K1(戦車)

登録日 : 2012/10/17(水) 09:26:53
更新日 : 2017/09/15 Fri 10:09:21
所要時間 :約 6 分で読めます




K1は、大韓民国が開発した第2.5〜第3世代に分類される戦車で、韓国陸軍と海兵隊の 主力戦車 である。
本項目では改良型のK1A1も解説する。

◆性能緒元*()内はA1

乗員 4名
全長 9.67 m(9.71 m)
車体長 7.47m
全幅 3.59m
全高 2.25m
重量 51.1t (53.2t)
懸架方式 油気圧/トーションバー併用
最高速度 65km/h(整地),40km/h(不整地)
行動距離 437km
渡渉水深 2.1m(渡渉装備を付けた場合)
エンジン MTU MB871Ka-501ディーゼルエンジン
最高出力 1200馬力

◆兵装
・KM68A1 51口径105mmライフル砲
(KM256 44口径120mm滑腔砲)一門
・12.7mm重機関銃 1挺
・7.62mm機関銃 2挺

◆装甲
・複合装甲(車体前面及び砲塔前面)
・空間装甲(車体及び砲塔側面)



【開発まで】
韓国陸軍は、創設以来M41やM48パットンなどの米国製戦車を主力戦車として運用してきた。
しかし(名目上の)仮想敵国である北朝鮮陸軍は、115mm滑腔砲を装備するT-62を天馬号の名でライセンス生産するなど戦車部隊を強化、強力な125mm滑腔砲を装備するT-72の配備も時間の問題とされていた。
これら最新のソ連戦車に対し、既存戦車や改良型では太刀打ち不能と判断した政府は、独自開発を決意する。



ところまでは良かった




韓国陸軍には戦車を自力開発した経験もノウハウも 皆無
そもそも戦車開発どころか 不可能 であった。
そこでM1エイブラムスを開発した米国のクライスラー・ディフェンス社(現ジェネラル・ダイナミクス社)が設計開発を行う。


【総評】
どうにかやっと開発された本機。
設計は手堅く保守的であり、悪く言えば古臭い設計であった。
コンセプトは側面装甲と火力を犠牲にし、軽量化と低視認性を図る『機動性の重視』という 第二世代の設計思想 に準ずるものであったため。
主砲は実用化されていた第三世代120mm滑腔砲は搭載せず、英国のロイヤルオードナンスL7105mmライフル砲を米国でライセンス生産した物を採用。

とはいえK1が105mmライフル砲を採用したのは、上記の他に車体の制約や装填手の負担。
平地が少なく長距離砲撃戦が起こりにくい朝鮮半島の地形的事情も含まれる。

120mm滑空砲は見送られたが、正面要部に複合装甲が、側面は中空装甲が採用され、防御面では日本の第二世代戦車74式戦車を上回る。
ただし複合装甲は解析不能の完全ブラックボックス化されたもの。韓国には装甲に関する技術は一切伝わっていない。
どうやら余程技術をパクられたくなかったらしい。実は最新技術を提供しようもんなら、勝手に解体されて技術を盗まれるとか考えてたのはナイショ。


【K1A1】
2001年配備のK1に改良と言う名の 改悪 を施した戦車。
元々はアップグレードを図る目的が、性能向上=攻撃力アップと言う かつてのどこかの旧帝國陸海軍のような
何か トチ狂った方程式 の元、実行。
実は韓国軍こそ最も旧帝國軍の伝統やらなんやらを色濃く受け継いでいる組織であることがよくわかるがこのことは指摘せず見逃しておこう。



◆主な改悪点
①主砲を120mm滑腔砲へ換装
……諸悪の根元。

②複合装甲の強化
劣化ウランを使っているとかいないとか。

③火器管制装置(FCS)や外部視察装置改良。
射撃精度と索敵能力向上。

……etc
確かに改良により走攻守全ての面で第3世代に肉薄する性能にはなった。


カタログスペック上は


改めて説明することでもないが、カタログスペックだけで性能が推し量れる訳がない。むしろ兵器にはそれ以上の能力が評価されることが多い。

何が言いたいかって。

第三世代の技術使用とはいえ、この改良により、バランスの良い第2世代戦車最強候補のK1が、 第3世代戦車モドキの劣悪戦車 に成り下がったのである。


【K1A1の何が問題か】
ぶっちゃけ 120mm滑空砲を搭載したこと が全ての元凶である。逆に言えば全ては120mm滑空砲に起因する。

  • 105mmライフル砲を前提に設計されたK1は他の第3世代戦車に比べ小型であり、無理やり大口径の滑腔砲載っけた結果、機動性が悪化。
  • オマケに砲弾搭載数が47発から32発に減少。
  • 砲塔内部の空間が著しく狭くなり居住性が悪化。
  • 整備がし辛くなった。
  • 装弾困難。

K1からK1A1に乗り換えた乗員は皆不満の声を挙げる。


【韓国名物欠陥兵器】
上は改良(笑)に伴う問題だがこっちは それ以前の技術的問題
2010年8月。訓練中に 砲身が爆破で破裂 する事故が発生。
主砲は理論上1000発の発射に耐えられるはずだが、事故を起こした戦車は360発しか射撃をしていなかった。
事故原因について軍関係者は「砲身をきれいに掃除しなかったため、異物が混入したことによるものと推定する」と説明。
韓国軍は試験導入期間の85年に発生した事故を合わせると、同様な事故は今まで合計9件発生していたことを発表。
つまりお約束の 整備不良 による事故である。

2011年3月に実施された砲撃演習中、火災検知器センサーが作動。火災消火用のハロンガスが自動的に車内に放出。
国防部が調査したところ、2010年12月30日以降、装備する火災検知器を米国製から国産に変更されていた。
左側に旋回射撃すると火災検知器センサーが誤作動することが判明。全車改修。

2011年6月知識経済部(省に相当)傘下の韓国機械研究院は変速機に重大な欠陥があるとの結論を出し、これを防衛事業庁と監査院に通報。
国防部は「変速機に問題があることが明らかになれば、全てをリコールする」という条件で戦車を配備し続けてきたため、現在配備されている約450輌の全てが回収となる事態もあり得るとみられる。

2011年8月、自動消火器不具合で97台がリコール。

2013年、K1A1戦車が公開演習で段差を超えようとしたところ、 2度実施しても超えられず 結局迂回していった。
別に履帯が切れてしまったというわけでもない。
実は対戦車ブロックのアピールだったのでは?という憶測の声もなくもないが(当然皮肉)、 これが戦車だと思うと凄く悲しい


【後継】
K1を通じて得られた生産ノウハウ(笑)と各種外国戦車技術を基にK2(戦車)を開発中。
なのだが絶賛炎上中で、2011年実戦配備予定がエンジンの欠陥により、2013年完成を目指す。 実際欠陥無しに配備できるかみものである。


【余談】
実はこのK1戦車。 恐れしらずなことに マレーシアへ輸出打診をしたことがある。
結果は、

「値段高いくせにブラックボックスやたらと多いし性能も値段に見合わない」

とのことで不採用となった。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/