新井赤空

登録日 :2011/11/12(土) 07:48:05
更新日 : 2017/05/11 Thu 12:46:47
所要時間 :約 6 分で読めます





抜刀斎。刀を捨てるなんて、あまりにも虫がよすぎるぜ。
お前の人斬りという罪を忘れない為に、そして苦しんでる人を助けるために
一生剣とともに生きろ


新井(あらい)赤空(しゃっくう)
漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する、幕末の刀工。
CV:加藤忠可 演:中村達也

維新志士達の依頼で「斬れる刀」でなく「殺せる刀」を追求し、従来の刀の方に捕らわれない様々な形の「奇剣」を開発していた。
「俺が作った刀が時代を作る」と言う信念があったが、息子である青空からは「人を殺しておいて何が時代を作るだ」と嫌われていた。

しかし逆刃刀・真打の刀身に刻まれていた辞世の句を見る限り、自らもその矛盾に苦しみつつ刀を打っていたようだ。
それでも殺人奇剣の性能はどれも凶悪であり、そんな心境ですらこんな刀を打てた辺りはやはりプロフェッショナルである。

物語スタート時点では既に死亡していた(時期は「8年前」とされており、時代設定に従うと没年は1870年(明治3年)となる)。


■主な作品

連刃刀
刀狩りの張使用の初期型殺人奇剣。二つの刃を横に並べた刀。
この刀身で同じような間隔で傷をつけられると傷の縫合がうまくいかず、致命傷を与えられずとも傷口から腐って死に至ると言う。
現代人には感覚が分かり辛いが、細菌の存在すら知らなかった当時の衛生環境や縫合技術を考えれば恐ろしい武器だったのだろう。
しかしそんな凶悪な設定で活躍できるはずもなく、剣心にボキボキ折られた悲しい武器。
実写版ではこちらがメインになっている。

薄刃乃太刀
こちらも張愛用で一番のお気に入りの後期型殺人奇剣。
恐ろしく長い刀身を持ちながら、可能な限り薄く鍛えてある。そのため鞭のようにしなりつつ遠距離攻撃が可能。
また先端の部分が僅かに重いので、手首のスナップで様々な軌道を描く。
扱いは相当難しい筈だが張は自在に使い、刀の無い剣心を追い詰めた。
彼は、普段は腹に巻いて防具にしている。
危なくないのか?と思われるかもしれないが、巻いた薄刃の太刀の下に腹当てを付けているので大丈夫…なんだろう、多分。

無限刃
最終型殺人奇剣。志々雄真実の愛刀。
如何なる名刀も刃こぼれひっかかりが生じてしまうと言う考えの元、最初から鋸状の刃にする事で常に一定感覚で扱える刀に仕上げた一品。
実際の所実戦においては刀の摩耗は想像以上にあるので、とても理に叶っていると言えるだろう。
加えて鋸のような刃で切りつけられると傷口が複雑になって非常に治しにくくなると思われるので、連刃刀と同じような効果もあるかもしれない。
とは言え、実際に攻撃を食らった剣心曰く「斬撃の鋭さに比べて傷は深くない」との事なので、殺傷力そのものが凄いわけではない模様。
尤も志々雄の場合「一戦一殺」なので相手が剣心や宇水レベルでもない限り仕留め損なうなんて事は無いだろうが。焔玉初使用の場面では処刑した兵士を両断してたし。
志々雄はこの刃で今まで殺してきた人々の脂をこそげ取り発火させる事で、相手に「焼く」と「斬る」同時の痛みを与える「秘剣」を編み出した。

因みに人間の脂は発火燃料では無い。如何言う理屈で発火しているのだろう?
また志々雄は 追憶編で既に焔霊を使っている


逆刃刀・影打/真打
赤空最後の一振り。
峰と刃が逆についた、後の緋村剣心の代名詞。
神社に奉納される護神刀として作成され、一つは剣心に譲られた。後に逆刃刀が折れた剣心が、張との闘いの末により完成度が高い「真打ち」を手にした。
刀身には赤空の辞世の句が刻まれている。

何人もの人々を殺める刀を作ってきた自分が神社の護神刀を作る事になった時に、思うものがあったのかもしれない。

剣心にこの刀を託す際に言った、「剣に生き、剣にくたばるのがお前の生きる道だろう」と言うのは自分自身にも向けたものだったのだろう。
葛藤に苦しみながら、彼自身も新時代のためと信じ「殺せる刀」を作ってきたのだから。

逆刃刀・真打は目釘穴が少し緩く出来ており、衝突の際の衝撃を緩和するように出来ている。

辞世の句を刻みながら不殺の信念を持って新時代に生きる剣心を思い、目釘を広げてくれたのかもしれない。
こんな刀を作る辺りも、やはり「変わった刀を打つ職人」だったのだろう。

劇場版の新京都編では、逆刃刀・京心と名前が変わった。

全刃刀
完全版の再筆にて、抜刀斎の愛刀として設定された刀。
峰と鍔にも刃がついた刀である。
鞘に納めるのがもの凄く難しいと思われる刀である。この造りでは龍翔閃など使おうモノなら自分の手を斬りかねない。
(尤もそんなミスをするレベルでは逆刃刀でも龍翔閃使えない)





  我
子 を
に 切
恨 り
ま  
れ 刃
ん 鍛
と え
も て

孫 幾
の 星
世 霜
の  
た  
め  


いくつもいくつも項目立てといて立て逃げしてんじゃねえ。
追記・修正に生き、くたばる。
それしかwiki篭りの生きる道は無い筈だぜ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/