酒豪諸島

登録日 :2012/09/02(日) 01:38:21
更新日 : 2016/11/05 Sat 01:30:27
所要時間 :約 5 分で読めます




酒豪諸島とは漫画『トリコ』に登場する土地の名前である。

登場したのは単行本20巻「グルメ176:王酢!!」だが、生息する動物は割と早い段階から登場していた。

ワイン、ウイスキー、焼酎、ビールといった酒類で出来た「酒海」の中央に位置する島々が「酒豪諸島」である。

さらにその島も「シャンパン島」や「カクテル島」といった具合に酒別に分かれており、
島々の形もワイングラスやワインボトルにビールジョッキ、ブランデーグラスやバカラ、しまいにはお猪口やサカズキなど、まさに酒だらけな島である。

まさに酒好きにとって天国(というより最早あの世)というべき場所であり、お酒の味を知らない全国の小中高生を大変ヤキモキさせた。

トリコ小松は、寿司職人モンチーより、恵方巻きを作るための寿司酢をとってこいと言われたため、この島へとやってくることになったのである。
(作中では詳しく解説されなかったが、酢と酒は食品的な立場上かなり近い立ち位置にある)


【主な名所】

◆酒乱島
中央に位置する巨大なワイングラス型の島。この島にいれば様々な酒や猛獣に出会える。
以下は一例。

◆高級ブランデーの泉
宝石の様な深い琥珀色のブランデーが流れる泉。
アルコールは40%ほどで比較的飲みやすい。

◆ビールの滝
滝から流れ落ちるビール。炭酸がキラキラ光ってキレイ。
トリコと小松は全身で浴びていた。

◆カクテルの川
遥か遠くから流れるカクテル。小松曰く「甘ぁーい!!」。
トリコと小松は流れに逆らって泳いでいた。全裸で。

◆清酒の池
溜池風の清酒。トリコ曰く「水みてぇにゴクゴクいけるぞ!!」。
二人ともどっぷり浸かっていた。もちろん全裸で。

◆シャンパンの雨
空から降り注ぐシャンパン。シュワシュワして気持ちいい、そして美味しい。

◆エメラルドワインの風呂
エメラルドドラゴンの背中から湧き出る一本500万円もの超高級ワインの風呂。
猛獣『エメラルドドラゴン』は後述。


【主な猛獣、食材】

◆へべれけシャーク
酔っ払って真っ赤になったサメ。目が3になっている。

◆酒乱牛
捕獲レベル30。マンサム所長のフルコースの肉料理でもある。

◆チップスツリー
幹の皮がポテトチップスになっている木。程よい食感。

◆ウコンウンコ
これを食べればどれだけ飲んでも酔わない。
トリコ曰く「ウコンのウンコ」。
だからどっちだよ。
後にファンブックでは「ウンコの形をした植物」と明言されたため、正しくはウンコ的なウコンのようだ。

◆アルミキャベツ&らっきょチーズ
おつまみに最適。

◆のりしおチョウ
羽がポテトチップスのちょうちょ。

◆ブランデータイガー
捕獲レベル53。血は極上のブランデー。
因みに状況次第では割と平和に血を分けてもらえるようだ。

◆エメラルドドラゴン
捕獲レベル78。手ごわい上に気性が荒く、酔ったトリコでは倒すのが難しいらしい。


【関連人物】

◆マンサム所長
ご存知お酒大好きハンサム所長。彼のフルコースの一部はこの島の生物である。
主菜(メイン)のバッカスドラゴンはバッカス島の主であり、酒豪諸島の生物ではないと思われる。

◆次郎
ご存知ノッキングマスター次郎。
エメラルドドラゴンをノッキングする実力を持っており、酒豪諸島を週8で訪れる生粋の酒好き。
最近何やら悩みが増えている様子。




追記、修正は一生酔を克服してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/