可変戦闘機(VF)

登録日 :2009/12/22(火) 22:42:51
更新日 : 2016/09/10 Sat 12:01:19
所要時間 :約 6 分で読めます





V ariable F ighter


概要

マクロスシリーズに登場する兵器群の一つ。
飛行形態(ファイター)、中間形態(ガウォーク)、人型ロボット形態(バトロイド)の三段変形機構を有する機動兵器。
歌をバックに戦場を駆け、大量のミサイルを回避&ぶっ放しまくる板野サーカスで視聴者を魅了するシリーズの花形である。


1999年に南アタリア島に落下したASS-1(後のSDF-1 マクロス)を国連が調査したところ、5m級の巨人型宇宙人が使用していたことが判明。
彼らとのコンタクトおよび戦闘を想定して開発された経緯がある。

軍があらゆる状況での戦闘を想定した結果、 人型ロボットに変形する航空機 という当時としては奇想天外な開発プランとなった。
従来の兵器と比較しても余りに違う設計思想から開発は難航し、第一次量産機が完成したのはマクロス進宙式の僅か4々月前。

直後に発生した第一次星間大戦にてロイ・フォッカー一条輝マクシミリアン・ジーナス柿崎速雄らスカル隊の活躍により圧倒的有用性が実証され、陸軍主導のデストロイドとの競合に勝利し、その後の新統合政府の軍事方針を決定づけた。


ほぼ全ての機体が熱核反応エンジンという空気を圧縮して推進剤とするOTMエンジンを使用しており、大気圏内ならばほぼ無限の航続距離を持つ。
一方で宇宙では推進剤とする空気が得られないので、追加装備としてスーパーパック(FASTパック)を装備する。
この他大量のミサイルを搭載したアーマードパック、レーザー機銃を追加したストライクパック等、機体によって多種多様な追加パックが存在する。


主な開発メーカー

  • 新星インダストリー
VF-1を開発したストンウェル・ベルコム社と可変戦闘機のエンジンの開発を行った新中州重工が2012年に合併し誕生した航空機メーカー。
低コストで優秀な機体を数多く輩出していることから信頼性が高い。

  • ゼネラル・ギャラクシー
ゼントラーディの天才技術者アルガス・セルザーを擁する技術者集団。
新興企業ながら、ゼントラーディ系技術を積極的に導入した斬新な機体設計が特徴。
反面コスト高になりやすく主力機の座を逃しがちで、実際にその座についたのはVF-171のみ。


機体一覧

量産機

※は統合軍主力(or次期主力)機を示す。
マヤン島事変で統合軍が使用した機体。
VF-1の試作機を急遽実戦用に改造したもので、正式な量産機とは言い難い。
反応エンジンの小型化が間に合わなかったため当時最大の出力を誇ったEGF-127型ジェットエンジンをカリッカリにチューンしたものを搭載しており、燃費が異常に悪かった。
可変機構などは従来の戦闘機に無いシステムな上に操作性が劣悪で、完全に使いこなせたのはフォッカーだけだったと言われる。

第一次星間大戦における統合軍の主力機。
非常に汎用性に優れた名機で、VF-4、VF-5000といった後継機が現れても尚生産が続けられていた。
本機に敬意を表し、可変戦闘機そのものの通称として バルキリー の名が定着した。

  • VF-4 ライトニングⅢ ※
VF-1の後継機。
大気圏外での運用に優れるが、逆に大気圏内での性能はVF-1に劣っていた他、汎用性に欠けていたためVF-5000と住み分けが行われるようになった。
バトロイドのデザインがちょっと特殊。

  • VF-5
設定のみ。
低コスト宇宙機だったらしい。

  • VF-3000 クルセイダー
通称:ストレッチバルキリー
VF-1をベースに大型化と可変機構の改良を試みた機体。
少数生産に留まったが、コンセプトはVF-5000に継承された。

  • VF-5000 スターミラージュ ※
ステルス性と大気圏内での機動性を重視して開発された機体。
一応VF-4の後継機に当たるが、宇宙での性能は低かったために住み分けが行われるようになった。

  • VF-9 カットラス
はぐれゼントラーディの鎮圧に使用された特殊作戦機。
大気圏内での機動に優れた前進翼は後のVF-19へと繋がっていく。
本機から始まるVF/YF-X9の型式の機体は全て刀剣にちなんだペットネームを持つ。

宇宙・大気圏内の両方で優れた性能を発揮し、更に汎用性にも優れた傑作機。
VF-4、VF-5000を一気に過去の遺物へと追いやり、VF-1の正統後継機として活躍した。
が、量産機故にやられ役になった不遇の機体。

  • VF-14 ヴァンパイア
VF-11との競争に敗れたが、機体強度や長距離航宙能力に定評があった。
主に元ゼントラーディの兵士が好んで使用していたらしい。
バロータ軍の主力機エルガーゾルンは本機を改造したもの。

  • VF-16
設定のみ。
本機の次世代型熱核タービンバーストエンジンがエース用のVF-11MAXLに流用された。

通称:ステルスバルキリー
主に宇宙での性能を高めた特殊作戦機。
扱いが難しく、エース用に配備された。
ステルス翼が特徴で、歴代トップクラスのステルス性能を持つ。

次世代型全領域可変戦闘機(Advanced Variable Fighter、AVF)。
スーパー・ノヴァ計画で勝利したYF-19の正式採用型。
前進翼を装備しており、群を抜く大気圏内での機動性を持つ。
一般パイロット用にピーキーさを抑えられており、YF-19より性能は少し低め。
しかし、「VF-X」のような特殊部隊用に先行量産されたA型はYF-19と同等のスペックとピーキーさを誇る。
あまりの高性能故にパイロットの身体が機体に追い付かないという本末転倒な事態の発生、高性能機故に反乱に使われた場合脅威となると判断した新統合政府の思惑から主力機認定されながらあまり普及しなかった。

