雨宮ツバキ(GOD EATER)

登録日 :2011/12/31(土) 22:57:04
更新日 : 2016/11/19 Sat 17:36:47
所要時間 :約 3 分で読めます




「私の命令には全てYESで答えろ、いいな?」


ゲームGOD EATER及びGOD EATER BURSTの登場人物

CV/田中敦子
性別/女性
階級/大尉(引退)
神機/旧型遠距離式(アサルト):モウスィブロウ

概要

適合試験を終えた主人公とコウタが最初に出会う人物で、フェンリル極東支部にて第一~第三部隊の指揮統括及び新人神機使いの教練を担当する。
仕事に一切の私情を持ち込まず、常に冷静かつ厳格さを崩さない為、不真面目な隊員は彼女が履くヒールの足音で震え上がるとまで言われる。
しかし、決して冷徹な人間というわけではなく、部下の死に心を痛め、主人公達に生きて帰る様に命令する等、根は心優しく、彼らの命を誰よりも案じている。
訓練などでの厳しい態度もその裏返しである。

現在は引退しているが元ゴッドイーターで、神機の運用に危険や課題が残る中、10年もの間戦い続けた高い実力の持ち主。
遠距離神機使いとしては極めて優秀で、他の追随を許さない程、高い成績を納めていた。
その神機は現在コウタが使用している。

尚、『雨宮』の姓が示す通り雨宮リンドウは彼女の弟。
姉上と呼ばれているものの、上記の理由で仕事中に姉と呼ばれる事は拒んでいたりする。



以下、本編のネタバレ有り



作中での活躍

  • GOD EATER
本編では試験終了後に対面し、初っぱなから厳しい一面を見せる。
その後はミッション前のイベントに登場し、アリサ関連で少し関わる程度。

後にリンドウがミッション『蒼穹の月』で行方不明になり、打ち切りとなった捜索を求めた部下に対しても一切動じる事無く対処していた。
……が、実際は深く悲しんでおり、一人で密かに泣く等、前後で主人公に語った言葉も相まって優しい一面を垣間見る事が出来る。
そして物語の途中から一切姿を現さなくなるが、実際はリンドウの死に疑問を持ち、何とフェンリル本部にまで足を運んでいた事が判明。
帰還後、極東支部支部長ヨハネスの計画を阻止する討伐班の為に道を開き、自らは彼等に命運を託し(ミッション『希望』)アナグラに残った。

  • GOD EATER BURST
バーストの追加シナリオではあまり目立たないが新人のアネットやフェデリコの世話を同じ新型の主人公に一任する等、裏方に回った印象を受ける。
また、生存が確認されたリンドウ捜索の指揮も取っていたが、第一部隊に最低限の戦力として滞在を命じる等、指揮官としての責務は忘れていなかった。

  • GOD EATER RESSURECTION
シナリオ上ほとんど目立たないが、ミッションを進めると支援メンバーまたはオペレーターとして参加できる。
作戦支援スキル発動時のイベントではまさかのシャワーシーンを披露した。

  • GOD EATER the spiral fate
鉄骨を軽々と扱う等、未だ衰えぬ神機使いとしての高い身体能力を見せ付けた。

  • GOD EATER MOBILEではタツミと同様にゲスト出演、研修現場の監督を任されている。


NPCとしてのツバキ

既に現役を引退している為、共に戦う事は叶わない。
が、GOD EATER BURST初回限定特典を使う事でNPCとして現役時代の彼女を使用出来、アーカイブにボイスも追加される。

設定通り神機はコウタと同じものだが、スキルはリンドウやサクヤに近い他、彼と比べて攻撃中心に動くと言った違いがある。
同じ旧型アサルトのコウタ(バースト時限定の高火力)やカレル(毒を用いた削り役)と異なり素の火力が高めなのが差別点。

尚、現役ツバキは本編の六年前を描いたプロモーションアニメの姿なのだが、NPC時は処理の都合で髪を結った姿になっている(アニメでは髪を下ろしている)
また、上着を着ているため彼女の特徴の一つである上乳が拝めないのも惜しいところか。

ツバキは唯一初回限定でしか使えないキャラの為、逃した神機使い達を長らく餓えさせていた(他は服装違い)
が、GEB50万突破記念により只今期間限定で配信中。

マスクドさん&着替えた第一部隊(と子犬)と共にアラガミを狩りに行こう。

RESSURECTIONにおいては作戦支援メンバーのためNPCとしては使用できない。支援スキルは「全体取得AP↑」が固定で、これに「遺された神機入手増」を加える複合スキル「親心」を持つ。


余談

  • 初期案ではカウボーイや女教師風のお姉さん。ただ、胸元を大きく開いたデザインは全く変わらなかった。

  • GOD EATER OFFSHOTでは特典コンテンツ「バカンス編」に登場。水着姿をこれでもかと見せつけてくれる。



「追記修正が足らんようだな……項目を確認しておけよ?」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/