ガンダムMk-Ⅳ

登録日 :2012/09/07(金) 11:10:50
更新日 : 2017/02/19 Sun 14:44:02
所要時間 :約 3 分で読めます




ガンダムシリーズに登場するMS。

まずこのガンダムMk-Ⅳだが、「Ζ-MSV」や「ガンダム・センチネル」などの企画でガンダムは「Mk-Ⅴ」まで確認されたものの「Mk-Ⅲ」と「Mk-Ⅴ」の間が空いてしまうことになり、「Mk-Ⅳ」はあるのかという疑問が生じることになった。そのため、ファンの間では「ΖがガンダムMk-Ⅳなのでは」などという推論が生じたり、また色々なデザイナーがいわゆる「俺設定」で独自のガンダムMk-Ⅳを描いたりしたため混乱を極めていた。

…だが、1999年に発売されたゲーム「GジェネZERO」でゲームオリジナルの機体として「ガンダムMk-Ⅳ」が登場。これにより、現在ではこの機体が正式な物として扱われている。



■ガンダムMk-Ⅳ
型番:ORX-012/MSF-008

エゥーゴやカラバに対抗するためにティターンズは様々な新兵器を開発しており、その内のひとつとして開発された。

本機の開発にあたってティターンズはまずアナハイムと裏取引を行っており、その過程でアナハイムがMk-Ⅱ後継機として開発していたガンダムMk-Ⅲの設計データを入手(見返りは準サイコミュシステムか?)。これを元に上位版としてガンダムMk-Ⅳの開発がスタートした。

開発はアナハイムから出向したフジタ技師長を中心としてオーガスタ研究所で行われた。
最大の特徴は当時研究されていた準サイコミュシステムを応用した遠隔誘導兵器「インコム」を搭載していることである。

本機はバックパックの左肩部分に1基のみ搭載されており、まだ試験機としての運用だったことが窺える(後のガンダムMk-Ⅴでは2基になっており、本機の試験データから発展したと思われる)。
他にもビームサーベルや専用ビームライフルなど標準的な武装もあり、インコムの試験機に留まらない通常のMSとしても高い性能を持っている。

ちなみに本機はティターンズ製だが、機体色は所謂濃紺色のティターンズカラーではなく初代ガンダム等のトリコロールカラーで塗られている。ヘイズル等も試作段階では白色だったことを考えると、試験機ということを表すためだろうか。

Mk-Ⅳの開発はオーガスタ研に貴重なデータをもたらし、特に準サイコミュ兵器の試験機が造れたのは大きかった。そしてこれにサイコガンダム等のデータを導入して強化改造し、多大な戦果を挙げたガンダムMk-Ⅴ、アクシズに準サイコミュをもたらしたドーベン・ウルフに繋がっていくことになる。

なお、本機にアナハイム製の型番があるのは、前述したアナハイムからの出向であるフジタ技師長らのチームが中心となって開発したためと考えられる。

頭部やバックパックの形状、下半身など後のガンダムMk-Ⅴに繋がるラインが見て取れる。だがシールドはブースターにはならないようだ。



[ゲームでの活躍]

ゲームオリジナル機として『ZERO』から登場。
インコムのおかげで射程7までカバーできるため使い易いが、Mk-Ⅴが上位互換であるためため、拘りがなければ開発素材として使った方が良い。
ただ、『WARS』『WORLD』『OVERWPRLD』ではアビリティ「歴戦の勇士」「戦場の女神」持ちを乗せるなら戦力として使い続けるのも手。
オリジナル機としての特権なのか、戦闘アニメはやけにカットインが多い。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/