シャワー

登録日 :2012/07/17(火) 14:29:47
更新日 : 2016/08/15 Mon 20:18:43
所要時間 :約 3 分で読めます




きゅっ

ポタッ、ポタッ、pジャーー

(……はぁ、1日の疲れが取れるな…)



シャワーは身体を洗う時に使う道具である。

風呂場に設置されている。
また、アパート等では浴槽は無くシャワーのみの場合も。
ビーチなんかにもお金を入れてから指定時間、水が出るシャワーが設置されている事が多い。

因みに、一人暮らしだとお風呂を沸かすよりかなり安上がりであり、三人家族までならシャワーの方がお得である。


シャワーはシャワーヘッド(別名シャワーノズル)という独特のパーツがホースに繋がっている事により構成されている。
つまり、シャワーヘッドが装備されていれば、入浴に使う物以外でもシャワーと呼べる。
主にガーデニングや散髪した後の洗浄等に使われる。

また、ホテル等ではホースが無く、シャワーヘッドが壁に固定されているパターンも。というかビーチのシャワーなんかはこのパターンが殆ど。


シャワーヘッドには多くの細かい穴が空いており、この穴からホースによって誘導された水またはお湯が放出される。
蛇口と違い小さい穴から細かく水が出る為、同じ量の液体を浴びても衝撃が少ないという利点がある。
また、シャワーノズルの穴がある面を凸型にする事により、水が吹き出す範囲を拡大させる事も出来る。

シャワーが無いと蛇口の水を桶に溜めてから流すといった地道な作業をしないと身体を流す事が出来ない。
事実、昭和の頃はシャワーの無い浴室も少なくなく、そのような場合のために先端がシャワーの形になったホースなども売られていた。
そういった面で、シャワーは偉大である。



でだ。
シャワーを入浴に使うという事は、必然的に使用者は裸になる。

つまり、シャワーとおにゃのこのサービスシーンは例えるならカップアイスとそれを食べる為のスプーン並に切っても切れない関係なんだよ!


想像してごらん。
一糸纏わぬあの娘が、シャワーのコックを捻るシーンを。
最初はシャワーの水は冷たい。うっかり冷たい水を浴びて 「ひゃあっ!?」 ってなったり、それから濡れた身体で暫く凍えながらシャワーが温かくなるのを待つ。
そしてそのしなやかな指先でシャワーから出る水が温かくなった事を確認して、そのお湯を浴びる。

シャワーの水により絶え間無く濡れるその素肌は、筆舌に尽くしがたい物があるだろう。


という妄想。


二次元的にはお風呂の友と言うべき最強の忍者 湯気 には負けるが、
シャワーノズルやホースで危ない部分を隠しながらシャワーを浴びるというサービスシーンも時おり見られるだろう。

また、シャワーからお湯が流れ出る図やシャンプーボトルを描く事で、人物の描写は無くてもシャワーを浴びて身体を洗っているという場面を表す事も出来る。
それ程までに、シャワーはお風呂と密接な関係にあると言えよう。

因みにこのような描写の後は浴槽に入るとか顔だけ描かれるとかいう展開が多い。


Q「お風呂に入ったらどこから洗いますか?」

某M「シャ……シャワーヘッド……」

某A「お風呂掃除!?」



シャーー、キュッ

(さてと、シャワーも浴びたし、明日も頑張らなくっちゃ)

ポタッ、ポタッ――

(その為にも)

――ポタッ

「まずは着替えを全て洗濯しちゃったのをどうにかしないといけないな…」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/