早撃ちマック

登録日 :2011/07/03 (日) 01:42:30
更新日 : 2017/07/11 Tue 15:47:49
所要時間 :約 2 分で読めます





時はまさに世紀末。

荒廃した犯罪都市大阪の一角に、ガンを手に歩く男がいた。

人は彼を早撃ちマックと呼んだ。



2007年大阪市鶴見区で午後1時50分頃、
19~ 71 歳の女性が若い男に精液をぶっかけられる事件が続発した。
捜査に当たった大阪府警鶴見署はホシ(犯人)を捜査員の間で、
米国の西部劇よろしく「 早撃ちマック 」と呼んでいた事からこのあだ名がついた。

必殺技は女性の髪の毛を後ろから引っ張り、
自身のイチモツを出して女性の服や髪の毛に射精するというもの。

同区の約500メートル以内で半年間に10発発射した(5件は不発)。

いずれもレイプ目的ではなく、ほとんどが自身の股間の“ガン”を取り出してしごいていた。


あだ名の由来。
捜査関係者によると「とにかく早い。すぐに出る。被害女性が振り向いたら、出ていたというケースもあった」との事。


その後、逮捕。


動機
「携帯電話のアダルトサイトを見ているうちにムラムラした」
サイトには女性に精液をかける場面があり「やってみたかった」らしい。

変態紳士。
これだけ広いストライクゾーンを持ちながら、18歳以下には手を出さない姿はまさに変態紳士の鑑である。


余談
元競走馬のメジロマックイーンは、種牡馬になっていざ種付けというときに、
手間をかけさせず素早く種付けを終えることから、早撃ちマックとあだ名されていた。

かつて日本でも放送されていたアメリカ産のアニメに「早射ちマック(原題:The Quick Draw McGraw Show)」というものがあり、
もしかしたらこのあだ名の元ネタなのかもしれない。
制作したハンナ・バーベラ・プロダクションが知ったら怒りそうだが。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/