九条裕美子

登録日 :2009/06/23(火) 23:48:17
更新日 : 2017/02/21 Tue 19:53:04
所要時間 :約 3 分で読めます




麗華お姉さまはたろのことお嫌いみたいですけど…たろは、大事な大事な我が家のペットじゃないですか!』


ブサイクより発売された「夢幻廻廊」のヒロイン。
九条四姉妹の三女。

「本当にお優しい祐美子お嬢様」と形容される通りに主人公・たろに対して最も優しく温かく接してくれる。
が、四姉妹の中で一番たろを人間扱いせず徹底的にペットとして見ているのも祐美子お嬢様である。

本人にとっては完全に善意からの行動だけに始末が悪い。
餌を抜かれる罰を受けているたろを可哀想に思い、こっそり内緒で餌を運んでくれたりと本当に優しい性格。
ちなみに持ってきてくれた餌は残飯(ゴキ入り)である。
更に匂い付けと称して残飯にタップリと自分の唾を垂らしてからたろに食べさせた。


この残飯食わせは長女・薫子様の、
『くつしたおいしいかおるこさまだいすきくつしたおいしいかおるこさまだいしゅきくつしたおいしいかおるこしゃまだい(以下略)』と並んで、
この作品を代表するプレイとなっている。
注)くつしたおい(ryとはちんちんに痒くなる薬を塗り自慰を限界までおあずけする、
その後三日間履きっぱなしで臭いを強くつけた靴下をたろの口に押し込んでオナニーさせる(ちなみにその後も靴下オナニーを義務付ける)。
たろに飼い主の匂いを覚えさせ、オナニーの際に薫子様を想いながらするようにするいっぷである。


誤解無いように言っておくが祐美子お嬢様はたろを虐めるつもりなど欠片もない、むしろたろの事が大好きなのだ。

ただ、たろを犬としか見てないだけ。
他の姉妹よりは遥かに優しくしてくれる祐美子お嬢様にたろもプレーヤーもメロメロになること間違いなし!

余談だがたろを散歩(全裸&首輪&よつんばい)に連れていった祐美子お嬢様はわざわざタッパーに入れてまで残飯を食べさせてくれる。
本当に、本当にお優しい祐美子お嬢様!

勿論唾液もタップリとかけてくれる。

更に1.5ではたろのためにお見合いをセッティングしてくれる、本当にお優しい祐美子お嬢様!

勿論相手は犬です。


以下ネタバレ



この作品の登場人物は皆それぞれに役割を振り当てられており、彼女も例外ではない。
三女の役としてかとる(たろ)を人間と認識出来ないように薬物投与と脳手術を施されている。

つまり、ペット扱いをすると言うよりは彼女から見たらたろはリアルに動物にしか見えないのだ。
勿論たろの言葉も彼女には鳴き声にしか聴こえない。たろとの会話が微妙に噛み合っていないのはその為である。
そうなった結果がこれ。

『たろは汚らわしくありません!家に上がるときはちゃんと足を拭いていますし、それに触った後はちゃんと手を洗えばいいだけじゃないですか!』

なんてお気の毒な祐美子お嬢様!



ちなみに2では少々髪型が変わっているが、名前も声優も立場も変わっていない…三女のままである。
無印と変わらずたろやしろを心から愛しており、お嫁に行くときも連れて行ってくれるほど可愛がってくれる本当にお優しいお嬢様。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/