腐り姫~euthanasia~

登録日 :2009/06/13(土) 12:07:59
更新日 : 2016/04/01 Fri 04:07:38
所要時間 :約 4 分で読めます




「腐る――腐りゆく世界」


2002年2月8日に発売されたライアーソフト第6作目。
ジャンルは「インモラル・ホラーADV」
サブタイトルの「euthanasia」は安楽死のこと。

現在、パッケージ版は生産・販売終了となりかなりのプレミアがついているが、公式HPからのDL販売されているので比較的簡単にプレイできる。
この度、2013年9月号メガストアに完全版が収録。


今作では当時禁忌とされていた近親相姦をテーマにしている。しかし、ソフ倫関係であくまで「仄めかす」レベル。

かなりグロい展開があるが、基本は涙無しでは見れない。

初回版はバグの塊で、パッチを当てないとゲームが進まない上に、体験版にあったOPムービーが無いという前代未聞のミスがあった。
当時の嘘屋はバグが多い事で有名だったが、その中でもかなり酷い部類だった。


●ストーリー
父と妹が死んだ。それと同時に自分の過去を失った主人公は失われた記憶を求めて故郷の町・とうかんもりに帰った。
そこで彼は、失った妹に瓜二つの深紅の着物の少女、蔵女と出会う。
それが物語の始まり。

そして世界は巡る。
同じ夏の四日間を繰り返し、最後の日には世界は必ず赤い雪に包まれ腐り落ちる世界で、主人公は自らの失われた記憶を求めて時間と記憶の迷宮をさまよう…


●キャラクター説明
簸川五樹
主人公。父と妹が心中した直後に記憶喪失となる。

蔵女
声:YUKI
主人公の前に現れた深紅の着物を着た童女。死んだ樹里に生き写しの外見。
エロゲ界屈指のグロヒロインだが、沙耶とは正反対。
ちなみに作中において顔面ミンチというエロゲヒロインにあるまじき姿を披露した。
グロキュアの一人。

簸川樹里
声:YUKI
一樹の死んだ実妹。「鬼哭街」のルイリーと双壁を成す非改心タイプのキモウト

簸川芳野
声:かわしまりの
主人公の義母。盲目。

簸川潤
声:金田まひる
主人公の義妹。ヘッドフォンがトレードマーク。

伊勢きりこ
声:椎名奏子
主人公の同級生で自称恋人。
とうかんもりから主人公を連れ戻そうとする。

簸川夏生
声:西田こむぎ
主人公の従姉で幼なじみ。


●スタッフ
企画・原案:星空めてお
シナリオ:星空めてお、睦月たたら、高尾登山
原画・キャラクターデザイン:中村哲也
音楽:雑音工房NOIS




































【ネタバレ】

五木は樹里と心中して一度死んでいる。
その際、死を契機に覚醒して全人類の精髄を吸収し赤い雪へと還し滅亡させる。
その後

他世界で文明の終末の為に創られた、
(その惑星では既に文明の滅亡は避けられない状態だった為、自らを『安楽死』させる存在を必要とした)
精神体が数々の星を死滅させたのちに地球に飛来。
そこで全人類を贄とし神へと昇華した五斎と遭遇する。

孤独で無垢なその精神体を哀れんだ五木は魂を分け与え、「蔵女」と名をつける。
しかし混乱した蔵女は五木の記憶を取り込み過去に時間塑行をしてしまう。
蔵女は人々を腐らせ赤い雪へと還す腐り姫として五木を探し求めついに過去の五木を突き止める。
だが蔵女の干渉により五木は不完全な覚醒を迎え、記憶を失った状態でループに突入。
心を持ったことで永劫の生に耐えられなくなった蔵女は自分を消滅させる為五木の覚醒を促すように暗躍。
ループの果てに覚醒し記憶を取り戻した五木は蔵女と共に…







追記・修正よろしく。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/