VF-19と同じAVF。
計画に敗れはしたものの、その独特な設計を評価されたYF-21の正式採用型。
最新技術を惜しみなく使った野心的な機体。
パイロットの安全性の向上のため、BDIシステムは補助程度にオミットされ、ハイ・マニューバ・モードには時間制限がかけられている。
VF-19と同様の理由で少数生産に留まった。

ゴーストの本格投入に伴いパイロットに要求される腕が低くなったため、AVF以前で最高スペックを持つVF-17を改良した本機が適当として主力機に採用。
マイナーチェンジしている部分も多いが、総合的にはむしろ向上している。
2060年代後半でも現役運用されているVF-1以来のロングセラー機。

マクロス・フロンティア船団で開発された次期主力機。
YF-24をベースとした機体の一つで、「フォールドクォーツ」を使用した慣性制御システム「Inertial Store Converter (ISC)」が最大の特徴。
高機動時に機体に掛かるGをフォールド空間に飛ばして徐々に還元するというこのシステムにより、前代までの機体を遥かに凌駕する性能を誇る。
パック換装により様々な状況に対応可能で、アーマードを装備したまま変形できる初めての機体。

マクロス・ギャラクシー船団で開発された機体。
VF-25と同じくYF-24がベース。
全身にインプラントを受け対G能力を向上させたサイボーグ兵士の搭乗を前提として開発されているため、VF-25以上の性能を有する。
BDIシステムの発展型を搭載しており、完全な脳波コントロールも可能。
新統合政府に技術公開していないため正式にはYF-27として扱われている。

YF-30の正式採用型。
量産のためISCの性能が下げられ、YF-30本来の機能もオミットされている。
ケイオス・ラグナ支部のΔ小隊の機体は「ジークフリード」と呼ばれ、高性能なISCやフォールドウェーブシステムを搭載した特注仕様。

試作機

  • VF-X-1
統合軍が開発した試作可変戦闘機。
VF-0とVF-1の元になった本当の元祖VF。

  • VF-X-4
VF-4の試作機。
輝がテストパイロットを務めた。

  • YF-19
VF-19の試作機。
イサム・アルヴァ・ダイソンがテストパイロットを務めた。
イサム以前のパイロットを尽く病院とあの世に送った「じゃじゃ馬」。

  • YF-21 シュトゥルムフォーゲル
VF-22の試作機。
ガルド・ゴア・ボーマンがテストパイロットと開発主任を務めた。
BDIシステムを初めて搭載した機体。

  • YF-24 エボリューション
EX-ギアとISCを初めて搭載した試作機。
イサムがテストパイロットを務めた。
この機体を元に様々な高性能機が開発されることになる。

  • YF-25 プロフェシー
VF-25の試作機。

VF-25やVF-27と同じくYF-24から発展した試作機。
両機双方の特性を統合した機能とフォールドウェーブシステムという新技術を搭載し、無限に等しいエネルギーを汲み上げ凄まじい高機動性を獲得した。

  • YF-30 クロノス
YF-24系列の試作機の一つ。
マルチパーパスコンテナユニットが特徴で、これを交換するだけで様々な機能を追加することができる。
本来の用途は「可変超時空突入艇(Variable Super-Dimension Diver)」でフォールド断層を超えるための機体。
この機能を新統合政府に開示するのを避けるため、VFとして辺境惑星のウロボロスで設計・開発された。
フォールドウェーブシステムの強化版であるフォールドディメンショナルレゾナンスシステムを搭載している。

VF以外

可変戦闘機ならぬ可変爆撃機(Variable Bomber)。
デストロイド・モンスターを可変機にするという奇天烈なプランの元で開発された後継機。
なお、これより巨大な真のモンスターが今もどこかで眠り続けている。

  • VA-3 インベーダー
こちらは可変攻撃機(Variable attacker)。
米海軍のA-6攻撃機(現在は派生機種含めて全て退役済み)に似たノスタルジックな外見が特徴。
速度や空戦機動性では戦闘機系に劣るが武装搭載量や活動範囲の広さではこちらが優れる。
特にVF-X2で登場したM型は専用の潜水モードを有し海中移動を披露している。

  • SV-51
反統合同盟が開発した可変戦闘機。
統合軍に先んじて実戦投入されたため、 史上初の可変戦闘機 ということになる。
実戦での使用を想定されて開発されたためVF-0より機体性能は上。
統合戦争後も何機か現存している。

  • SV-52
旧反統合同盟勢力下にあった地域で開発された、歴史の闇に消えた傑作機。

  • Sv-154
2060年に勃発した第一次ウィンダミア独立戦争でウィンダミア王国の主力機とて使用された機体。

  • Sv-262 ドラケンⅢ
2067年においてウィンダミア王国の精鋭部隊「空中騎士団」が使用する機体。
VF-31とほぼ同等の性能を持つ他、ゴーストのリル・ドラケンを二機装備できる。


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/