コルテス

登録日 :2011/08/21(日) 06:17:14
更新日 : 2015/10/17 Sat 21:18:47
所要時間 :約 4 分で読めます




①エルナン・コルテス (Hernan Cortes)

スペイン人のコンキスタドール(新大陸征服者)。1485年~1547年。

エスパニョーラ島の征服やキューバ遠征に参加し、土地やインディアン奴隷の権利を得る。
また、カリフォルニアを探検したりもした。

アステカを滅ぼしたことで有名。最初に向かった際は、原住民の伝承と一致していた為にケツァルコアトル神の化身と勘違いされて丁重に迎えられた。
しかし、人身御供などを野蛮と見て禁止したことにより、アステカ人が反乱を起こし、命からがら逃げのびる。
その後1521年にはアステカに攻め込み、滅亡させた。

パイレーツ・オブ・カリビアン』にも名前だけ登場。
劇中に出てくる「呪いの金貨」は、本来虐殺を止めさせるためにアステカの人々がコルテスに送った物とされる。
しかし、コルテスは虐殺を止めようとしなかったため、アステカの神々は金貨に「欲望が満たされなくなる呪い」をかけた。









ペーパーマリオRPG』に登場するボス。恐らく元ネタは①。

かつてトロピコアイランドを中心に暴れ回っていた大海賊であり、暴虐の限りを尽くした伝説が残っている。
また、現在でも生前集めた宝の未練のために、怨霊となって守っており、島に近づく者に呪いをかけるとされている。

噂の通り、海賊のどうくつの最深部にある幽霊船の中でたくさんの財宝を守っており、戦うことになる。
基本は海賊帽を被ったドクロの姿。洞窟内で度々亡霊めいたうめき声のようなしゃべり方で警告していたが、本来は一人称がオレさまな口調。

「なにしにきたん・・・?」
「いてこましたれっ!!」
「きにいったぜ!」

〇戦闘
HP20、攻撃力4、防御力1
一見するとHPが少ないが、倒しても何回も復活する。
ちなみに第二段階までは本体以外に「ほねづか」を攻撃することで地上攻撃もできる。
戦闘曲は良曲、神曲と評判。

  • 第一段階
4本の武器を持って攻撃してくる。一度に攻撃する場合と、4回連続で攻撃する場合がある。

  • 第二段階
武器は落とし、噛みつきで攻撃してくる。
攻撃するとだんだん背骨が引っ込んでいき、そのうち肋骨が開いて弱点の宝石(防御力0)を攻撃できるようになるが、
かわりにチャージ攻撃(攻撃力+4)をしてくるので、無理せずビビアンのカゲがくれで回避した方がいい。

  • 第三段階
コルテス本体は頭だけになるが、第一段階で落とした4本の武器が浮遊し、それぞれ攻撃してくる。
コルテスサーベル、2回攻撃するコルテスソード、毒状態にするコルテスクロウ、前衛と後衛に同時攻撃するコルテスレイピアがある。
それぞれHP4だが、倒してもしばらくすると復活してしまう。ちなみにクラウダのふきとばしが有効で、効けば復活しなくなる。
また、コルテスはHPが減ると、観客の半分ほどを吸収し体力を回復してしまう。


第三段階まで倒すと戦闘終了。しかしそもそも財宝への未練のために成仏できないために不死身であり完全には倒せないが、スターストーン1個なら譲ってくれた。

そもそも彼はスターストーンに関してはあまり思い入れはなかったらしく、
マリオがスターストーンを要求した時には「この石っころだけ?マジ?」とまで確認し、「あっそ…じゃああげるよそれ」とあっさり譲ってくれる。

「そんな 石っころの1つや2つなくってもいいし、っていうかあんまりスキじゃないし」とは当人の弁(負け惜しみとかではなく、本当に興味がないような口ぶり)。


その後、洞窟の外に出るとメガネすいふもといペケダーが正体を現し、海賊船で襲ってくる。
マルコがこれに対抗するためコルテスに交渉する。
その結果、水夫達とコルテス、エルモス達と共に、コルテスの船のブラック・スカル号でペケダー達と戦うことになる。

戦いが終わると船でゴロツキタウンまで送ってくれて、以後トロピコアイランドと往復できるようになる。





追記修正しないと~・・・じゃねぇよ!オレだよオレ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/