東宝特撮

登録日 :2012/01/24(火) 22:27:18
更新日 : 2017/04/23 Sun 11:38:44
所要時間 :約 6 分で読めます




東宝特撮とは、東宝が製作した特撮ドラマの総称であるが、メインは映画である。

どこまでを含めるかは書籍や媒体等に若干の違いがあるが、
概ね東宝が主体になって製作し、特撮関係のスタッフがいる作品を指すことが多い。


他の映画会社も特撮映画を製作してはいるが、
特に東宝は製作本数等で他社を圧倒しており、一種のブランドとして成立している。

そのため近年デアゴスティーニから東宝特撮のDVD付マガジンの「 東宝特撮DVDコレクション 」が刊行され、また書籍も多数存在する。


【歴史】
第二次世界大戦中から東宝は特撮を積極的に使用した作品を製作しており、東宝特撮の前身として扱われている。
東宝特撮としては「ゴジラ(1954)」前後の作品から扱われることが多い。

その歴史は円谷英二と共にあり、戦中の作品から亡くなるまでのほとんどの作品に関わっている。

◆戦中・戦後
戦中は 戦意高揚のための戦争映画 が主体となっており、限定的ながら軍隊の協力も得つつ作品を製作していた。
戦後しばらくは公職追放によって戦中のスタッフを満足に使えず、特撮作品の製作本数は激減する。
しかし、昭和20年代後半には円谷英二をはじめとするスタッフが再度集結し、「太平洋の鷲」等の作品を製作、そして「 ゴジラ 」が誕生。
この作品の成功により、東宝特撮は東宝の主力作品の1つとして扱われるようになった。

◆1950年代後半~1960年代前半
この時期は邦画全盛期と重なり、「ゴジラ」以降東宝は特撮をウリにした作品を年に数本製作していった。
作品の幅も広く、主力であった怪獣映画や戦記映画以外にも「地球防衛軍」から始まったSF作品、
ガス人間第1号」を代表する変身人間シリーズ等も製作された。
また、時代劇にも特撮を使用した作品も存在している。

◆1960年代後半
邦画業界が斜陽期に突入、観客動員数が激減してしまう。
東宝特撮も以前のように様々な作品を作れなくなり、
子供人気のある怪獣映画と定番として生き残った戦記映画以外はほとんど作られなくなった。

そして円谷英二が死去し、特撮製作の部門も解散してしまう。

◆1970年代
部門は解散したが、中野昭慶を中心に残ったスタッフが製作していった。
この時期は一部の大作以外は予算や製作期間が限られてしまう。

主力のゴジラは低予算の子供向け作品として製作され、70年代半ばには製作が終了した。
代わりに注目された作品群は「日本沈没」に代表されるパニック・スペクタクル路線である。

日本沈没」が880万人の大ヒットとなり、
この路線が中野監督が相性が良かったのもあり、後続の作品も作られた。
また、90年代を引っ張る川北監督がテレビ・映画で特技監督としてデビューした。

◆1980年代
作品数、興行成績的には最も冬の時代である。
前半はSF・リバイバルブームを受けての大作、「ゴジラ(1984)」、「さよならジュピター」が製作された。
しかし、「ゴジラ」はヒットしたものの「さよならジュピター」は大コケしてしまう。

後半は「ゴジラVSビオランテ」やサンライズとの共同製作の「ガンヘッド」が公開。
「VSビオランテ」はまずまずの成績で90年代にバトンを渡すことに成功した。

◆1990年代
良くも悪くも平成VSシリーズが中心になった年代である。

VSキングギドラ」のヒットから始まったシリーズは、
年末作品の定番として300万人以上を動員し続ける人気シリーズとなった。
また、ゴジラがハリウッドで製作されることになり、製作陣は振り回された。

シリーズが終了した後は平成モスラシリーズを製作。
ついにハリウッド版GODZILLAも公開された。
ハリウッド版の評判が芳しくなく、モスラも成績が落ち始めたことで再びゴジラを作る気運が高まり、1999年に「ゴジラ2000 ミレニアム」が製作された。

◆2000年代
復活したゴジラシリーズだったが、興行成績は苦戦。
ハム太郎との併映で一時は持ち直すがやはり回復しきれず「ゴジラ FINAL WARS」でシリーズは一旦終了した。
後半に入り、CGを含めた特撮を利用した作品はリメイク版「日本沈没」や「K-20」等製作されている。
しかし、これらの作品は近年の大作ではお約束のテレビ局主体であり、東宝特撮としては語られていない。

超星神シリーズも放送され、幻星神ジャスティライザーのロボットはメカゴジラをモチーフとしている。

【作品について】
基本的には特定のジャンルというより特撮をメインに使用した作品であるため、作品は多岐にわたる。
メインとしてはゴジラシリーズがあり、東宝特撮の歴史と共に歩んでいた。
また戦中から製作され続け、ファン層の違いから話題にはなりにくいが戦記映画も製作本数が多く、もう一つの主力といえる。

その他モスラを初めとした怪獣映画、SF映画や変身人間シリーズといったも作品もある。

その総数は書籍にもよるが100近く存在している。


【ファンについて】
歴史が長いシリーズであるため、1970年代後半にはすでにファンによる活動や同人が確認されている。
特に84ゴジラの製作はこれらのファンの活動が後押ししたと言われる。

反面、円谷英二時代の作品にたいする思い入れの強さからか、
1970年代の作品は製作体制を考慮に入れない極端な批判が目立ち、平成VSシリーズも強く批判していた。

現在では劇場で平成VSシリーズを、昭和作品をビデオで見ていた世代が増えている。そのせいか前よりは世代間の対立は減っている。
しかし、現在は新作が無いことからくるファン全体の減少が著しく、特にゴジラシリーズ以外の知名度は下がっている状態である。

某掲示板の特撮系の板でも東宝特撮に関するスレの数は減ってきている。
かつては特撮ファンでも最大級の数であったのだが……。


とはいえ、まだまだファンもいるので新作や関連アイテムの販売を待っていよう。





東宝特撮ファンの方は追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/