献血

登録日 :2011/08/11(木) 21:14:52
更新日 : 2017/07/04 Tue 09:34:01
所要時間 :約 6 分で読めます




献血とは、輸血のために使われる血液を無償で提供すること。

●献血までの流れ(初めての場合)

書類に必要事項を書き、身分証明書(保険証でも可)と一緒に提示する

問診票の質問に答える

待合室で水分を十分摂る ←結構重要

簡単な血液検査と血圧を測定

係の人に呼ばれたら、消毒後に献血開始
テレビやビデオが用意されてる場合もあり

終了後水分を十分摂る。
(最低30分は休憩したほうがいい)

お疲れさまでした!ただし当日は激しい運動は避けた方が無難。意識がもうろうとなりやすいため安静にいられる限り安静にしよう


●よくある質問(?)

Q.針は太いと聞いたけど痛い?
A.さすときに軽い痛みがするくらいで、ぶっちゃけ想像するような痛みはしないと思う。
…ただ針を刺す人ややる人によって痛みの差はまちまちのため一概には言えない。
とりあえず怖いなら針は見ない方がいいよ!

Q.どれぐらい時間がかかる?
A.全血の場合は10分程度、成分献血の場合は1時間程度かかる。
全血なら1、2時間で帰れるため意外と手軽にできる。

Q.なぜ無償?
A.献血が行われる以前は売血が主流で、汚染された血液が多く出回った事例が絶えなかったから。
最近までは図書券が貰えたが指摘がありやめてしまった(涙)。
だが一応記念品はもらえる。
それにお菓子とジュースは食べ放題飲み放題!(一部地域に限ります)
県によってポイントカードを実施してることもあり。

また、献血10回ごとに記念品のグラスが貰える。
献血には半年程度の間隔を空ける必要があるため、もっとも早く貰える10回記念グラスでも、最初の献血から数年かかる。
いわば一生かけて集めることになるため、一種の勲章のようなもの。
50回達成記念グラスなどは特に希少。

●献血できない場合

※よくある例のみ。
  • 貧血(気味)の人
  • 体重が極端に軽い人
  • 食事をとらずに来た人
  • 血圧が極端に低い人(90未満はダメ)
  • 一部の薬を服用中の人
    (薬によって可能かどれだけ服用しなければいいかは異なるため、思い当たりがある人は調べた方がいい)
  • 海外から帰宅して4週間以内の人
  • 3日間に出血を伴う歯科治療をした人
  • AIDSなどの検査目的の人
    (献血の検査ではそもそもまともに判定できません。検査は保健所で無料かつ匿名で受けられるのでそっちに行きましょう)
  • 6ヶ月以内に不特定多数の異性や 男性同士 と性的接触をした人

…最後のはお前らには関係なかったな。すまない
ちなみに年間の献血可能量がきっちり決められてるから頻繁には行けない・・・行こうと思う人は滅多に居ないが。


●余談

最近若者の献血離れとか叫ばれてるが、(健康なら)意外と手軽にできるため、偏見を持たずにやってみては?

秋葉原駅前には献血ルームが2件あるが、案の定というべきか異常に漫画の品ぞろえが良い。
献血すればその後何時間居座っても文句は言われない(多分)ので、休憩所代わりに利用してみてはいかがだろうか。

体質の合わない人というのも勿論いる。
結果、血液検査をクリアし意気揚々と血を抜いたら直後に意識が遠退き最悪気絶する人も少なくはない。
詳しくは「VVR」でググってみよう!


追記・修正は400mlにご協力お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/