三角関係

登録日 :2009/08/11(火) 20:36:34
更新日 : 2017/07/09 Sun 21:06:09
所要時間 :約 4 分で読めます




三角関係とは、3人の人間が同時に恋愛関係になること。
または恋人とまではいかなくても3人の人間の間で同時に好意が発生している状態のこと。

現在の日本では恋人を1人だけ持つことが常識である為、3人関係は非常にあやふやな状態。
2人の間で揺れていたり、また2人と同時に付き合っていた場合は修羅場となる。

1人に対して3人以上の恋愛対象となる可能性のある異性が近くにいる状態は、ハーレム、逆ハーレムと呼ぶこともある。


三角関係には以下の場合がある

  • Aに対してBとCが好意を持っている状態

  • 相思相愛またはそれに準ずる状態にあるAとBのどちらかにCが好意を持っている状態

  • A→B→Cという状態

  • A→B→C→Aという状態(この場合最低一人はゲイかレズがいる)

  • B→←A→←Cという非常にレアな状態。三角関係に含めるかは議論中。二又かバイである場合がほとんど


またストーリー上の三角関係の終わらせ方にも数パターンある。

  • どちらかが恋人として選ばれるパターン

  • どちらかが死亡して結果的に邪魔者がいなくなるパターン

  • 決着をつけることなくあやふやなままで終わるパターン

  • かなり希少だが、Aに好意を持っていたBとCが最終的に別のキャラに惹かれるようになり、結果的にAが取り残されるパターン

  • AとBがくっついたと思ったら、Bが交通事故で意識不明の状態になり、そのまま数年間AとCが良い関係になって終わるかと思ったら、
    Bが意識回復して再び振出しに戻るパターン

  • D、E、F…が出現し四角、五角、六角…と角が増えて最終的に円くなる…と見せかけてならないパターン

  • 実は重婚可でなんの問題もなくなるパターン

恋愛ものの漫画、ドラマ、ゲーム、小説等でよく使われるネタである。

またギャルゲアニメ化の場合尺やストーリーの関係等でメインを3人にしぼった恋愛が展開されたりする。
特に少女漫画ではもはやデフォルトと言っていいほどよく見られる。

物語のアクセントとしては有用性があるが、あまりにも長引いたりドロドロした展開になるとかえって作品自体の評価を下げかねない為、
使いどころが難しい設定である。
夏目漱石が良く使った手法であり、彼の作品には三角関係がやたらと多い。

理由として作品を掲載していた媒体が新聞だった為。
ニュースばかりの新聞の中で、読者の興味を引く為には、ドロドロとした三角関係が一番手っ取り早かったのである。




ネタバレ含む例)






























友人の好きだった居候先の娘さんを嫁に貰う(自分も好意を持ってはいたが、娘さんはやや友人よりだった(勘違い)。後に友人は自殺する)

自分の父親と愛し合う(母親は健在※諸説有り)


【三角関係要素が含まれる作品】


この項目が面白かったなら……\ポチッと/