マクロスエースフロンティア

登録日 :2009/09/26 (土) 01:17:29
更新日 : 2017/05/09 Tue 13:47:11
所要時間 :約 7 分で読めます




MACROSS ACE FRONTIER


ガンダムバトルシリーズで有名なアートディンク制作のPSP用ゲーム。
ゲームエンジンはガンバトと同じ。

エンジンがガンバトと同じということで発売前は出来が不安視されていたが、なかなかマクロスらしいゲームに仕上がった。

総勢50機を超えるバルキリーやマクロス、デストロイド達が登場するお祭りゲー。
アート恒例のネタ機体も健在である。
男なら黙ってブリタイ司令と共にパイプ王を目指すべし!

ガンバトはスタッフのガンダムに対する溢れんばかりの愛が注ぎ込まれ、モデリングなどは完璧に仕上げられていたが、本作はそれらを初めとする細かい点で粗が目立つ。あまり気にしていては楽しめるものも楽しめなくなるので、諦めて目を瞑ろう。

板野サーカスを再現した美しいミサイルの軌跡も魅力だが、マクロスシリーズの伝統である三角関係や歌もちゃんとシステムに組み込まれている。好感度をMAXにすれば、オペレーターや相棒がデレまくってくれるぞ!

難易度は、はっきり言って高い。「どうせガンバトと同じくらいだろ?」と舐めてかかると痛い目をみることになる。単なるクリアだけならまだしも、オールSSや称号コンプを狙うとなると相当な根気と時間が必要。


◆参戦作品
〇超時空要塞マクロス
〇超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
〇マクロスプラス
〇マクロス7
〇マクロスF
〇マクロスゼロ(ゲスト)

開発時期の関係でFは途中までの収録。
だがクォーターを差し置いてバトルフロンティアが参戦していたり、クイーンバジュラのパイロットが思いっきり最終話のネタバレだったりと色々おかしい。


◆主な収録楽曲
〇私の彼はパイロット
〇愛・おぼえていますか
〇INFORMATION HIGH
〇突撃ラブハート
〇HOLY LONELY LIGHT
〇TRY AGAIN
〇MY FRIENDS
〇射手座☆午後九時Don't be late
〇ライオン

特定のシーンでは歌い手のカットインが入る。

CMでキラッ☆してた超時空シンデレラの歌声はライオンでしか聞けません。
一応アイモも収録されているが、インストゥメンタル仕様。


◆用語
〇SPA
ゲージを消費して発動するアート恒例の必殺技。ガンバトに比べて種類は少ない。

〇スキル
同じくゲージを消費して発動。設定したスキル毎に様々なサポート効果が得られる。基本的にパイロット毎に決められているが、制限解除すれば誰でも好きなものを使用可。

  • 最後の晩餐
使用キャラ:柿崎速雄
最強スキルの1つ。自機を中心に全方位バリアを展開し、範囲内の敵に大ダメージを与える。何故か歌攻撃扱い。
どのキャラが使おうとも、必ず柿崎の断末魔を聞くことになる素敵スキル。

  • マックス・ワールド
使用キャラ:マクシミリアン・ジーナス
最強スキルの1つ。DIO様が誇るスタンド世界(ザ・ワールド)よろしく自機以外の時を止める。効果と名前が余りに似ているため、スタッフが意図的にやったのは確実。

〇格闘ボーナス
格闘で敵を撃破すると加算されるボーナス。Sランク以上を取るためにはこれを積極的に狙っていかねばならず、板野サーカスができないためマクロスの本分から外れていると批判の対象となった。
「格闘だけやってればSは取れる」とか言う人もいるが、格闘よりコンボボーナス(連続攻撃HIT数)の方が重要なことも多い。また、初心者が序盤から格闘オンリーでいくのは自殺行為なので止めておこう。

〇75%称号
数ある称号の中でも取りにくい部類の1つ。ファイター、ガウォーク、バトロイドの各形態の使用率、射撃、格闘、歌攻撃の使用率が75%になると1つずつ得ることができる。とにかく根気が必要。
「これらの称号を1つも持っていないのはバランスよく操作できている証拠ではないか?」と開き直って取ろうとしない人もいたりする。

