登録日 :2011/10/21(金) 23:28:02
更新日 : 2016/11/06 Sun 10:09:25
所要時間 :約 5 分で読めます





グツグツ… グツグツ…

「ふぅ…出来はどうだろうかな…」

パカッ フワァ…

「うぉぉぉぉぉ…」

ハムッ ハフハフ、 ハフッ!!

「やべ、メガネ曇っちゃった」


①鍋とは、調理器具の一つ。一般的には底が深いものを指す。

茹でる、煮る、揚げる…
まさに調理器具のエース。その様は炒め、焼きのエキスパート、フライパンと双璧を成す。フライパンも広義には鍋とか言わない
一人暮らしで料理をあまりしない家でも必ずあるだろう。

鍋の代表格雪平鍋の他に圧力鍋、土鍋…さらには一つの料理専用の鍋まで挙げるとキリがない。


ちなみに土鍋に関しては扱いに注意。


まず土鍋を買って来たら、
最初に7~8分目の水を注ぎ、ひとつかみのお米か小麦粉を入れ、弱火で1時間ほど煮る。

こうすることで目に見えない細かい隙間に糊が入り、土の匂いが出たり、ひび割れしたりするのを防いでくれる。
面倒くさがらずやっとけよ? 絶対その方がお得だから。

次に土鍋は「急激な温度差」に弱い。
まだ熱いうちに水に漬けたり、濡れた布巾を鍋敷きにしちゃダメです。
同様に、なべ底が濡れたまま火にかけるのも厳禁。ちゃんと拭くように。

あと、洗剤入りの水に長く漬け置くと、 洗剤を吸収しちゃう から注意! 嫁のメシがまずい状態になっても知らんぞ

この、ちょっとしたルールさえ守ってくれれば、土鍋は長く長ーく使え、
ちょっとしたひび割れもお粥を炊くことで 自然回復する 、生きた調理器具として、素敵に相棒になってくれるはずでっせ!



②鍋料理のこと。特に冬はこっちのことを指すことが多い。

一応の定義は鍋を用いてだし汁と具材を一緒に煮た料理。
ただ、ジンギスカンのように鍋を利用しているだけで鍋料理と呼ぶこともある為、この定義が必ずしも当てはまる訳ではない。
ピストル大泉「そりゃどんなものでも鍋だよ!鍋で作ってんだから!!」

主に土鍋で調理されるものが多いが、専用の鍋を用いるものもある。

こだわらなければ簡単に作れる上に、栄養もバランス良く取れる。
1日程度なら具を次々入れれば食べ続けられる。
なによりあったまる冬の代表的な料理である。


○基本的な具材
(他にありましたら追記歓迎です)


○一覧

  • 寄せ鍋
鍋の代表格。具材が地域や家庭によって多種多様すぎて定義しづらい。

牛肉と割り下、食べてみれば文明開化の音がする。
地域によっては鶏肉を使ったり。

  • ちゃんこ鍋
本来は力士が食べる料理全般のこと。
豊富な具材と豊富な量。
各部屋によってレシピは多種多様。

キムチの辛みで体がポカポカ。チゲ鍋に非ず。はっ、希望皇ホープ
でも日本人の全世代に人気なわけではない。

  • 湯豆腐
昆布だしと豆腐の繊細な味。

  • 石狩鍋
たっぷり野菜と鮭の旨味とバターの風味。

プリプリなもつとどっさりニラとキャベツ。

  • ちり鍋
鱈等の白身魚のたんぱくかつ繊細な旨味。

  • 水炊き
鶏肉他を水から煮るだけのバカでも作れる簡単メニュー。鳥鍋とは別物。
ただ本当に美味しいものを作るとすると相当手間と時間がかかる。
じっくり煮込んだ鶏肉の旨味を堪能できる。

  • あら鍋
あら(クエ)を使った鍋。超高級品。
魚をバラしたものと思いこむと雄山に笑われます。

  • 豆乳鍋
ニューフェイス。割りと豆乳独特の癖はなくヘルシー。

  • ジンギスカン
焼肉の範疇に入るが、一応鍋料理の一つ。
ラム派かマトン派に別れる。
北海道名物ジンパ。

  • 芋煮
東北地方の秋の風物詩。

  • あんこう鍋
食べられないのは骨だけ。これも超高級品。

  • 常夜鍋
毎晩食べても飽きないことから、着いた名前が常夜鍋。
青菜と豚の黄金コンビに、大根おろしが見事な仲人役をしていて非常に美味。
常夜鍋って、このネーミングは伊達じゃない!

未知の領域。八割方地雷といっても過言ではない恐るべき鍋

  • 空鍋
本当に愛してる人には見えるらしい。
楓ちゃん……。

  • 猫鍋
もふもふ。
ぐつぐつ ぐつぐつ
にゃーにゃー にゃーにゃー

  • 鍋底不況
神武景気の後に起こった不況。鍋底みたいに小刻みに変動してなかなか回復しない。
こんな景気のこと

┗┓┏┓┏┓┏┓┏┛
 ┗┛┗┛┗┛┗┛




そして鍋の最後…

○締め
沢山の具材が煮込まれて旨味が凝縮された残りのスープ。
最後の最後まで食べ尽くす…
それはそれはとても贅沢な味。

まず挙がるものは

だと思う。どれも炭水化物。
ご飯の場合は溶き卵と一緒に加えておじやにする。おこげも楽しめる一品。
でも鍋の種類によって使い分けられるのが普通。



○余談
外食で鍋を食べようとするとたまにこの表記を見かけるであろう。


○○○円(※二人前から)


(´・ω・`)


ぼっち涙目である。



追記・修正はお気に入りの鍋を食べながらお願いします。あ、火傷にはお気をつけて。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/