シャンブロ

登録日 :2011/12/23(金) 15:42:39
更新日 : 2017/11/09 Thu 09:48:26
所要時間 :約 3 分で読めます




父の遺志を継ぐためだけに生きて、私は今ここにいる
“箱”など開かずともいい。そんなことで晴れるほど、浅い怨みではないのだ

そこをどけぇぇぇ!


機動戦士ガンダムUC』に登場するMA。
型番:AMA-X7

ガーベイ・エンタープライズ社が開発した水陸両用MA。
アニメ版では第一次ネオ・ジオン抗争のネオ・ジオンの設計案を元にジオン残党軍と「袖付き」によって建造されたことになっており、ノイエ・ジールと似た経緯になっている。
このため、フロンタルは「ハマーンの遺産」と言及した。

連邦軍内では「海の亡霊(シーゴースト)」と呼ばれていた。
正面からは扁平に潰れた菱形シルエット、2本の前足とその先端から展開される三本爪の大型クローを持つ。
その付け根からは貝殻を思わせる丸みを帯びた装甲が張り出しており、その姿はまさに怪獣。
更に肩の装甲内に電磁流体誘導推進ユニット(MHD)を仕込んでおり、新たに追加されたミノフスキークラフト・エンジンとの併用で超静粛にして驚異的な水中機動力を獲得した。
この時の水中潜行モードはヴァル・ヴァロを思わせる。


しかし、本機の真価は陸上で発揮されるという。
管制は少人数パイロットで運用可能であり、コクピットブロックは前面の壁一面がスクリーンとなっており、その手前に操縦・索敵・防御を司るオペレーター席が並ぶ。また非常時には操縦者での一元操作も可能。
アニメ版では単座式になっている。
一応マハディの席は操縦席前方下部にロニと向かい合わせの形で存在する。ロニの脳波をモニターしていた模様。

武装は大型クローの他、頭部カバー内に収納された大口径メガ粒子砲、両肩の肩部装甲に設置された拡散メガ粒子砲、背部に10機収納され、拡散メガ粒子砲を乱反射することで広範囲を攻撃し、また敵機のビーム兵装を反射することで防御にも転用できるリフレクタービットを持ち、凄まじい火力を誇る。



[劇中での活躍]

[小説版]
マハディ・ガーベイとその息子達によって運用され、ダカールを火の海にし、私怨による破壊と殺戮を行った。
しかし、リフレクター・ビットを制御していたロニが父に反発して射殺されたのを機にビットによる防御力が失われ、そこをユニコーンデルタプラスによる一点突破攻撃によって撃破された。


[アニメ版]
こちらでは操縦は単座式になっており、両親を殺され復讐に燃えるロニが搭乗。
ジオン残党軍と共にダカールを襲撃した後、トリントン基地を襲撃するもサイコミュの暴走で民間人も巻き添えにしてしまう。
バナージの説得で一旦攻撃を停止するも、親代わりであったカークスを殺されたことを知ったロニが暴走し、デストロイモードになったユニコーンとサイコフィールドを激突し合う。
その後はバナージの呼びかけとカークスの思念でロニは正気を取り戻すも、バナージは撃つことが出来ず、見かねたリディがビームマグナムを撃ち、コクピットは蒸発。機能を停止した。



[ゲームでの活躍]

9月のアップデートにて8-Dにボスとして登場。
はっきり言ってカルネージと並んでこのゲームで一番強いボス機である。
まずリフレクタービットを常時展開しているので、攻撃が後ろからしか通らない。そして火力の高いゲロビ。ここまでは分かる
  • ゲロビが敵僚機に当たらない
  • ゲロビに当たらないおかげで大暴れするシナンジュ
  • やたら停滞時間が長いためコストや機体によっては避けることの出来ないザクスナ
  • ガードしないとステージのどこにいても当たるプレッシャー(予備モーションが長いため対応出来ないことは無いのだが…)
  • プレッシャーの「攻撃アラートが発生直前まで鳴らない」特性によって、絶対にプレッシャーをガード出来ない味方僚機
  • プレッシャーからの追撃で耐久を削られすぐに墜ちる味方僚機
  • 気づいたらもう4墜ちしてた味方僚機

どれか一個ぐらい消してくれて丁度いいぐらいではないだろうか
とはいえMAである以上隙は多い。上手くケツに食らいつこう。
なお覚醒すると青白く発光する。 どう見ても深海生物

[『ネオジオングお台場に現る』での活躍(?)]
東京お台場のガンダムフロントにて上映されたスペシャル映像「ネオジオングお台場に現る」では、
突如時空の穴からお台場に現れ、シャンブロを追って現れたネオジオングと地上での死闘を繰り広げる。
最終的には彼らを追ってきたユニコーン及びバンシィ・ノルン(この映像限定のハイパービームジャベリン装備仕様)、そしてネオジオングに持ち上げられ、元の世界に返された。
もはや怪獣扱いだが中に誰かが乗っていたかは不明。

追記・修正は、『ジーク・ジオン』と言いながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/