ネズミ

登録日 :2009/11/05(木) 11:42:46
更新日 : 2017/07/28 Fri 10:40:29
所要時間 :約 5 分で読めます




ネズミとは、哺乳類ネズミ科の総称で、一口にネズミと言えども非常に沢山の種類が存在する。

代表的なものでも、


といった「いかにも」と言うようなネズミから、

  • ハムスター
  • ビーバー
  • カピバラ

のようなものもネズミとしてカウントされる。


種類によって扱いが大きく異なり、
例えばハムスターは手軽に飼える愛玩動物の代表例として高い人気があったり1.5等身にデフォルメされてアニメ化されたりするし、
ビーバーなんかは動物園で人気者だったりする。

しかし一般的な「ネズミ」のイメージのネズミはロクな目に合わず、
食料を食い荒らすなどの理由から害獣として認識されて専門の駆除業者すら居たり、
実験動物として頻繁に利用されたり、ぴかりにイジメられたりとロクな目に遭わない。


実際にネズミはペストの媒介となったり、古来より農作物を食い荒らしたり、スタンド能力を身に付けていたり、
戦闘破壊されたらデッキから攻撃力1500以下の地属性モンスターを特殊召喚したり、手札を一枚破壊したり、
世界征服を企む組織の怪人の材料になったり、下水道から世界征服を狙ってたり、アンダースローピッチャーだったりと大変危険である。

すぐに増えるため、家で見つけたらすぐに専門の駆除業者あるいはサザエさんヘアーの不良に駆除を依頼しよう。

実際に猫はネズミを捕食するため、猫を飼育するのも効果的な手段。

しかし、あまりに懐いている猫だと飼い主に誉められたい一心に捕らえたネズミをそのまま持ってくる。

また、灰色のとある猫はいつもネズミの手のひらで踊らされたりと非常に頼りないので注意。

黒魔法を使って召喚されたものは人語を理解するものもおるが、巨体でズボラ、主人に歯向かうので注意が必要である。


また、国によってはネズミが一大権力を握っており、わが国では黄色いネズミのゲームに子供から大きなお友達までもが携帯ゲームの画面に日夜釘付けとなる。
特に小学生はこのゲームをやっていなかったり、聖典(コ□コ□コミック)を読んでいないだけでハブられたりと悲惨極まりない目に遭う。 

しかもこの黄ネズミ、一度アニメで子供達にリアルなダメージを与えた事があるが、
その罪をその時一緒にいた人工生命体に擦り付けて何知らぬ顔で今でもチヤホヤされている。その人工生命体はアニメで謹慎処分を食らっているというのに…

日本以上に深刻なのがアメリカで、ネズミの著作権を伸ばす為に法律が改正されたりと国家そのものがネズミに振り回されている。

日本でもそのネズミは好き勝手やりなさっており、千葉県浦安市に本拠地を構えてあまつさえそこが東京であるとまで主張し日夜監視を行っている。

例えば小学生が学校のプールにネズミの絵を描いただけで消せと命じられたり、
床屋が看板にネズミの絵を描いただけで莫大な金額を請求されたりといった黒い噂が垂れ流されている。

事態を重く見た日本政府は東京郊外に、白くて赤いリボンを付けて体重がリンゴ三個分の猫のテーマパークを開園したが、抑止力としての効果は今一つである。

また以前その本拠地に北の将軍様の息子がこっそり遊びに来ていたりと、違う意味でも夢のくにであr
(この項目を書いた人は友愛されました)


余談

ネズミはチーズが大好きというのが通説だが、
これは一般的な穴あきチーズとして知られるエメンタールチーズをそのチーズが普及していない人が見て「ネズミがチーズを食べた」と勘違いしたことからくる。
実はネズミはチーズ好きではない。

またネズミの肉は割と美味しいらしく某アジアではスーパーにネズミの肉や缶詰が売られたり某遭難者がネズミを主食にしていたとか。
元SASのサバイバル教官で考古学者志望で保険調査員のバイトをしているある男は砂漠で置き去りにされた際小さな茂みにいたネズミを罠で捕まえ、
石のナイフで捌いて血をすすって肉を焼いて皮をなめして小便を蒸留した水を入れる水筒と靴を作って生き延びた。
ネズミ様々である。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/