コハク・ハーツ

登録日 :2011/11/15(火) 21:23:36
更新日 : 2016/11/28 Mon 22:12:13
所要時間 :約 5 分で読めます




「みんなのスピリア……感じるよ!」


「テイルズオブハーツ」のヒロインで、ヒスイ・ハーツの妹

とある目的から兄弟と共に故郷を飛び出し旅をしていた際、魔導師インカローズの襲撃から逃れる為に崖から海に飛び降りる。
浜辺に漂着していたところを主人公のシングが発見し、物語は始まる。

しかし、物語序盤にシングが彼女のスピリア(心)を破壊してしまい、彼女のスピルーン(感情)が世界各地に飛び散ってしまう。
感情を失ったコハクの目からは光が消え、言葉も殆ど話せなくなってしまう。

第一部はコハクの失った感情を取り戻す物語となっている。
その為テイルズヒロインでは珍しく彼女が戦闘に参加できるようになるのは第一部の中盤になってからと遅く、
スキット絵やステータス画面のコハクはレイプ目になっており、興奮すると赤ちゃん言葉になるヤバい奴に拷問されたりとキツい目にもあっている。


足フェチのシングが気になってしまうほどの美脚の持ち主だが、指名手配の特徴にされてしまうほどに足癖が悪く、
クンツァイトが命がけで調べたデータによると、彼女の脚から繰り出される蹴りの威力は18万5000ギガスゴ。

趣味は「無限撲滅鬼ごっこ」「デッドエンドサッカー」「激・炎熱地獄雪合戦」……相手を「ボコメキョ」にするのが快感なんだとか。

また、彼女の故郷は雪に囲まれた隠れ里の田舎で、寒さを和らげる為にダブルモモヒキを着用していたらしい。
彼女の普段の口調は作っているもので、素で喋ると兄と同様にすごく訛る。


バナナをはじめ何にでも味噌を付けて食べるミソミソな味覚の持ち主で、常にマイミソを持ち歩くほどの味噌好き。
特に「さくらんぼ入り焼き味噌おにぎり」}が大好きで、この匂いを嗅いだだけで口調が素になるほど大好物。

兄ヒスイとの絆は厚く、幼い彼女がおねしょをした時は兄が身代わりになってくれたり、10歳になるまで一緒にお風呂に入っていたらしい。
彼女の技 「砕心脚」 はヒスイから教えてもらったもので、ヒスイのは 「裂想蹴」 という名前の技になっている。


  • 戦闘

解放するとバトンになる足輪型のソーマ「エルロンド」を武器に戦う。
エターニアファラ以来の格闘技で戦うヒロイン。

だが、通常攻撃の性能が最低で、技のリーチが短く攻撃力も低いため、前衛を任せるよりは後衛に回って術で援護した方が安定する。

ちなみに、彼女の鳳凰天駆はライダーキックになっている。かっこいい。

秘奥義は 「殺劇舞荒拳」
殺劇舞荒剣ではない。念のため。

手に持ったバトンで連続攻撃を仕掛けた後、敵を空中に放りあげ蹴りを決める。

「舞い踊れ、桜華絢爛の花吹雪!彼岸・霞・八重・枝垂!これが私の……殺劇舞荒拳!」

攻撃の合間に桜が舞い散る演出があり派手だが、相手が重い場合は空中に放りあげられなかったり、小さい場合は最後の蹴りが外れたりしてしまう。
ちなみにこの秘奥義、通信教育で身につけたらしい。  


  • ハーツR
勿論、ヒロインとして登場する。
回復と炎系の術技を覚えるのも相変わらず。
どちらかと言うと術攻メインのステータスだが、覚える回復術はフェアリーサークルどまりでシスイには及ばない。
攻撃思念術は炎、風、光系を覚える。

DS版では前線での戦闘は不向きであったが、全キャラ中でも少ない全方位判定の緋炎翔陣、ガードブレイク値の高い鳳凰天駆を筆頭に
使い易い技が揃っており、前線でも充分に戦える。
ただし、物攻自体は高くないのでシング、イネス、ガラドなどと比べると火力では劣る。


  • 外部作品

テイルズオブグレイセスでは、隠しダンジョン「ゾーオンケイジ」の第3階層のボスとして登場。出会って早々に味噌を要求してくる。

原作では術も使えたはずだが、今回は肉弾戦のみとなっている。
攻撃の範囲は原作と同じく狭いので回避は楽だが、一度捕まると長いコンボを決めてくるので注意が必要。
何故か秘奥義が殺劇舞荒拳ではなく、原作では上級思念術だった「スターライト」となっている。
演出が変化し、「メテオスウォーム」のような技になっている。

また、条件を満たすと闘技場で戦うこともできる。
「リバース」のヴェイグ、「デスティニー2」のリアラを含む3人を一度に相手にすることになる。

余談だが、どうもアスベル・ラントの好みのタイプらしく終始ガン見していた。


テイルズ オブ バーサスにもシングと共に参加しており、何故か感情を失った原作第一部の状態である。

レディアントマイソロジー3にてマイソロシリーズ初参戦。
雪国の貧しい村の出身で、アドリビトムに支援を受けている内に自分も協力したいと願い出たシングと共に参加し、バンエルティア号では
シングと同室で過ごす。しかし、故郷を離れたコハクを心配した兄のヒスイが仲間になり、二人の行動を監視されるようになる。
秘奥義は原作・バーサスと同じく「殺劇舞荒拳」。

他の妹キャラとお兄ちゃん談義を行ったり、格闘家の先輩としてコングマンから イカスヒップ を伝授されかけたり、
ファラとアンジュから自分の脚を羨ましがられたりと絡みが多い。

バナナやピーナッツにミソをつけて食べ(シング談)、さらにはピーチパイをミソ和えにする。
その場に居合わせたすずは「通の食べ方」と評価した。
独特な味覚の持ち主だが、RM3では医務室送りの料理を作る本気の料理下手が何人もいるので、飛び抜けて目立っているわけではない。

ちなみに、美脚を保つためにやっていることはあまりないが、毎日サンドバックを蹴ることは欠かさないらしい。
一度、サンドバックを蹴る音で雪崩を起こし、禁止令が出た。(禁止期間も他の訓練はしていた)





みんなの追記・修正…感じるよ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/