菅井君と家族石

登録日 :2011/06/18(土) 11:19:28
更新日 : 2015/07/19 Sun 13:30:56
所要時間 :約 3 分で読めます




秘密結社鷹の爪』でお馴染みのFROGMANのデビュー作。
勿論声は全てFROGMANがあてている。
また、吉田くんとフィリップは今作が初登場である。

余談だが、ライアーゲームにゲスト出演した。
秘密結社鷹の爪にも、第一シリーズにゲスト出演している。
熊が食べたい為に、レオナルド博士を食った家族。

更に、映画化もしている。(本編終了から二年後という設定)



○あらすじ

島根県に住む、全員無職の黒人家族の物語。


○登場キャラクター


  • 菅井君
主人公。アフロが特徴の18歳。
菅井家ないし本作唯一のまともな常識人であり、ツッコミ役。
実は拾われてきた子であり、本当は白人。
体が黒いのは絵の具を塗っているから。
吉田くんとは友人関係にある。


  • 兄ちゃん
文字通り菅井君の兄。36歳。
物まね芸人になるため仕事を辞めた。
年の割りにはかなり子供っぽい。(キャラクター紹介によると精神年齢は中2らしい)
ギャグ担当であり、ボケる度に菅井君にツッコミを入れられる。
機嫌がいいときは「まるで気分は悪魔の髪型ぁ~」と歌う。


  • 父ちゃん
菅井家の大黒柱。55歳。
いつも帽子を被っているが、これは母ちゃんから「頭をリンゴの皮のように剥かれた」ため。
普段はのんきだが、時には大黒柱らしく皆を引っ張っていこうとするが空回りしている。
毎回宇宙人に鼻をほじられる。


  • 母ちゃん
菅井君程ではないが常識人。52歳。究極の料理人。
特技は何でもさばける事(猿、カラス、貞子、レオナルド博士等)
いつになっても働かない家族を罵倒している。
お盆になると婆ちゃんに憑依される。
じいちゃん曰く「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はほうれん草」らしい

  • 爺ちゃん
菅井家一のトラブルメーカー。年のせいで若干ボケてる。84歳。
趣味は婆ちゃん(マイスイートハート)の墓を掘り返す事。
拾い癖があるので、色んな物を拾ってくる。
菅井家を全焼させた前科持ち。
「いっけねぇ~ やっちったぁ~ やっべぇ~ みんなごめんねぇ~」

  • 宇宙人
菅井家のペット。設定上は15歳。
全身ピンクで顔面蒼白。無口。
食料になるつもりが、いつの間にか菅井家の一員となった。
指先を光らせて奇跡を起こそうとするが起こさない。
吉田くん曰く「見つけたのは俺だから俺の物」らしい。鼻をほじるのが好き(主に父ちゃんの)


  • 婆ちゃん
享年81歳。たまに母ちゃんに憑依する。
兄ちゃんを溺愛している。
爺ちゃんからはスイートハートと呼ばれている。


  • 妖怪田豚子
兄ちゃんの彼女。
山陰一の大富豪「妖怪田商会」の社長令嬢だが、名前の通り人間離れした容姿の持ち主。
レストランではページ食いし、重力が強い日は動きが鈍る。
兄ちゃんは体目当てで付き合っていた。劇場版では大変な事になってしまった…



  • 吉田くん
『秘密結社鷹の爪』でお馴染みのキャラクター。
今作ではわりとまともであり、あまりボケない。
宇宙人を自分の物にしようとしている。18歳。


  • フィリップ
吉田くん同様『秘密結社鷹の爪』でお馴染みのキャラクター。
常にデス声。鷹の爪同様影が薄い。27歳


  • 団長
消防団長。しかし一度も火事を消火した事はない。
普段はアパレルメーカで働いているため、初めて火事に遭遇した際、何故かお産の準備をするように指示した。


  • 島根県知事
同じ作者の「蛙男劇場」にも登場。野心家で、腹黒くて計算高いところが何処ぞの老害都知事を思わせる。


  • 手抜田兄弟(手抜田記者、手抜田秘書)
あまりにも頭部と顔が物凄い雑な兄弟。FROGMAN作品の殆どに登場する。




兄ちゃん「追記・修正してくれよ~」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/