秋柳貴照(夢喰いメリー)

登録日 :2012/05/02(水) 02:17:36
更新日 : 2017/05/25 Thu 08:47:42
所要時間 :約 2 分で読めます




CV:立花慎之介

誕生日:6月25日
身長:172cm
体重:49kg
好きなもの:俳句・川柳・落語・乾きもの全般

夢喰いメリーの登場人物。
藤原夢路の同級生で同じく六花高等学校文芸部に所属している。夢路とは中学からの付き合いであり、夢路の事は「夢の字」と呼んでいる。あだ名はタカ。

細長い体格をしており、「僕は広辞苑より重たいものを持ったことがない」と自称するほどの虚弱体質。それを度々ネタにすることがある。枯れ木。

事あるごとに俳句や川柳を詠み、周りの人間を笑わせようとしているがこれは病弱であった彼の妹の笑顔を取り戻すために川柳を詠んだことがきっかけである。
ちなみに彼の妹である秋柳瑞貴は現在ではすっかり良くなっておりハンバーガーショップでバイトをしている。めでたしめでたし。
海に遊びに行った際に、霧島咲がナンパされてたところを助けるなど、意外と度胸がある。
また、この一件から霧島咲に好意を持たれ買い物に誘われたりしている。リア充爆h(ry


以下ネタバレ













1ヶ月より以前から同じ夢を繰り返し見ていることについて夢路に相談するが………
以下、最大のネタバレ






























「火ァー火ッ火ッ火ッ火ッ!!」


なんと彼がエルクレスの"器"であった。夢魔が"器"を完全に支配するのには時間がかかるが、彼はもう何年も前からエルクレスの"器"にされており、今に至りとうとう完全に支配されてしまった。

夢路が気付けなかったのは中学一年生の時に初めて貴照と会った際に彼は夢路の夢を覗く力について「不思議な力だけど覗かれるの好きじゃない」と言い、夢路も貴照には力を使わないと「決めた」ため。


「何時何処の世界でも灯台の下は暗いってことが証明されちまったな」
「火火ッ」




追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/