〇EXミッション
一部の通常ミッションをクリアすると追加される特殊ミッション。使用キャラと機体、及びそのステータスの固定という特徴があり、いくらチューンしても反映されない。つまり、プレイヤーの腕だけでクリアしなければならない。
また、異常に強化された機体が登場するのも特徴。油断しているとあっという間に宇宙の塵となるので注意。


◆主な鬼畜ミッション
〇EXフレンドリー・ファイア(EXFF)
使用機体:VF-25G
使用キャラ:メガネ
MAFプレイヤーが満場一致で『最悪の鬼畜』と認めるミッション。どんなにミシェルが好きな人でも、再プレイを繰り返す内に彼のことをメガネとしか言えなくなること請け合い。
内容は、『数回援軍として登場するバジュラの群を撃破→その後登場するブレラのVF-27(ルシファー)を撃破』といった単純なものだが、この増援に登場するバジュラが極めて厄介。性能を大幅に強化された強バジュラと呼ばれるバジュラ(大)が複数混ざっており、それらが同時に襲ってくる。その強さは正に鬼畜で、いくら注意していようともあっという間に眼鏡が割れる。
なんとかバジュラを撃破しても、後に控えるルシファーも堕天使の名の如く強い。直ぐに僚機のアルト姫が撃破されてボーナスが得られなくなるため、なるべく瞬殺しなければならないのだが、SPAに全く当たってくれない。
敵だけでもここまで鬼畜なのに、味方の方も同じく鬼畜である。前述の通り僚機にアルト姫がいるのだが、原作シーン再現のため、アルト姫をロック可能になっている。こちらの攻撃が通ってしまうため、ロックにアルト姫が入っていないか常に注意しなければならない。おまけにアルト姫の方もメガネをロック可になっており、ことあるごとに殴りかかってくる。7序盤のバサラ以上にウザイ。
ちなみに、メガネのスキルは『挑発(敵の攻撃力、取得経験値2倍)』……いったいそれでどうしろと。

〇EXミス・マクロス(EXMM)
使用機体:クァドラン・レア(クラン機)
使用キャラ:クラン・クラン(大)
EXFFと並び称される鬼畜ミッション。だがEXFFよりある程度楽。
内容は『アルト姫、メガネ、ルカを撃破→バジュラ群を撃破』
バジュラ群の方は強バジュラが一体いるだけで楽だが、3人組がマジ鬼畜。有り得ない威力のミサイルであっという間に沈められてしまう。そんだけ強いんなら他のミッションでもちゃんと働けと…
僚機が2機いるが、いつの間にか消えているのがデフォなので、期待しないように。

一度に出てくる敵の数が増えたのに、ロックオンのシステムがガンバト準拠なのも難易度上昇に関わっているのは間違いない。
それは、メガネミッションで顕著に現れる。

またロック切替えそのものにもかなりの癖があるので、ガンバトと同じようにやってると間違いなく痛い目を見る。操作タイプをガンバトと同じ仕様に変えることで対処可能だが、アナログスティックで変形できなくなるのは痛い。


現在、一部のバグを改善したベスト版が発売中。買うならこちらをオススメします。

◆主なバグ
〇早瀬未沙を好感度最大でオペレータにするとフリーズ
〇スキル使用でそのキャラとの好感度ハート数がゼロに
〇機体の上半身が表示されなくなる
〇YF-21が2機支給されつづける
〇リプレイの再生で、ステータス、スキル、階級がリプレイ時の状態(要するにプレイ前)にされてしまう



追記・修正なんてくだらねぇぜ!
俺の歌を聴けぇーっ!!!




この項目が面白かったなら……[ポチッと]

















10月1日に待望の新作にして完全版
マクロスアルティメットフロンティア
が発売された。

追加要素として、
〇Flash back 2012、ダイナマイト7、M3、VF-X2、超時空要塞マクロスU -LOVERS AGAIN- を新たに追加、Fとゼロを完全収録
〇ミサイルアラート、アンチミサイルアクションを追加
〇サポートキャラシステムでヒロイン達も本格参戦
〇パック換装可能
〇カスタムサウンドトラック追加
〇リアルフライト操作を追加
〇FIRE BOMBERがOP担当。新曲『Burning Fire』
〇ミンメイ役として飯島真理が復活
…etc.

案の定初日で完売した。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • 射撃75%称号取った後の格闘75%称号取得は後になればなる程洒落にならない面倒臭さに… -- 名無しさん (2017-05-09 13:47:11)
名前:
コメント: