楽しいムーミン一家

登録日 :2011/11/18(金) 06:52:06
更新日 : 2017/01/14 Sat 20:12:54
所要時間 :約 6 分で読めます




   ∧ ∧
   リ/ リ/
  / ̄ ̄\
  / ⌒ ⌒ ヽ
 |(●)(●) |
 /     |
(      |
 \___ノ ヽ
  /     ハ
  (     ||
  |   | ||
  |   しノ|
  ヽ     人
   \ 、 /‾))
   || | ((_
   (_(_亅 ヽミ




















   ∧ ∧
   リ/ リ/
  / ̄ ̄\
  / ノ "\ ヽ
 |(●)(●) |
 /     |
(    /| |
 \__/ノ ヽ
  /   ̄  ||
(⌒イ    |`―⌒)
` ̄|     ̄T ̄
  |     |
  丶     人
   \ 、 /‾))
   || | ((_
   (_(_亅 ヽミ




















ムーミン谷を楽しみでいっぱいにしよう!



『楽しいムーミン一家』とは1990年から1991年にかけて放送されたアニメ。


【概要】

俗に言う平成の方のムーミン作品であり、激怒した昭和版とは違い原作者からも好印象となった。

また、登場人物も一部を除き、原作風にされている。

視聴者からも人気で制作協力のビジュアル80が倒産した後も続編として『楽しいムーミン一家 冒険日記』として製作が続けられた。

クオリティが著しく下がったが……

2015年に上映された映画『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』では本作と同じキャストが日本語版を担当した。


【登場人物】

●ムーミン
CV:高山みなみ
本名はムーミントロール。
ムーミン一家の息子で明るい性格。
海水浴時には水着を着用する。
基本的に主人公であることもあり、マトモなキャラだが、スティンキーに対してはドSになる。
結構、惚れやすいが一時期、女を信用出来なくなった。
家族に恵まれ、友達も多く、恋人もいるというリア充の中のリア充


ムーミンパパ
CV:大塚明夫
ムーミンの父親。
黒いシルクハットがトレードマーク、故に常に 裸シルクハット
大抵家にいるが職業が作家な為。
また、元冒険家な為かいい歳して冒険心がある。
中の人のこともあり、威厳のある父親キャラと思いきや作中随一のドジっ娘であり、やることが裏目に出たり、警備中に居眠りしたり、
無茶な筋トレをして部屋を壊すなど、なかなかのトラブルメーカー。


●ムーミンママ
CV:谷育子
ムーミンの母親つまりムーミンパパの妻つまり人妻である。人?
黒いハンドバッグと常に着けたエプロンがトレードマーク。
つまり基本裸エプロンである。
また、家が酷い惨状になっても「あらあら」と全く気に動じない天然キャラであり、何とも言えない大きな包容力を兼ね備えている。


●フローレン
CV:かないみか
ノンノンではない(作者からの苦情が来たため)。キャラ名の由来は原作名「スノークのお嬢さん」の「お嬢さん」をスウェーデン語にしたもの。
ムーミンの恋人で多分ヒロイン。
ムーミンと同じく海水浴時には水着を着用する。

頭に毛が生えているがニョロニョロに束縛された上に電気ショックをくらい、どっかの宇宙整備隊隊長の様な酷い目に遭った。

他にも記憶を失い女王様キャラになったり、予知能力を手に入れたりした。

また、ムーミンが他の女に気を取られているのを知り、海に捨てようとしたり、整形紛いなことをするなどヤンデレの素質があるのかもしれない。


●ミイ
CV:佐久間レイ
玉ねぎ頭をしたムーミン一家の居候。正式名は「リトル ミイ」(原作では「小さいミムラ」とも呼ばれている)。
生意気でかなり現実的で痛烈に的を射た皮肉を言う。
しかし、数十話に一度くらいの比率で デレ る。まさに、ツンデレ。


スナフキン
CV:子安武人
ムーミンの親友。
自由と孤独、音楽(ハーモニカ)を愛する旅人で大人っぽく、理知的で視聴者からの人気が高い。
原作とは性格が変わっており、若干コミュ障気味から完璧キャラになっている。
怒ることは少ないが第94話で、釣り中に(中身が入れ替わった)ムーミンに石を投げられ邪魔をされた時には珍しく怒っていた。

ちなみに声優の子安氏はあまりにスナフキンを意識し過ぎて、少し声質が違っている。


●スニフ
CV:中尾隆聖
ムーミンの友達。
カンガルーのような姿をしている。
ヘタレだが金にがめつい。
だいたいの儲け話は失敗する。
「スニフの恋」で、ダフィーに恋をするが最終的にフラれた。(原因は、本当はダフィーは花畑で花の邪魔になる雑草を抜いていたのだが
スニフが花の方を抜けばいいんだと勘違いをし、むやみに花を沢山とって大切な花畑を台無しにしてしまった為)
ダフィーも断り方がやり過ぎてしまっていたのだが、今さら謝って、もう一度告白するのには無理があるからか
スナフキンの「心の中から彼女の思い出をかき消すしか無いんだ…。」というセリフを受け入れやっと前向きになったのである。


●スノーク
CV:広田康之
フローレンの兄。
飛行船を造ろうと努力しているが大抵完成前に壊される。
キャラに個性をつけるためか、本作では眼鏡キャラになっている。


●ヘムレン
CV:矢田稔
植物を専門とする研究家。
悪い人ではないがKY。
植物への愛情と探究心がハンパないため、たまに騒動の原因になることもある。

プラネタリウム版ムーミン一家でも、コイツが欲を出したせいで騒動が拡大した。


●ヘムル
CV:土師孝也
ムーミン谷の警察署長。
あまりにムーミン谷が平和過ぎて、自宅警備員になりかけた。平和すぎるため出番も少ない。
一回ムーミンパパをカバ呼ばわりしてキレさせた事がある。


●ミムラ
CV:小林優子
ミイの姉。見た目はぶっちゃけ大きい以外はほぼミイと同じ。
性格は、ミイとは正反対で優しくマイペース。
ヘムルとは恋人同士。制服フェチ。


●ニョロニョロ
お化け。
近づくと電気ショックをくらう。
数十匹の集団で固まったニョロニョロの光景はもはや恐怖しかない。


●スティンキー
CV:丸山裕子
タワシのような姿をしたワルガキ。
悪戯を思いついては即座に実行する。
だが、だいたいは後々ムーミンからの痛い仕打ちを受ける。

また、普段の行いのせいかやってもいないことを疑われた。


●アリサ
CV:玉川紗己子
ムーミン谷の外れの森で祖母と暮らす見習い魔女。
かわいい。ムーミン谷きっての美少女。


●クラリッサ
CV:京田尚子
アリサの祖母。
魔女。
ツンデレ?
ムーミンを魚に変えようとしたり永眠させようとしたり冗談じゃ済まされないようなことをする。


●フィリフヨンカ
CV:島本須美
今で言うモンペで神経質な性格。
三人の子供を持つ母親。
夫はいないようで未亡人という説もある。


●飛行鬼
CV:玄田哲章
黒豹に乗る魔法使い。
いかつい顔をしているが、案外いい人だったりする。


●トゥーティッキー
CV:土井美加
冬にだけムーミン谷に現れる女性。湖に突き出した小屋(ムーミン家の所有物)を家にしている。


●氷姫
トラウマ要員その1
美しい女性であるが、姿を見たものは凍死する。
その姿は……美しい…のか?


●モラン
CV:片岡富枝
トラウマ要員その2
触れるものを凍りつかせる悲しい化け物。




あんまり誰かを崇拝するのは


自分の自由を失うことだよ



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/