メガストア(雑誌)

登録日 :2011/09/06 (火) 23:45:08
更新日 : 2016/12/26 Mon 09:59:17
所要時間 :約 3 分で読めます




1993年に白夜書房から創刊した美少女ゲーム雑誌。
1995年に白夜書房からコアマガジンが分社化された事に伴い、以降はコアマガジン発行になる。

姉妹誌にG-Type、G'sister、Voice-type、コミックメガストア、コミックメガストアH、コミックメガストアαがある。


数あるエロゲー雑誌の中でもぶっちぎりにエロい事で有名。
特に表紙のエロさは異常で、創刊号から2002年12月号まで描かれたうめつゆきのりの表紙は「買う気力が失せる」「店で買うのは最早イジメ」と言われる程エロい。

表紙に時々、「銀消し」が登場したのは最早、伝説。
多くの者が試練に堪え、削った…。
が、勿論そのしたからは無修正画が出る訳も無く、泣いた。

最も、全盛期より落ち着いた最近のでも初心者なら買えるか解らないと度胸が試される程エロい。

当然ながら、内容も濃い。
紹介されるゲームはストーリーよりもエロシーンを大々的に取り上げているのでほとんどがエロで埋め尽くされる。

紹介されるゲーム自体も濃い。
大抵は陵辱ゲーで、純愛もあるにはあるが、大抵は抜きゲーばかりで純愛萌え系は少ない。
つか、無い事もザラ。
そのため、ライトなユーザーにはかなりキツい。



そして、この雑誌の最大の売り、それは

過去にロットアップしたエロゲーを完全リメイクした付録DVD]

勿論、基本は抜きゲーばかりだが、偶に思い出したようにプレミアの付いた名作を付ける場合もある。
一部では「プレミア殺し」と言われてるとか。
例、EVE burst errorDESIRE神樹の館Clover PointSWAN SONGForest腐り姫好き好き大好き!
一部では中古でも偉い値段が付けられている。

また、抜きゲーでも最新のパソコンでしかもディスクレスでプレイ可、実質千円弱で買えるという利点もある。

そのため、「付録が本体で雑誌がオマケ」と揶揄されたりもする。

特に、最近ではやたら評価の高い名作をリメイクすることが多いため、「メガストアが本気になった」と言われているとか。

2013年にコミックメガストアが突如休刊となった。噂では児ポ法に伴う強制捜査が入ったらしい。
その後、隔月刊行になっていたコミックメガストアHがコミックメガストアαと名称を変えて発刊されている。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/