レオナ(ポポロクロイス物語)

登録日 :2011/09/12(月) 01:37:50
更新日 : 2017/08/06 Sun 23:30:32
所要時間 :約 3 分で読めます






レオナはポポロクロイス物語に登場するキャラクター。


CV/根谷美智子


Ⅱから登場した新規キャラで、短髪のワイルドな女性。
初登場時は黒豹(ライオン)に変えられた姿で登場した。

性格は基本的に男勝りなクーデレ
ワイルドな見た目で初見の人は敬遠しがちだが、作中ではナルシアに次ぐ乙女キャラ。
彼女のおかげで新たな属性に目覚めた人も多いはず。

特に白騎士とのイベントでのデレとニヤニヤの破壊力は高く、クスカ村での お風呂イベント と、直後の生い立ち解明イベントとのコンボでファンを一気に増やした。

ちなみに年はポポロⅡの時点で21歳(PTメンバーに入る女性としては最年長)。
後に結婚した白騎士は 37歳 と、一回り以上の年の差カップル。


もげろ白騎士。


酒好きだが、酔いが回ると喧嘩早くなるなど、酒グセは大変に悪い。

「シ・ロ・ちゃん♪」

……良いぞ。もっと飲め飲め。

幼い頃から父親に狩人として弓術を教わっていた為か腕は達人レベル。めちゃくちゃ凄い。

どのくらい凄いかというと、 へべれけの状態で人の頭の上に置かれたリンゴにありったけの矢を全てぶち込み爆散させた 程。

その技能が戦闘に反映されたら間違い無くチート認定が出されるだろう。

なお、レオナ本人はオネショの件などで父親に頭が上がらない。また、母親はレオナを生んですぐに亡くなっている。
余談だが前日譚である小説ポポロ・クロニクルでレオナの母親ではないかと思われる人物が登場していた。

また、レオナを語る上で欠かせないのはやはり動物との会話だろう。

よくある電波キャラのようないい加減なものではなく、ガチで動物との対話・意志疎通が可能。
そのため、パーティ内にレオナがいれば町の動物たちの会話がわかるようになる。
なのに狩人なの?とか言ってはいけない。

彼女のこのスキルがおおいに発揮されるのは終盤。竜の玉を集める為に解禁されるウッキィ帝国だろう。

ここではウッキィと呼ばれる猿のモンスターとのイベントが頻繁に起こるのだが、通常だと


「ウキャキャ。ウッキーーー!」


と、まるで意味が分からない。

相手は猿だからしょうがないのだが、全編ぶっ通しでこんな調子なのでプレイヤーは訳が分からないままなんとなく倒すはめになる。

しかし、レオナさんを連れていた場合は


「やっちまえーいっ!……だそーだ」


こんな感じで親切にも律儀にボイス付き(PS版のみ)で翻訳してくれる。
しかもとても力の篭った演技なので、プレイヤーの笑いを誘い、大ボスであるウッキィカイザーに至っては腹筋崩壊必至。

ウッキィ帝国に行く際は是非、彼女を連れていく事をオススメする。

戦闘面は補助技が乏しいが、回復と火力を備えた初心者向き。
ジルバと同じく加入後は長い間パーティを共にするので、終盤ではきちんと育ってくれており、即戦力になってくれる。

ピエトロ・ジルバ・レオナ+αでレムリア大陸に乗り込んだ人も多いだろう。

追記・修正は弓でリンゴを撃ち抜いてからお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/