酒を啜りながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/