お茶にごす。

登録日 :2012/01/09(月) 22:38:59
更新日 : 2016/03/20 Sun 03:36:30
所要時間 :約 3 分で読めます




船橋雅矢ことまーくんと、幼なじみであり悪友でもある山田が部長からの足が震えるほどの勧誘を受けて入部した茶道部。
そんな二人がタイトル通りお茶の素晴らしさを学ぶ漫画である。















{   *   *
 *   + うそです
   n ∧_∧ n
 + (ヨ(*´∀`)E)
    Y   Y  *



とはいえおおよそ間違ってはいない(はず)。
些細な感情の行き違いにより言葉で決着が着かなかったために実力行使(喧嘩)があるのみで 、基本的には優しさを追及したストーリーである。

  • 船橋雅矢
前述のまーくんという可愛らしいアダ名は、
あまりにも恐ろしい思い出を何とか優しく包み込もうとして、
わざとラブリーな名前をつけることで自らの恐怖を覆い隠そうとして生まれた。
このような噂が流れるように、道を歩いているだけで避けられるような強面の持ち主であり、
またその言動から血も涙もない悪魔だと言われているが、彼の本性は天然である。

  • 山田航
まーくんとは違い優男で、基本的に初対面の女性から格好いいと誉められるようにルックスは悪くない。
だが、主人公の周りでは軽く見られているようで、余り扱いはよくない。そしてよく鼻からなにかを出す。
ちなみにまーくん以上に怒りやすい。

  • 浅川夏帆
まーくんとは犬猿の仲の女子で、まーくんいわく、凶犬・野良。
彼女も初対面の時はまーくんを怖がっていたのだが、始めは部長を守るため、
そして後々は彼の人となりを知ってか、山田に次ぐ彼の理解者となっていった。
彼女のゴミ拾いの際のDQNに対してのエピソードは、共感する人も多いのではないのだろうか。

  • 姉崎奈緒美
茶道部の部長であり、まーくんの初恋の人。
とある人物から大和撫子と評されたように、物腰が柔らかく美人。
また優しいだけではなく、芯の強い所もある。
今時こんな女性はいないだろうというような優しい性格は、彼女自身が原因であり、周りの原因でもある。
彼女の小学生の頃のエピソードも共感する人も多いのでは。

  • 慎大寺 珠美
茶道部の副部長。
巨乳で短いスカートの無自覚エロボディの持ち主。
山田に膝枕を妄想されたり、不良におっぱいを揉まれそうになったりする。

  • 樫沢光輝
金持ちで、背が高くて顔が良くて、どーやら強くて、皆に尊敬されてるらしい。(山田談)
彼の言う通りまるで漫画から出てきたような好青年。
まさに非の打ち所のないといったところだが、彼には一つ 特徴 があって、それが原因でまーくんととあるいさかいを起こす。
それが尾を引き、一方的に彼をライバル視するのだが、最終的には自分の方が小さい人間だと認め、彼を尊敬するようになる。




全巻11巻と手頃なので、興味を持った方はこれを機会に一度読んでみてはいかかだろうか。


追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/