杉井光

登録日 :2011/02/28(月) 23:34:14
更新日 : 2016/06/12 Sun 20:43:40
所要時間 :約 6 分で読めます




杉井(すぎい)(ひかる)

1978年生まれで東京都稲城市出身の小説家。(公式では小説家・ニート)

高校卒業後にフリーター6年、ニート3年と過ごし、2005年の第12回電撃大賞小説部門で火目の巫女が銀賞を受賞しデビュー。

自身のブログでは他の小説家と飲みに行き「馬鹿舌選手権」を行ったり、国内外に旅行に行ったり、
見本誌でもらった本でクリスマスツリーを作ったりと見てて人生楽しそうなのでぜひ見てみるといいだろう。
またフリーター時代にアマチュアバンドを組んでたこともあり、音楽が好きなようで、
「さよならピアノソナタ」では様々なジャンルでかなり詳しく書いてあり、
ブログでは曲について書いたり新しい楽器を買ったりしたりと正直音楽好きじゃないとわけがわからない点も多い。
彼の特徴としてもっとも目立つのはその速筆である。
2008年5月から10月にかけて6ヶ月連続で新刊を発売するという偉業を行い、
現在も電撃文庫、一迅社文庫、GA文庫、MF文庫、ガガガ文庫と様々なレーベルで仕事をしている。

作風としては、なんの超能力もないただの少年が主人公の一人称で進み、年相応のヘタレでリアルな心理描写の多い作品もある。
日常、学園、戦争、SFと様々なジャンルの作品がある。

2ちゃんねるで自作自演・他作家の誹謗中傷を行っていたことが発覚。
今までデマだと思われてきた橋本紡に対する集団いじめが事実だったのではないかと疑われている。
以下問題発言
  • そもそもラノベで作者買いなんてまずないからな 。 杉井みたいなのは例外中の例外。ヤスケン(安井健太郎氏)はデビュー作(『ラグナロク』)がまぐれと角川のプッシュで売れただけなのに自分で気づけなかったんだろう
  • 至道流星とか日日日とかそういう安定ウンコ量産機
  • 榊(一郎)ってさして売れないのをスピードでカバーするタイプ
  • 橋本紡はガチの精神疾患 (よくネットで見かける煽り目的の池沼認定じゃなくて本物の)。多分医者にかかれば自己愛性パーソナリティ障害あたりの診断が出る。自分は大文豪として崇められてしかるべきっていう思い込みと現実とのギャップを埋めるために嘘を連発する
  • ついったの橋本の発言を見てただの基地外だと気づけないようなアホ がこの先どんなトラブルになろうとどうでもいいが橋本よろしく無関係な周囲を巻き込んだりすると迷惑やね
  • twitterで、ファンに向けて闘病生活を報告していたヤマグチノボル氏へのリプライ→「 そんなに俺心配されてる愛されてる必要とされてるを全世界に主張したいのかと……

現在は誹謗中傷を行っていた事実を認め、公式HPに謝罪文を掲載した。


〇作品リスト
  • 火目の巫女(電撃文庫)
  • 神様のメモ帳(電撃文庫)
  • さよならピアノソナタ(電撃文庫)
  • 死図眼のイタカ(一迅社文庫)
  • さくらファミリア!(一迅社文庫)
  • ばけらの!(GA文庫)
  • 剣の女王と烙印の仔(MF文庫J)
  • すべての愛がゆるされる島(メディアワークス文庫)
  • シオンの血族(一迅社文庫)
  • 終わる世界のアルバム(単行本、アスキー・メディアワークス)
  • 花咲けるエリアルフォース(ガガガ文庫)
  • 生徒会探偵キリカ(講談社ラノベ文庫)
  • 楽聖少女(電撃文庫)
  • 神曲プロデューサー(単行本、集英社)
  • 東池袋ストレイキャッツ(電撃文庫)
  • 放課後アポカリプス(ダッシュエックス文庫)



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/