宇宙獣神 ゴード

登録日 :2012/09/28(金) 07:49:24
更新日 : 2017/09/30 Sat 16:48:02
所要時間 :約 4 分で読めます




宇宙獣神 ゴードとは
ウルトラセブン』『宇宙人15+怪獣35』に登場した怪獣の事である。
蘇った宇宙人連合により蘇生された怪獣軍団により東京は壊滅状態になり、ピグモンの提案した怪獣ファイト作戦で同士討ちさせ、アギラウインダムも投入、自身もセブンに変身して怪獣軍団と戦うダン。最終的に生き残ったレッドキング、ペギラ、ジェロニモンネロンガエレキングの五大怪獣の猛攻の前に力尽きるセブンの前に宇宙から現れた謎の大怪獣。
ライオンの様な顔と光り輝く金色の翼とボディが特徴。
五大怪獣を一瞬で倒し、セブンに見送られながら宇宙に帰っていった。


追記・修正お願いします。






















……さて、本題に入ろう。
この項目を見た多くの人は
「何寝言言ってだ。ウルトラセブンにそんなエピソードと怪獣は存在しねぇよ」
と思っただろう。

それもそのはず、この怪獣は『ウルトラセブン』没脚本に登場した怪獣だからである。

まず先に『宇宙人15+怪獣35』とは何なのか書こう。
『宇宙人15+怪獣35』とはウルトラセブン第43話、監督を故・実相寺昭雄氏、脚本を上原正三、川崎高(脚本執筆時の実相寺昭雄の別名義)両氏でやる予定だった没脚本である(本当の第43話は「第四惑星の悪夢」)。



話の内容を簡単に説明すると、

月夜の中、地球に来襲したバルタン星人を追跡したセブンは、地球に接近する怪獣群と出くわして対戦。
怪獣たちを倒すが自らも倒れてしまう。

その隙を突き、次々と地球に現れる怪獣軍団。
これは地球侵略に失敗した15人の宇宙人たちと今までに敗れ去った35匹の怪獣を蘇生させて結成した「宇宙連合軍」であった。
この情報をピグモンから得た地球防衛軍は、宇宙連合軍の地球侵略を阻止すべく行動を開始するが、怪獣軍団の前に壊滅寸前。
モロボシ・ダンは傷ついた体に鞭をうち、セブンに変身。
カプセル怪獣も総動員しセブンは決死の覚悟で怪獣軍団に立ち向かっていくのだった。


といった内容である。


登場する宇宙人・怪獣は判明している中でも、
バルタン星人メフィラス星人ペガッサ星人ゴドラ星人スペル星人イカルス星人ボーグ星人
ケロニア、ギガス、ギャンゴ、キーラ、ウーレッドキングテレスドンジェロニモン、ペギラ、スカイドン、ザンボラー、サイゴ、ゴルゴス、トドラ、ネロンガギラドラスガンダーエレキングゲスラ、ペスター、ウインダムアギラピグモン、ゴード、
といった壮そうたるメンバーで、
昭和版『ウルトラ銀河伝説』と言っても差し支えない内容である。
この脚本について後年、実相寺昭雄氏と共に脚本を書いた上原正三氏が語っているのだが……

『ウルトラセブン』の終盤、円谷プロの経営の悪化で赤字が累積、低予算での製作を余儀なくされるのだが、
この両氏は ちまちまとした製作現場に不満を覚え、これまで作ってきた怪獣を総動員するというド派手な花火で暗い空気をぶち壊そうとし、ダメ元でこの脚本を執筆した という。


当たり前だが通る筈もなく、低予算でも出来る「第四惑星の悪夢」が採用された。


こうして没になった『宇宙人15+怪獣35』とゴードはそのまま歴史の闇に葬られ、後年は関連書籍でたまに紹介されるに留まり、濃いセブンオタクしか知られない存在になる筈であった。
仮に実現していた場合、現在欠番の「遊星より愛をこめて」に登場しているスペル星人が登場しているため、この話も揃って欠番になっていた可能性がある……といっても前述通り、ほぼ没前提の脚本ではあったが。




しかしその40年後、突如その存在が浮かび上がる。
2007年12月30日発行の「フィギュア王No.118」実相時昭雄監督の一周忌特別企画「誰も知らないウルトラセブン」にて、
ゴードの立体化とウルトラセブン放送当時コミカライズを担当していた一峰大二先生による書き下ろし新作『宇宙人15+怪獣35』が載せられたのである。

この際、ゴードの設定が少々変更され体色が金から銀になった。
漫画『宇宙人15+怪獣35』内ではセブン上司(一峰大二先生のセブン上司はアイスラッガーにノコギリ状の刃が付いてる)と共に登場。
力尽きたセブンを蘇生し共に宇宙に帰っていった。
脚本段階ではいなかったパンドンやダンとアンヌの別れなどが書かれており、
史上最大の侵略」とミックスしたウルトラセブンのif最終回としての側面もある。
余談だが、上原正三氏は没になった脚本のアイデアは『巨獣特捜ジャスピオン』最終回「手をつなぐ全銀河の人類たち」
に使ったとの事。

この漫画は2017年にマイナビ出版より刊行された書籍『ウルトラセブン 宇宙人たちの地球侵略計画 彼らはどうして失敗したのか』にも再録されている。




フィギュア王NO.118を手元に置きながら追記・修正お願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/