デイビッド・ライス(ネウロ)

登録日 :2011/01/25(火) 00:16:10
更新日 : 2017/08/12 Sat 12:19:18
所要時間 :約 4 分で読めます




魔人探偵脳噛ネウロの登場人物。

CV:パトリック・ハーラン


弥子が母から貰った腐蒲温泉峡腐屋旅館の招待券で謎を感じたネウロと共に旅行に行った時に出会った男。

海の向こうからやって来た留学生で大学のゼミ仲間の伊原、池田、露木の3人と一緒に、
度重なる嫌がらせを受けていた露木が静かな環境で落ち着くように腐蒲温泉へ旅行に来た。

他の3人と共に弥子の食欲に引いていたが、旅館で話している内に仲良くなった。

日本の事を色々な分野で素晴らしいと思い、友人達も彼に日本を見せるためにしょっちゅう旅行をしている。

師匠の漫画にも似たようなキャラが出ていたがそこまで変態じゃない。


以下ネタバレ注意





弥子達が寝てる時に露木が部屋でもだえており、その音で起きた弥子達が様子を見に行くと彼が大声をあげて露木を助けようとドアを叩いていた。

伊原が合鍵を持ってきてドアを開けた時は毒ガスが部屋に充満しており、既に息絶えていた。

彼等は露木が嫌がらせを受けていた事に耐えられずガス自殺を図ったと考える。

そこに春川が会話に加わり露木が自殺したのは自然淘汰、脳が弱くて生存競争に負けたと発言、露木を侮辱した春川にデイビッドは激昂する。

弥子が悲しんでいるデイビッドを慰めるがその直後にネウロが現れデイビッドが犯人だと弥子の指がささる。

デイビッドは前から何度も偽名を使い、密室性の高い個室を探しており、筆跡でバレた。

内側から鍵がかけられていたのは凶器で心身虚弱に陥っていた露木を脅し、露木が部屋に逃げた時にデイビッドが入らないように鍵をかけたため。

毒ガス液はドアを開けた瞬間に入れた。

犯人を示す道具が一切無い状態だと思っていたデイビッドは容疑を否定していたが、
伊原が露木のルームサービスの料金の計算のために使っていたが置き忘れた電卓には911333と表示されており、携帯で入力すると出た文字から犯人だと断定した。

以下更なるネタバレ注意





フーーーンフ フーーーーン フーーーーン フーーーーン フーーーーン… フーーーンフ フーーーーン フーーーーン フーーーーン フーーーーン♪ (国歌)

…すいまセーン…ボクウソついてまーした…

日本食とかヘドが出るほど嫌いデース…

ボクの国ではみんな…ハンバーガーとバーベキューしか食べませーん…

浴衣…こんなスカスカした布キレいりまセーン…

ボクの国では夜寝る時は…裸にGパンだって決まってマース…

この紙と木だらけの建築も気が滅入りマース…

自然と共存?クソくらえでーす…

ボクの国ではホームランが打ちたかったら薬物とコルクバット使いマース

でも日本のコトワザでひとつだけ好きなのありマース…

「鳴かぬなら殺しちまえホトトギス」

あの女はもちろんおまえらもボクの前ではホトトギスでーす…


実際の本性は日本が大嫌いで日本そのものを露骨に見下している傲慢な性格。
豹変後は嘘をついたために天狗のように鼻が伸びた。
しかし異文化交流自体は大好きだが、その理由は 都市から田舎に行った時の「自分の住んでいる所の方が優れている」と感じる時と優越感を味わえ、自分が日本人よりも「格上」だと思えるため。

嫌がらせと殺害の動機は 露木に自分に追従する喜びを教えるために告白したがフラれたことによる腹いせ。
本人は 「格下にプライドをパクられそうになった事による正当防衛」 だと言っている。

その動機に幼稚、下等な思考回路の脳みそ、格下、クラスに相手にされない中学生と格下に散々に言われてコルト・パイソンで発砲したが、ネウロの指一本に弾き返され鼻が折れる。

ネウロ「貴様は格下どころか、ランク外もいいところだ」

痛みに悶えてる中でネウロに「生まない女王様(正しくは まない女王 )」を口に入れられ、 納豆を食い続けないと呼吸が止まる特異体質 になり連行された。

その後刑務所でDJデイビッドのオールナイトプリズンを始め、納豆を食いながら相談に乗るようになる。


ちなみにアニメでは豹変の際、鼻が伸びるのに加えて作画がアメコミ風に変化する。具体的に言うと筋肉が増量して陰影がやたら濃くなる。
また生まない女王様のデザインが規制に引っかかったらしく、お仕置きが 顔面に納豆を擦り付けられる 程度で済んでいる。
そのため逮捕までに魔界777ツ能力を使わない数少ない事件となった。


オーガーッド!!ひどすぎまーす!!編集でこんなに叩かれたの初めてデース!!

ガハハハハアニヲタWikiアンサイクロペディアほどネタに走ってねーぞ
まだまだWiki篭りの理解がたりねーな

この項目が面白かったなら……\ポチッと/