キミの記憶

登録日 :2011/06/12(日) 00:21:09
更新日 : 2017/01/18 Wed 19:41:03
所要時間 :約 5 分で読めます




儚く たゆたう 世界を君の手で守ったから
今はただ 翼をたたんで ゆっくり眠りなさい
永遠の安らぎに包まれて love through all entreaty

優しく 見守る 私の この手で眠りなさい
笑ってた 泣いてた 怒ってた 君の事覚えている

忘れない いつまでも決して until my life is exhausted


キミの記憶

作詞:目黒将司
作曲:目黒将司
歌:川村ゆみ

「キミの記憶」は川村ゆみが歌う、PS2専用ソフト「ペルソナ3」のED曲。「Persona3 Original Snundtrack」に収録。
「ペルソナ3フェス」(Episode yourself)及びPSP専用ソフト「ペルソナ3ポータブル」でもEDとして採用された。
川村ゆみは「ペルソナ3」ではこの曲以外にもOP「Burn my dread」等、多くの楽曲のボーカルを担当している。

喜多修平によるカバー版もあり、こちらは「Breakin' through」のカップリングとして収録されている。
ゲームの楽曲ということで残念ながらカラオケで歌うことはできないようである。
一時期喜多verは歌えたらしいが…



【背景】
ストーリー・ゲーム内容は「ペルソナ3」で

全てが終わった後の卒業式の日、忘れていた『約束』を思いだし、ある場所へ集う仲間達。

ただ一人『約束』を忘れていなかった主人公アイギスと共にその場所で先に待つ。

約束を思い出し、走ってくる仲間たち。主人公への想いを吐露しながらまどろむ主人公に駆け寄る恋人。

そんな中で主人公に提示される最後の選択―

そして…(Continue to 「Episode Aegis」)



【概要】
歌詞で描かれるのは、主人公の面影、共に戦い乗り越えた夜。そして皆で過ごしたかけがえのない思い出…

主人公と共に特別課外活動部のメンバーの成長を見てきたプレイヤーの中には涙した人も多いはずである。

しかし、その中にも
「今はただ大切に偲ぶよう」
「無くしても取り戻す」
「I will never leave you(あなたを一人にしない)」
と歌詞の中にまるで主人公と別れるとも受け取れるフレーズが存在する。

これらが何を意味するのか?それを描いたのが「ペルソナ3フェス」での後日談、「Episode Aegis」である。
決して評価が高くはないが、あのラストの先を知りたいのなら、プレイするといいだろう。

余談だが、P3P版では無印にはなかった『アイギスの代わりに主人公を膝枕する恋人(S.E.E.S.限定)』という場面が追加。無論、アイギスが好きならそのままでもOK。
まどろむ主人公をアイギスから託され、膝枕しながら主人公への想いを吐露する姿は胸にくる。主人公がハム子の場合、あの人との再会も…


【その他】
フレーズはゲーム中のBGM「学園の記憶」「街の記憶」に歌詞の一部は「P3 Fes」にも使用されている。
サビ部分に息継ぎのタイミングが無く、川村さんは何度か意識を失ったことがあるとか。

「PERSONA MUSIC LIVE」でも勿論毎回歌われる曲である。
「2009」では、アンコールの最後として川村ゆみ&「ペルソナ4」の平田志穂子の二人で最高の締めくくりを演出してくれた。
DVDも発売されているので、気になる人は買って盛り上がれ!

たまに「ペルソナ4」のED「Never more」とどちらがいいか、と比較されたりするが、どの曲もそれぞれのゲームのEDとして、最高の曲である。
それを作品の垣根を踏み越えて比較するのはとんだ見当ちがいであろう。

曲にも、ゲームにも、両方を作詞・作曲した目黒氏や歌っている両人にも失礼であるのは言うまでもない。
やめておいた方がいいだろう。…まぁそんなことする奴のことなんかどうでもいいけど。






プレイヤーがこの曲に感動を覚える理由の一つに、「ペルソナ3」というゲームのストーリーの進み方があるかもしれない。

「ペルソナ3」はマップを進むと次のステージへ、といった感じのRPGとは違い、1日ごとのカレンダーによりゲームが進行する。
すなわちプレイヤーは主人公や仲間と共に「一年間」を過ごすことに他ならない。

ゲームの中とはいえ、「主人公=プレイヤー」はその中で一年間を過ごしたのだ。
多くのプレイヤーはゲーム中のキャラクターに感情移入したことだろう。


「一年間」の中で経験した多くの出会いと別れ…。
それら全てを見てきた者へのこの曲が最後の別れとなる。噛み締めながら聴こう。






二周目はじめれば、また会えるんだけどな!






追記・修正はアイギスの膝の上でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/